路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おぼえがき
ブログ開始から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月の定期通院(みどり)

みどりの定期通院です。
3月も2回通院しました。

1回目
前回の通院で利尿剤が追加されました→☆前回通院の記事☆1週間後の再診。

利尿剤を飲んでからについて聞かれたこと

■体調はどうか?→変わりなし 嘔吐なども全くなし
■尿はでたか?→水分と言うことではわからないがフンに白い部分(尿)が多いような気がした。
(実際本当にそうだったのか実は自信がない…)

体重が減った&お腹触ると小さくなったような気がしたので
嚢胞が小さくなったかと期待してたけど
発情が落ちつきそれまで厚みを帯びていた臓器がすっきりしたのではないかとのこと。
嚢胞が小さくなった訳ではなかった残念だ。

生活に支障なし元気なのでこのまま様子見。
それまで朝晩と飲ませていた利尿剤は一日一回となりました。
(2016年6月現在も継続中)

あんじと一緒の帰りの車内

あ「このトリはいったいどうしたのじゃ」
s-s-IMG_8485.jpg
いつからかケージ・キャリー越しだとカキカキOKになりました。

あ「わらわムギのほうがいい」
s-IMG_8494.jpg

みどりもあーん
s-IMG_8492.jpg

s-IMG_8495.jpg
嚢胞の中身が抜けてくれるといいんだけどな…
下の方にひとつぽこっとした大きめなものがあります。
腹水になりませんように。


そして3月2回目はなんと!

高校受験も無事終わり春休み中だったミーシャン(路傍姪)も同行した。
s-IMG_9071.jpg
インコと生活リズムが変わってしまいなかなかゆっくり会えずにいました。

みどりはいつにも増してはしゃいでいました。
良かったね

s-IMG_9076.jpg
この日はリュープリン接種となりました。
ここの所ずっと1ヶ月に1回の割合となっています。

注射の時、姪が小さく「ううう」と言った。
みどりも毎回我慢して頑張ってるから見てやっておくれ。

s-IMG_9079.jpg
帰ってゆずと日向ぼっこしました。


みどりが来た時は小学生だった姪ももう高校生。
インコに色々あっても仕方ないとわかっていますが。

できれば色々ない方向で生活させたかったな。
と、思わないでもないですが

薬を飲もうが通院しようが
元気で暮らしてくれるならそれが一番。

みどりがずっと服用している薬は
・消炎剤
・肝臓の薬
・利尿剤(2016年3月より追加)

それとサプリちょこっと です。


もちろん薬より何より
普段の食生活と過剰なストレスの無い生活が
大事だということは言うまでもありません。


にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ
鳥の病気・怪我・病院









スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:リュープリン

2016年2月の定期通院(みどり)

6月に入ろうと言うのに2月の定期通院記事です。

s-IMG_8039.jpg
出発進行。Drive a GOGO!

もともと一羽インコだったからかみどりだけで車に乗るとピロピロピー!と
機嫌が良いことが多いです。

キャリー越しカキカキ
s-IMG_8041.jpg

カキカキカキ…
s-IMG_8049.jpg

怒られる
s-IMG_8055.jpg

前回1月の診察でリュープリン注射の間隔が狭まってきていると言われたが
2月も接種することに。ほぼ一カ月の間隔。

卵巣あたりにできてるであろう嚢胞、手前に大きいのがあり
その中身が抜けないと腹水になってしまうかも知れない。
そうなったら利尿剤などで対応するとのこと。

リュープリンで嚢胞の腫れが治まるか経過観察となった。
治まらなければまた来週通院する。

粟穂のお弁当を食べた。
s-IMG_8061.jpg


次の週。
結局腫れは治まらず通院となった。

ゆずさん!
s-IMG_8326.jpg
実は先週のみどりの通院から戻った午後ぷりっと産卵した。
その時の記事→☆気まぐれの1個?!☆
卵は1個だけで問題はなかったけど爪切りの為同行。

ドライブが自分だけでないことに
s-IMG_8322.jpg
あからさまにテンションが低い(ように見える)みど姉。

みんなで食べる粟穂は美味しいね
s-IMG_8328.jpg
美味しいよね??
あれれ~。ゆずがいるよーゆずの方見てあげて~

リュープリン接種後1週間経過しても腹圧に変化がなく
利尿剤が追加された。
飲水でも良いらしいが飲みすぎる怖れがあり経口の方がいいと言えばいい、とのことなので経口を選ぶ。
1日2回。
(回数は減ったが利尿剤は5月の今現在も続いている)

腹水になっていなかったが嚢胞の中にも効果があるのを期待してとのこと。
ダメ元とは言わないが効果があればいい、くらいなのかなと感じた。

それでもダメな場合は
・嚢胞を取る(開腹ということ)
・嚢胞の中の液体を抜く。注射だけど麻酔使用。

私個人としては麻酔も使いたくはないし開腹もしたくない。
要は手術をしたくはないのだけど
もし嚢胞が上の方にできていって呼吸さえも困難になった場合それでも
しないと言えるのかどうか。

答えはまだ出ない。
このまま元気なまま最期までいけることを切に切に願うのみ。

飼い主が暗いことを考えても仕方がない。希望を持つ。

帰宅。ついでにひなたぼっこ
s-IMG_8333.jpg
みどさん、ゆずさんの方を向いてあげて!

ゆずさんにも優しくしてあげて~
一途なゆずとドライなみどりなのでした。



にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ
鳥の病気・怪我・病院


テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:リュープリン お薬

2016年1月の定期通院(みどり)

別に当たり前じゃない。
好きでやってる訳じゃない。
今はこれしか方法がない。そしてこれ以上の方法、対策にならないように祈っている。

病院へ通ってても穏やかに暮らしてる。
寧ろそのお陰で穏やかに暮らせているのかも知れない。
飼い主だけの力量でどうにかできるインコもいるけど
どうにもできないインコだっている。

あの小さい体に注射を打たれるところなんか、本当は見たくないけど目を逸らしちゃダメだと思ってるんだ。
インコは注射なんか嫌に決まってる。でも私はインコとできる限り長く暮らしたい。
だから嫌だろうな、と思っていても続けている。

それでも「もはやこれまで」という時が
もしいつか来たらその時は
無理せず運命に任せるつもりでいる。


2016年最初、1月の定期通院です。

前日か前々日に雪が降って風が冷たかったので保温(?)バッグで行きました。

スキップキャリーSがまるまる入ってチャックもできる。

今はなきソニー・エリクソンのロゴ入り2010年のワールドカップのノベルティ
と、いうことは気にしないで下さい。

出発します


以前は絶対NGだったカキカキが


キャリーの中ではOKになって


今(4月)ではカゴ越しでもOKになりつつあります。
なぜだろうとは思うものの余り深く考えずにカキカキさせて頂いております。

1月はみどりの腹圧(お腹の腫れ)が思ったより減ってないことに不安がありました。
やはり診察で指摘され、前回のリュープリン注射から1ヶ月たっていないことに
この膨れは脂肪ではない。
もしかしたらリュープリンの間隔が狭まったかもしれない、利かなくなっているかも知れない。
もしそうなら次の対策を取らないとならない。

そう言われました。
次の対策か。
発情も関係する体重が増えたり減ったり時期的なものだろうと私は思っていたので
深くは聞かずにリュープリンを注射して診察は終了しました。

恒例の診察後のお弁当粟穂

で、カキカキしようとしたら

怒られた

粟穂ひと粒口に入ってるよ!

風が冷たかったので

車の中から雪景色を鑑賞しました。

みどりのこの治療に至る経緯をまだ詳しく書いていないので
気掛かりなことがあります。
みんなやってるし、なんともなさそうだと思われていないかなと。
今はこの治療が当たり前なのではないかと。

リュープリン注射副作用は少なく、少ないどころかほぼ無いと獣医の先生方は言います。
確かにうちのみどりは見た目からはなんともないです。
注射後、2・3日後の効果が最大限になる時も吐いたりとかぐったりするとかありません。
換羽が来ればそれなりにだるそうではあります。

しかし同じ注射をしている他のインコちゃんの話を聞くと副作用が無いとは思えません。
重篤じゃないにしても体調をガタッと崩してから持ち直すこともそれなりに多いように思います。

どこで目にしたか忘れましたが獣医でも無い方が
「(発情からくる疾患には)ホルモン注射(治療)が効果的です」のようなことを書かれていて
何を根拠にそう言い切るのか多いに疑問です。受けさせている本人も試行錯誤なのに


少なくとも私にとっては簡単に決めた治療法ではありません。
お腹が腫れているのでは?と2014年1月に受診して実際に注射を打ち始めたのは4月です。
今時は治療方法として提案する先生は多いとは思います。
でも当たり前のことじゃありません。しないで済むならしたくないです。
悩んで悩んで飼い主が決めたことです。

ゆずのように時期が来て発情し決まった数の産卵をするだけなら
こんな方法は選択しません。
(だからそんな2羽を同時に見るのは心が痛い時もあります正直)

病院に行かずに穏やかに暮らせるならそれが一番でしょう。
でも行ってるからこそ穏やかに暮らしていられるかも知れないのです。
経済的なことだって私には楽ではありません。
それも含めて自分で決めました。
自分で決めることだからそれが当たり前かどうか?そんなことは関係ないのです。

私のせいでこうなったのかなと思ったこともあります。
でもみどりには私にもはっきり分かる発情行動はなかったし
産卵も未だにありません。
当時の自分に「みどりが微弱だけど持続的過発情をしている」と行きつけたとも思えない。
こうなって自分が悪かったと嘆いたってそこからは何も始まらない。
じゃあどうしたらいいのか、その時点でいいと思えることを選択するだけです。

みどりとできるだけ長くいたい、健やかなみどりと。願いはただそれだけです。

だから今、もし同じように悩んでいる飼い主さんがいるなら

インコの為には何がいいのか、インコはどうしたいのか?

そして

自分はどうしたいのか?

それをじっくり考えて欲しいのです。


外を見ながらご機嫌なみどりです

普段うるさくてしつこいインコと一緒にいるせいかたまに1羽になると機嫌が良いです。

どうしようもない考えがグルグルすることもありますが
元気なみどりを見ているとそんなことも吹き飛びます。


追伸:発情疾患治療にリュープリンを選択してもそれだけじゃダメで
食事量コントロールも大事ということです。



にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ
鳥の病気・怪我・病院


テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:リュープリン 動画

2015年11月の定期通院(みどり)

本題の前に、前々回に書いた雌インコの産卵で
まさか!っていう時にポコっと1個産んで終わってしまう「気まぐれの1個」
について書いたところ、「そういうことはあった」と何人かの方から教えて頂きました。

鳥類オウム目は1日おきに1卵、セキセイは1回の産卵時期に4~7個産むと言われています。
野生種が1個だけで止めてしまったら一大事であろうこれは飼い鳥のみに起こる現象なのでしょうか?
だとしたらデトックス説もなかなか侮れない…かも。



更新をさぼりにさぼってたので今になって2015年の11月のみどりの定期通院UPです。
s-IMG_5918.jpg

8月は体重も体調も変化なく通院ナシ
9月は注射
10月は思わぬエコー検査に動揺

キャリーにつけたおもちゃでワイルドに遊ぶどりさん
s-IMG_5922.jpg

s-IMG_5923.jpg

診察では前回動揺してしまい聞けなかったことを聞いた。

脂肪がついていくというのはどういうこと?
→以前下腹部の方にできた嚢胞が大きくなってクロアカから出て来たことがあった。
嚢胞ではあるが体内では内臓を保護しようと異常なとこに異常に脂肪がついてゆく。

ヘルニア、キサントーマになる?
→可能性としてはゼロじゃないけどみどりはどうだろうか?
みどりはそこまで脂肪がついてるようでもなく嚢胞が膨らんでいるようだった。

注射。いつも健気に大人しくされる。
更にこの日は爪切りもした。

少し時間が空いたのでうちの鳥のことではない、いくつか聞きたかった病気のことをお話させて頂いた。
一時的に出るものから慢性化するものまで鳥の疾患も色々ある。

その日も多くの鳥が来院していた。
2011年の4月、ゆずを初めて連れて行った時より確実に患鳥は増えている。
鳥病院がそれまでほとんどなかったこと、意識の高い人が増えている証拠だろう。

・カレーのなべに落ちてしまったという子
(通院理由はそれじゃなくて疥癬だったがそれ以来具合も悪いらしい)
・庭に落ちてたインコを拾った(飼い主さん発言ママ)人
そんな飼い主さん、患鳥さんが来ていた。

診察の後は恒例のお弁当粟穂。
s-IMG_5932.jpg
がんばったからね。たくさんお食べ。

鳥病院は増え、意識の高い飼い主さんは増えた。
鳥の医学も実はとても進歩している。
だけど鳥の寿命は延びてない。
2015年、鳥の現場に関わる人たち複数からこのようなことを聞いた。

セキセイインコのような鳥は安く買っても
お金をかけて成鳥にして飼って行く時代なのだとも聞いた。

s-IMG_5946.jpg

どうすれば良かったのだろう。
どうしたらみどりを健康体のまま過ごさせてあげられたのだろう。
本音はいつもそこにあるのだけど。

みどりはいつも明るくて陽気だから
s-IMG_5941.jpg
いつまでも一緒にいたいから
いつまでも頑張ろう。



これは11月の通院のときよりも最近思ってたことのような気がする…
やっぱりリアルタイムで書かないとダメだ('A`)

12月はみどりに不思議な羽が生え、ゆずの羽繕いの度が過ぎて(?)
羽がウネウネしてしまったということがありました。

通院記事が続いてしまうかも知れませんがお付き合い下さい。


ここまでご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。





にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ
鳥の病気・怪我・病院





テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:リュープリン 穂いろいろ

2015年10月の通院(みどり)

みどりの病気は卵管(卵巣)嚢胞。嚢腫。
病気と言うことやその他もろもろ受け入れるのには時間が掛かった。

が、この状況にも慣れてきてしまっていた。
みどりのバイオリズムがわかってくると発情の波とともに体重が増え
嚢胞が大きくなったり小さくなったりを繰り返す。
大きくなりそうだったら(発情しそうなときは)リュープリンを接種する。

幸いなことに本鳥がいつも元気なのでずっとこのままで行けると
もしかしたら思っていたのかも知れない。

s-IMG_5155.jpg

2015年10月の定期通院。

先生が聞いた。
「いつもこんな感じ?体重は減ってもお腹は出てます?」

お腹が大きくなってるのはわかっていた、けど触ってチェックはしばらくしていなかった。
すぐには答えられなかった。

お腹が大きいのでエコー検査となった。
自分にとってはまさかの展開だったので心の中で泣けた。

体重はしばらく安定していて増えておらず
私が慢心していたということか。

羽をかきわけてみせてもらった。
お腹は確かに一ヵ所ぽっこりとしていた。そしてでかい。
「腫瘍がガン化ガン化ガン化…」と良からぬことばかり考えてしまった。

先生とみどりがもどってきた。
先生が開口一番「膨らんじゃいました」

目の前がガーンとなった。嚢腫が…膨らんだ、それは…

が。それはみどりが寒くて膨らんでしまったということだった。
アルコールでお腹を拭いてすーっとした所にエコーの為のジェルを塗ったから。

s-IMG_5159.jpg

エコー写真を見ても嚢腫は当初撮ったものより明らかに小さくなっていた。
上の方に三角っぽく黒く見えるのが嚢腫だが前回の半分、いやそれ以下だ。
状態は良好だった。

お腹が大きくなっているのは脂肪。
太っているとかではなくて嚢腫及び周辺を保護する為に異常な場所に脂肪がつく。
(この時は聞きそびれたがこれが厚くなっていくとヘルニアやキサントーマに発展すると思う)
これから少しずつ大きくなると思うと言われた。

だからといってこれがすぐ危険ということもない。

体重安定、状態良好。
この日はリュープリンは無しで診断終了した。
リュープリンの間隔もあいてきている。

s-IMG_5162.jpg

できてしまった嚢腫に完治はない(正確には)
慢性疾患とはうまく付き合って行くしかない。

有効なのはやはり発情抑制か。
卵も産んだこともなくても。病気にはなった。
この発情抑制の考え方も色々で人によってできることとできない事があるだろうし
これでいいんだ!ってこともないのだろう。

とにかくこの日は久々に焦った。
病気なのにその状況に慣れてきてしまうのも飼い主として如何なものかと思った。

塗られたジェルが気になる
s-IMG_5172.jpg

気になる
s-IMG_5173.jpg

気になる
s-IMG_5202.jpg

正式な名前がわからず「ちょうちんブルマー」の花と一緒に
s-IMG_5176.jpg

鳥用のエコー器具はないからおそらく犬猫用の大きな器具を当てられるんだけど
小さな体で意味もわからず怖いだろうね。

それでも私や先生を信頼して我慢してるのだろう、その健気さが染みる。

お腹チェックはその後も毎朝はしていない。よほど気になることがなければ何日かに1度の程度。
みどりも毎朝は嫌だろうし私の精神衛生上もその方がいいので。
そんなことを言える状態、だと思っている。


にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ
鳥の病気・怪我・病院






テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:リュープリン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。