路傍家のインコ


みどり
2010.01.02お迎え
ゆず
2011.03.31お迎え
あかね(あんじ)
2011.09.27お迎え


るみ
(旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました


ツイッターやってます Twitterブログパーツ
のぞいてみてね


ご用の際は

■拍手ボタン (メッセ機能あり) ■twitter ■メールフォーム
からどうぞ


【基本リンクフリー】
ブログ及び記事
ただし動物ブログのみ。
設置も解除もご自由に。
写真のみの使用はお断り
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

動画 穂いろいろ おもちゃ お薬 若鳥の頃 水浴び 果物 もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 換羽 採食活動 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー シード 未消化便 噛み子 産卵 ろう膜 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 ハーブ 破壊活動 まつ毛 中毒 

A day of Budgies
01 | 2017/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Archives
検索フォーム
素敵インコブログ
メールフォーム
ランキング参加中
にほんブログ村 鳥ブログへ
RSSリンクの表示
おぼえがき
ブログ開始から
まさかのスピンオフblog?
どりづくし

一体だれが?いつの間に?

監視は好きだが腹が立つ

じー

ゆ「… !」

ジッー


角度を変えてジッ

ゆ「むこうみればいい」

ゆ「なんでこっちみるの?」

る「シュ ッ ミ」

監視はしてもされるのは嫌だなと
初めて知った路傍ゆず(ほぼ6歳)の冬であった。

あとるみさんは速やかにケージ戻るように



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



本日もご覧頂きありがとうございました
スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

【回想】 ペットコーナー1

2010年1月

セキセイインコを買いに比較的大きなペットコーナーがあるホームセンターへ行った。

そこは特別に汚いとか臭いとかなくて
普通のペットコーナーだった。

水槽が2つあって「ノーマル」「スパングル」と書かれた紙がそれぞれ貼ってあった。
その中にワラワラとセキセイインコ中雛がいた。
小さいな、可愛いな以外なにもなかった。
不衛生とは思わなかった。
ちなみに所謂ノーマル種はいなかったと思う。

販売してくれた若い女性はパートタイムかアルバイトだったのか?
ホームセンターの社員ではないようだった。

明るくハキハキとこちらの質問に答えながらテキパキと必要な物を揃えてくれた。
インコが途中女性の手をすり抜けて高く飛んでしまい扱えるか
不安と言ったら手際よく羽を切ってくれた。

「雛なので暖かくしてくださいね」
最後にそう言われた。


時は過ぎて2011年3月

同じ場所に姪を連れインコを見に行った。
こんなだったっけ?と困惑した。
小動物コーナー全体、汚いと言うのではないが清掃が行き届いてない。
何もかも雑な感じがした。
ぱっと見だけでちょっとこれはと思った。

水槽のノーマル・スパングルと書かれた紙は変色して剥がれかけていた。

中ののインコたちは…不衛生と言うなら上回る所は他にもたくさんある。
それでも当時の自分には不衛生に見えた。

体の小さなインコと更に小さなインコが一緒にいた。
他の元気なインコのかたまりに入れない。
最悪な思想だけど飼うならこの更に小さなインコがいいかなとチラっと思ってしまった。
(動物は小さければ(幼い)小さいほどいい、諸悪の根源とも言えるこの思想)

でもこの環境では先住インコに病気が移る。
姪をなだめて帰った。

それなのにその翌々日また来てしまった。

小さなインコより更に小さなインコの姿はなく
小さなインコだけが一羽でいた。

小さなインコはいつ置かれたのかわからない
ゴミだらけのふかした粟玉を食べようとして他のインコに頭を蹴られた。
お湯なんかとうに冷めている。
餌入れに頭から突っ込み
小さなインコの頭は濡れた。
食べるのを諦めそのままぽつんと保温器の上に乗った。

今回もアルバイトだろうか。
同じく若い女性ではあったが愛想はない。
動物の世話をしている時に姪が何か質問した。
タイミングが悪かったのかとてもわかり易くスルーしてくれた。
いや、ちゃんと書いておく。
その店員は明らかに無視をした。

決められた業務をこなせばそれでいい。
時間が来たら粟玉にお湯を入れて水槽に置く。
また時間が来たら入れ替える。
それだけね。

出てしまえば良かったのだが姪はすっかりインコを飼うつもりでいる。
しかもその小さなインコを飼うと言い張る。
前年と同じくお年玉から出すのだとお財布を握っていた。

私は店員の対応はともかく
先住インコに病気が移ったら嫌だなあと思っていた。


2010年のインコはみどりで2011年3月はゆずのこと。
1度しか会えなかったゆずより更に小さなインコは今思えばレインボーだったような気がする。





にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



本日もご覧頂きありがとうございました

テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

るみさんが来て半年たちました

19日でるみさんが我が家に来て半年たちました。

もともと群れでいたので三姉妹にも難なく溶け込み
三姉妹も新入りだから興味津々ということもなければ徹底拒否することもなく
そこにいるならいればいいという何ともさらっとした扱い。

今、飼い主として思うことは

セキセイ女子は太い!(褒め言葉)

みどりに近づいて


距離を取られた 笑

そのうがパンパン。

インコたちは普段いる部屋と遊び場を自分で行き来しますが
るみさんはいつも置いてきぼりになるので迎えに行ってました。

が!最近は自分で飛んでくることもあるのです。

息が切れてましたが頑張って飛んできました(涙)

みんなと同じ場所で同じように遊びたい。

他の子と同じようにリモコンにも乗ってみる。

うれしそう

カップの中に食べ物はないことを学ぶ

ショック

三姉妹効果でヒトのそばにも来るようになったのです(号泣)

インコ棚最上階にも行ける


誰が教えた?!

このスプーンの掴み方は

やっぱりね!


2羽で入るんじゃないよ!

意気投合する謎の組み合わせ

初めの頃は飛ぶのが下手っぴであちこち激突しそうになったり
(実際したこともあり)
羽ばたくと浮力あるけど飛行のコントロールができず(?)
着地が墜落になるため衝撃を和らげようと墜落予測地点に
クッションを滑らせたりしていました。

今も不恰好な飛び方ながら三姉妹に追いつこうと
一生懸命飛んでいるので見守っています。

未だ着陸がうまくなく不時着も多々。

ロープ部分に不時着してしまった!そのすぐ上が止まり木なのに。

最近の出来事ですが
洗面所に行くとみどりが追いかけてきて肩に乗りました。
それはいつものこと、だけど他に妙な羽音がする…
まさか?!と振り向くとるみさんが飛んできていました。

ゆずもあんじも洗面所までそうそう来ないのになぜ?!

どこに着地するかは誰にもわからない。
すぐに洗濯機の蓋を閉めて
どこの隙間にも落ちないようタオルを持って構えましたが
みどりの誘導によりタオル置き場に無事不時着。
ほっとしました…。

油断しているつもりはないですが
気をつけなければいけないことが増えてきてます。

不時着の勢いでひっくり返りバランスを取る

がんばれがんばれ

色々あったるみさんですが楽しいことが大好きな
普通のセキセイインコだなと日々実感しています。

そして

成鳥からお迎えしても心は開いてくれるみたい。
その子なりのやり方で表しているのだろう。

ということも最近実感しています。



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



本日もご覧頂きありがとうございました




にほんブログ村テーマ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活

テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

孤軍奮闘

☆ゆずをお迎えした日☆
☆ゆずをお迎えしたあと☆
☆初めて鳥の病院へ行った☆
続きです。

なるべく当時の感覚のまま書いています。
よほど誤解を招くことでない限り注釈等入れませんので
鳥飼いさんが「え?」と思う箇所があってもそういうことですのでご了承ください。

2011年4月生まれて初めて小鳥に薬を飲ませる。


逃げる逃げる


鳥を掴み薬を飲ませるそれは荒業。
今のインコ棚最上階の更に上、ほとんど天井のところにゆずは毎朝毎晩逃げ込んだ。
ここなら人間の手が届かないことを知っていた。

朝、ケージを開ける。
逃げるゆずを捕まえて掴む。
薬をなんとか嘴に垂らす。
そしてゆずは棚に飛んで逃げる。

ゆずの顔はガビガビだったのではないか。
それでもかろうじて薬を飲ませていた。

ある朝はケージの底に一晩中いたらしく
お尻にいくつのもフンがついていた。
べったりとついていてた。
濡らしたティッシュで拭いた。

みどりとの一年間でこんなことしたことない。
でも放っておくわけにもいかないし。
小鳥のお尻を拭いている自分とは。

ここに逃げ込まれたら
P1010948_convert_20170101232240.jpg
向かって右端は壁なので
棚の左端にプラケースの開口部を当て丸めて棒にした新聞紙で
ゆずを左に追い込んでケースに誘導する。
入ったら蓋を閉めてそのまま体重計測をする。
毎朝のルーティンとなった。

みどりの存在はまだ知らない。
万全の体調じゃない中でどれほど孤独だっただろう。
そういうことを想いやれる余裕が全然ない。
投薬5日目の日記に「フンが盛り上がってきた」と書いた。
それまで水っぽいフンだったらしい。

みどりは可愛い。もちろん可愛い。

はて。ゆずは?


初の診察から一週間後。
再診を済ませた。
羽用サプリが出た(どこのサプリなのかは不明)

この時はみどりも一緒に行っている。
プラケースとバッグは別々だったけど厳密にはその日が初対面だった。

言われた通りに薬を飲ませている。
温度も30度前後で保っている。
時間とともになんとかなるはず。

だかしかし。生き物しかも雛。

再診から3日後。
ゆずがオニゲリ(日記からそのまま抜粋)していた。
体重は23gまで落ちていた。

みどりとの暮らしには影すらなかったはずの生き物の壁にぶち当たった。


今は嘴からの投薬にも慣れました。
鳥は首回りは固いのでそこをしっかり指2本で押さえて(締めたらダメ)
自分から見て鳥の嘴の右側付け根を容器の先でトントンとするとちょっと開くので
そこから入れると早く終わるような気がします。
頭はなるべく下に下げない。
他にも自分なりの技はあるのですが。
抵抗して暴れる元気があるならまだ良いですね。

そんなこと考える余裕も何もなかったですが。




にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



本日もご覧頂きありがとうございました


にほんブログ村テーマ 鳥へ



テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:お薬 若鳥の頃

ちょっとちょっと

あたいはさまってない?

あねとサトゴに

いいようにされてない?

み「はさまってるの?」

る「ワカラナイ」

み「はさまってるの?」
み「なにいちわでたべてるの?」
み「はさまれたいの?がんぼーなの?」
み「うそつきになるのかわいそうだね。はさんであげようか?」

モグモグモグ…

み「またあたまにフットスタンプかましてやろうか?」

ゆ「もうしわけありませんでしたモグモグモグ」
※フットスタンプ=両足で踏んづける技?

ほんとはこわいみどりねいさん

しかし餌場は死守したゆずさんなのでした。

挟まってはいなかった

実際はどんな会話してるのかしら?








にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



本日もご覧頂きありがとうございました



にほんブログ村テーマ インコ大好き♪へ
インコ大好き♪

テーマ:小鳥大好き
ジャンル:ペット