路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
メールフォーム

twitter @yuk_i25
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
おぼえがき
ブログ開始から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るみさん10ヶ月になりました

今日(5/19)で
るみさんがきて10ヶ月になりました。


換羽全開、今日の写真

積極的に指・肩を含め人間に乗ったりしませんが

都合のいい時は乗ります

乗れるんです実は

ちょっとちょっと(汗)

2016.11写真

それでも少しずつ距離は縮まっているはず

(他のインコがいたのできました)

怒られている(笑)


三姉妹には大まかな夜のサイクルが多分あるみたいです。
例えばこのくらいまで遊んだらこの辺りでケージに入って
するとカバーがかかるので寝る、のような。

るみさんそういうの全然シカト。
帰りたければ帰る。いたければいる。
多分他のインコは特にあんじは
時々イラっとしてると思います。


ご飯があると思えば


躊躇なく飛んでいく

このあとみどりを落としました。2016.12

初めてみかんの美味しさを知る。

2016.12

施設では小型に果物与えないのでるみさんもしばらく食べませんでした。
でも一回食べたら好物に。少しだけね。

みんなが乗るのでリモコンに乗ってみる

ご満悦

ユビ、ノラナイ!

ケージに戻って欲しいんだけどな~

あんじが開けたフタの中身を見ている

るみさんもおそらく開けられそうですが

単独で、ここにはこないし
みどゆずじゃ中身を狙って(当然誰かが開けるのを待っている)ぐるぐる回るだけだし
あんじは自分で開けちゃうし。
なかなか試す機会がないです。

最近のお気に入りはここ


みどりとゆずのケージの間


どうなっているのかな?

この子も意外とモフのようで

この間は放鳥終わりとケージに戻そうとしても
ギャーギャー叫び反抗するので
じゃあそこにいな!とそのままにしておいたら本当にずっとここにいた(汗)

またそんなつまらなそうな顔して!


毎日ペレットをガツガツ食べて
仲間とマイペースに触れ合い

3ヶ月に一度みどりのお供でお医者に行く
私がやったら関係性悪化必至なので爪切りしてもらいます。
その時、触診などしてもらうので施設以前の前歴が全くわからない不安を埋めているような感じですか。

日々できることが増える様子を見ていると
嬉しいと同時に
捨てられたりせずに最初からどこかの家庭で暮らしていたら
もっとたくさんの経験をして色々なことができてたのにと思ってしまいます。
今更どうしようもないことは打ち消そうと思ったけどやめた。
思うことは思う。それはいい。事実だから。

でも今はここにいてここで楽しく暮らしている。
これが運命で、もうどうにもならない過去を乗り越えるとるみさんが体現してくれている。

それからるみさんは私に「どうしようもない心配はしない勇気」をくれるのかなと思っています。

限られた時間をより一層充実させることだけに全力を注ぐということですが
それについていつか書けたら書きたいです。

そんなこんなの10ヶ月でした。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:小鳥大好き
ジャンル:ペット

みどりのろう膜が青い

※セキセイインコメスのろう膜についての記事です※

このブログを読んでくださる方の
中にはもしかして

「みどりのろう膜青くない?」

と思われている方がいるのではないでしょうか?

そうなのです。
青い状態がずっと続いています。
もしかしたらずっとこのままなのかも知れませんが
結論として今はもう何も気にしていません。

みどりのろう膜の変化はこんな感じです。

sIMG_7710.jpg
2016年1月

fc2blog_20160216004721302.jpg
2016年1月か2月か2015年末頃(どっちだったか?)
同じ時期でも光の加減で写真では変わって見えますね

s-IMGP1342.jpg
2015年7月

s-P1310304.jpg
2015年1月2日 お迎え記念日(5歳)

fc2blog_201412301119024a9.jpg
2014年12月(もしくは秋)

みどりはろう膜全体が茶色く厚くならずに
鼻の下が茶色く盛り上がるタイプでした。


s-P1270444.jpg
2014年7月
リュープリン注射はこの年の4月から

s-DSCN0836.jpg
2013年7月

s-P1130426.jpg
2013年1月2日 お迎え記念日(3歳)

気にはしてないですが理由は気になる。
一応自分なりに色々推測してみました。
ブログやSNSで見かける♀インコちゃん
発情による生殖器の疾患がある子にろう膜の青い子が多い気がした。
(個人的に思ったことなので事実とは違います)

みどりはリュープリンも打っているしこれはホルモンの関係だ!
エストロゲンが何かしらの理由により低下→ろう膜青い=オス化

鼻息荒く主治医の先生に聞いてみた!
すると「もともとの色が出てるだけ。品種により足の色が違ったりするあんな感じ」
と全く問題視されやしない。されたいのか。

その後も聞き方シチュエーションを変えて聞いたものの
ブレない返答が返ってくるばかり。

待合室で他の飼い主さんに「鼻が青いのね~男の子ね」と言われた時も
性別は色じゃなくて質感で見るものと言われ撃沈。
(何を沈む必要があるのか謎)
苦笑いまでされた気がする。妄想か。

青くてもオスのつるっとした青さとは別物。
質感はやはりメスなのでガサガサしている。

しかししかしですよ

開腹しない限り確実ではないが
みどりは「嚢胞性卵巣疾患」でほぼ間違いないはず。
「コンパニオンバードの病気百科」の125ページに
嚢胞性卵巣疾患について書いてありますが
メスのろう膜の青色化について記述があるのですよ!

それによると
ろう膜が青くなってオス化するということは
エストロゲンが減少するということである。
しかしながらそれは嚢胞の原因の一つとして考えられている
「エストロゲン過剰症」と矛盾する症状であるとのこと。

矛盾する症状?
よくわからないということか。

またしても撃沈だ。
いやいや沈む必要なんてない。

私はホルモンが関係していると思っていますが
発情からの疾患があるメスがみんな青くなるかと言えばそんなことはない。
疾患がなくても加齢等で女性ホルモンが減少しても
一時的な現象でも全員が青くなることはないはず。

また、3歳くらいのあんじの写真でも青く見えるろう膜が写っていました。
主治医の先生がいう「元の色が出てるだけ」は確かにそうかもと納得しました。


現在みどりが落ち着いてて元気に過ごしていてなんの問題もない。
ホルモン系で何かあってもまさにそれに対しての対策・治療をしている訳だし。

何日でも暗く沈み思い悩んで悶々としてみせる
やれる自信もありますが
そんなことで可愛いみどりの姿を見過ごしてしまうのは勿体ない。

こんな可愛いのに

直近のみどり(眠い)

イン(コ)サムウェア

そこにいたらパソコンできないよー

ろう膜が青くなったけど気にしてないし
特別な心配もしていないというお話でした。

本日もご覧頂きありがとうございました。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:ろう膜 リュープリン

ゆずさん羽繕い再び?

ただいま絶賛換羽中の路傍三姉妹+るみです。

昨日ゆずさんの片側の羽の脇あたり?
とある一帯がおハゲになってるような気がしました。
直立してるのに羽と体の間、片側は羽で埋まっていてもう片側は隙間がある。

まさかまたエクストリーム羽繕いしたのではないだろうな?
そして抜けてしまったと?

※エクストリーム羽繕いとは
ゆずさんの羽軸に折り目をつけてしまうくらい激しい羽繕いのこと。
過去の例は→☆こちら☆
なぜこう言うことするのかは不明ですが
初産卵の時クロアカをかじってたし
発情というかホルモンの関係でもあるのかな?

とにかく見てみなければ
ちょっと羽、貸しな

確かに風切り羽あたりに一箇所羽が薄い部分ありますが
羽軸も出てきてるし問題ないでしょう

なぜにここだけなのか
偶然かなんなのかわからないが良しとする。

ちなみに一人で片手にスマホ、片手にゆず、羽を拡げて撮影はなかなかに困難でした。
でも次の診察でどうしても先生に診てもらいたい。
そしてこれが正常なのかちょっとアレなのか知りたい。
どうしても知りたい!

そんな私にあんじは「姉者を離せ!」と噛み付いてくるのでした。
違う、いじめてるんじゃないんだよ…
なんでこんな時ばかり姉妹愛が強くなるの

換羽なのでみんなおとなしかったり元気になったりですが
るみさんも結構な羽が抜けていて

ある日帰宅すると

抜けた羽がなぜかヘチマに刺さっていた


アートワークらしい


よく見るとゆずさんチークパッドのところもスカスカで

地肌が見えてる

換羽の度にしみじみ思いますが
ポッチにはポッチが
チークバッドにはチークパッドが
それぞれの模様の場所に同じ模様の羽が間違いなく生えてくる。

すごいことだしまさに神秘です。




にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:換羽

ぬすっちょ

みんなだいたいそうですが

特にゆずさんは食いしん坊バンザイで

何をしてるのかな


何を


一体何を?


してるの…かな?


気づかれたー!!

食欲不振だったのかるみさんがまだ全部食べきってなくて
ゆずさんもうそれを食べたくて仕方ない

るみさん早く

そんな目で睨まないで!大丈夫!手を入れたりしない!
もっと私を信用していいのよ!てかして!してください!

いやそうじゃなくて今は

食べないとゆずに取られちゃうよ!


フー

休んでる場合じゃないよ!

ケージの上をウロウロウロ

ちょっと開ければすぐ侵入

るみさんの体にゆずの影が写る


ゆずさんはもう一日分食べたじゃん…


そして

ここからが

「もうどん子じゃない」ゆずの真骨頂

ちょっと目を離した瞬間に!

侵入してる!


食べてる!(残ってたの?!)


あんじケージからも出てくる!

くちばしに殻つけすぎ!

もちろん一番最初にみどケージは物色済み!
素早い動き!

ゆずはきっとこう思っているだろう…

もっとごはんくれよオバハン、と…

一通り残りご飯をチェックして
適当に遊んだら

眠くなった…が、夜食のオーツ麦を待つゆずさん。

他のインコのケージ(のご飯)が気になって見にいくのは
みんな同じですけどね。
夜放鳥ではどこもそんな残ってないのに。

他の子のケージには美味しいものがあるかもしれない
今日もそんな期待を持つインコたち、とりわけゆずさんなのでありました。

ーお約束のおまけー



雛の頃のゆずさんは形容しがたい激臭でしたが
今はそうでもありません。
しかしその頃の思い出が強烈すぎて
つい「ゆず臭」を強調したくなってしまう飼い主でございます。

本当に今は臭くないので、モフモフでフワフワでいい気持ちですが
本当に臭くないので過度な期待はなさらないでくださいね。

本当に臭くないんです。(しつこい)




本当にもう臭わない(しつk)
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

テーマ:小鳥大好き
ジャンル:ペット

食べ放題になっていた

先週の土曜日のことです。

朝から晩まで家をあける用事がありまして
放鳥はなし(ごめんインコ)
夜のカバーを家族にお願いしました。

普段インコは7時半以降にカバー開けますが
この日は朝5時半に起こしたのでキョトンとしていました。
帰ってきた時はカバーがかかっていたのでそのまま。

次の朝いつも通りカバーを開けると…

開けた瞬間固まりました、飼い主が。

やってもうた…
午後には完食しているかも知れないが
(お世話する家族に)余裕があれば青菜をあげてとそれくらいで
詳細な話をしておかなかった。

早くカバーを閉めてくれれば
食餌は追加しなくてもいいと思っていた。

私の頭の中だけで。

全員の餌入れにはもれなくシードがこんもり入っていました。
何日分くらい入ってるだろう…一週間くらいあるかも。

1日分の規定量を完食し空になった容器は
家族には耐えれらないことだったようです。
特にゆずるみはペレットだからすっからかんになってるし。
これじゃお腹すいちゃう!とほら食べろとシードを追加してくれたらしい。

そうかそうだよなハハハ
頭を抱えたくなりましたが自分がちゃんと用意も説明しないのが悪い。
ここで何か言えばもうお世話補助してくれなくなってしまう。
それは避けたい。

お世話できる人は多いに越したことはない。

こんなに食べたら
何が起きるか逆に知りたいと体重を計ってみた。

結果全員2グラムほど体重増加していた。
こんなことが毎日続けばそりゃあ脂肪もつくわよねぇ…と
当たり前に実感した。

食べ物は本当に大事なことなので他の人にお世話をお願いする時は
ちゃんと準備して入れるだけにしておくか
詳細を話しておかないといけなかったのです。

シードが入っている容器の開け方がわからずに
こぼしてしまったとも言われました。(フレッシュロックという容器)

ですよね!
完全に私の落ち度でございます!

内臓に腫れがあるいんこちゃんなどは
一気に食べ過ぎるのはあまり良くないかも知れないですね。
気のせいかみどりも少しだるそうにしていたような。

他の人にお世話をお願いすることを
家族だからわかるだろうと軽く考えていたと大反省でした。

全員体重は元に戻りました。

ゆ「ねえねえ」

ゆ「あのさ、ほかのこのごはんすこしへらしてゆずのところにいれてくれる?」

いや〜それは無理だね

ゆ「むりか…」

ゆ「これからはおとーさんからごはんもらおうかな」

申し訳無いのですがこれからも私です(^^ゞ

こんもりシードはさすがに完食できなかったようで
殻だけじゃなくて実も残っていました。

良く考えたら
毎日餌を取り替えるか
何日かおきに交換するかは
人それぞれだし
一泊くらい家をあける時にお留守番するインコちゃんもいるし
それはそうか。

なんだか妙に焦ってしまいました。

※ある程度年齢が行った人の「食べさせなきゃ可哀想」概念はある意味要注意ではありますが
今回の内容は飼育してる側(私)の反省の意味で書きました



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。