路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
メールフォーム

twitter @yuk_i25
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おぼえがき
ブログ開始から

そして途方に暮れる

☆ゆずをお迎えした日☆
☆ゆずをお迎えしたあと☆
☆初めて鳥の病院へ行った☆
☆孤軍奮闘☆

なるべく当時の感覚のまま書いています。

続きです。


29gあった体重が23gになってしまった。
病院へ電話をしたがとにかく保温するようにとのことだった。
会社の昼休みには家に戻り様子を見た。
次の予約日まであと何日だ?

ようやく再再診。体重は23gのまま。
そして「点滴をする」ことになった。

点滴と言われ人間がするようなのを思い浮かべていたが
鳥の点滴は私から見たら注射だった。
確かに点滴には違いない。
皮下輸液と明細に書いてあった。

小さな体の太ももに針が刺さる。
ゆずは声を発することなくじっとしていた。

先生は独り言なのか「1週間あれば※※※なんだけど」と言ったような気がするが
よく覚えていない。
以前は覚えていたのに今は頭の中から消えてしまった。

はっきり覚えているのは

ーあとはゆずちゃんの生命力次第ー

と言われたこと。

それはどういう意味なのか。
心底わからなかった。

その頃からインコのことをネットで調べたりするようになった。
その流れでインコのブログを読むようになった。
面白いとかどうだとか内容を楽しむ余裕はなかった。

インコが病気になるとだいたい飼い主さんはこう書いていた。

「大丈夫。私が治してあげるから!」

自分は到底そう思えない。
これをしたら良いという手段がわからない。
みどりと一年暮らしてきたけれどセキセイインコは可愛いそれだけだ。

ブログの人たちは子どもの頃から鳥と暮らしていたという人が多かった。

でも自分は違う。

具合の悪い子に何をしたらいいかわからない。

そんな自分が

なぜ2羽目を飼ってしまったのか。
バカなのか。
もっと詳しい人がいるのに。
売り場で見て嫌な予感がしたのに。

もっと詳しい人のところに行ってたら
この子はこんな目に遭わずに済んだのに。

バカなんだな。

だけどこのままどうなっていくのだろう。

情けない飼い主の横にはみずぼらしいインコが止まり木に所在なく止まっていた。

そんな一羽と一人、取り残されている車内だった。


スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:若鳥の頃

孤軍奮闘

☆ゆずをお迎えした日☆
☆ゆずをお迎えしたあと☆
☆初めて鳥の病院へ行った☆
続きです。

なるべく当時の感覚のまま書いています。
よほど誤解を招くことでない限り注釈等入れませんので
鳥飼いさんが「え?」と思う箇所があってもそういうことですのでご了承ください。

2011年4月生まれて初めて小鳥に薬を飲ませる。


逃げる逃げる


鳥を掴み薬を飲ませるそれは荒業。
今のインコ棚最上階の更に上、ほとんど天井のところにゆずは毎朝毎晩逃げ込んだ。
ここなら人間の手が届かないことを知っていた。

朝、ケージを開ける。
逃げるゆずを捕まえて掴む。
薬をなんとか嘴に垂らす。
そしてゆずは棚に飛んで逃げる。

ゆずの顔はガビガビだったのではないか。
それでもかろうじて薬を飲ませていた。

ある朝はケージの底に一晩中いたらしく
お尻にいくつのもフンがついていた。
べったりとついていてた。
濡らしたティッシュで拭いた。

みどりとの一年間でこんなことしたことない。
でも放っておくわけにもいかないし。
小鳥のお尻を拭いている自分とは。

ここに逃げ込まれたら
P1010948_convert_20170101232240.jpg
向かって右端は壁なので
棚の左端にプラケースの開口部を当て丸めて棒にした新聞紙で
ゆずを左に追い込んでケースに誘導する。
入ったら蓋を閉めてそのまま体重計測をする。
毎朝のルーティンとなった。

みどりの存在はまだ知らない。
万全の体調じゃない中でどれほど孤独だっただろう。
そういうことを想いやれる余裕が全然ない。
投薬5日目の日記に「フンが盛り上がってきた」と書いた。
それまで水っぽいフンだったらしい。

みどりは可愛い。もちろん可愛い。

はて。ゆずは?


初の診察から一週間後。
再診を済ませた。
羽用サプリが出た(どこのサプリなのかは不明)

この時はみどりも一緒に行っている。
プラケースとバッグは別々だったけど厳密にはその日が初対面だった。

言われた通りに薬を飲ませている。
温度も30度前後で保っている。
時間とともになんとかなるはず。

だかしかし。生き物しかも雛。

再診から3日後。
ゆずがオニゲリ(日記からそのまま抜粋)していた。
体重は23gまで落ちていた。

みどりとの暮らしには影すらなかったはずの生き物の壁にぶち当たった。


今は嘴からの投薬にも慣れました。
鳥は首回りは固いのでそこをしっかり指2本で押さえて(締めたらダメ)
自分から見て鳥の嘴の右側付け根を容器の先でトントンとするとちょっと開くので
そこから入れると早く終わるような気がします。
頭はなるべく下に下げない。
他にも自分なりの技はあるのですが。
抵抗して暴れる元気があるならまだ良いですね。

そんなこと考える余裕も何もなかったですが。




にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



本日もご覧頂きありがとうございました


にほんブログ村テーマ 鳥へ



テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:お薬 若鳥の頃

初めて鳥の病院へ行った

☆ゆずをお迎えした日☆
☆ゆずをお迎えしたあと☆
続きです。

なんだかよくわからないことになった。
何がどうなっているのかさっぱりわからない。

ゆずをお迎えして5年経過(もうすぐ6年)して
振り返るといろいろあります。
間違っていたことや思い込みもありますがなるべくそのまま書きます。
2011年4月のことです。


メガバクテリアという病気があるらしい。
飼育書の他に飼育書代わりに読んでたインコ漫画に
「店頭で売られている雛なら相当の確率で保菌していると思っていい」と書いてあった。
ゆずがみすぼらしいのはこの病気のせいであんな汚いところにいたからだ。
ゆずもきっとかかっている。
でもこの病気は薬を飲むと治るそうだ。

初めての通院の日。
本に書いてあった通りプラケースにゆずを入れ
お湯を入れたペットボトルと一緒にバッグに入れた。
ゆずはもちろん抵抗した。

春休み中の飼い主である姪も同行した。

迷う道でないのに迷ったが予約前に着いた。
問診票を記入した。
生まれた日はわからない。3月31日に買ったから1月かとそう書いた。
実際生後どれくらいで店頭に出るのだろうか?

小さなお子さんを背中におぶり受付をしてくれた女性が先生だったようだ。
そのまま診察室に通され生まれて初めての鳥の診察を見た。
体重は29g
先生はお子さんをおぶったままゆずを触診して
漫画で読んでいたように細長い器具を嘴に入れた。
これがそのう検査というやつだ。
あっという間の出来事だった。
余談だがのちにそれすらうまくできない獣医師がいると聞いて
あんな簡単そうなのに?と思ったことがあった。

そして糞便検査。少し待って告げられた。

「メガバクテリアが出ました。細菌もいます」
その前に自分でも調べていたしああやっぱりとしかなかった。
薬で治るみたいだし。

羽の発育が悪いのではと聞いてみた。
普通によく見かける雛の感じだけど様子見ましょうだったか?
サプリをもらったか?
(記憶が曖昧)

メガバクテリア、その時はAGYと説明された、のことが書いてある紙をもらい
薬が処方された。4種類。

1つは水に溶かしあと3つは
直接くちばしに入れてくださいと言われた。

え?どうやって?

心の中でびっくりしたけど初めての鳥病院なので
そういうものなんだとそのままはい、といった。
どうするのかやり方を聞いたと思うが記憶がない。

保温が大事と言われ温度のことを聞いたような。
ゆずは30度くらいまで上げて良いと。
怖くてひよこ電球が使えないというと
ダンボールも保温性があるのでそれで囲っても良いとか言われたような記憶がある。

ゆずはびょうきなんだねー。だいじょうぶかなー?
と無邪気に姪が言った。

薬飲めばなんとかなるみたいよ。と答えた。

みどりと会わせてはいけないよ絶対ダメだよと言い
姪はその言いつけはとてもよく守った。

初めての鳥病院は全部で5145円。
こんなもんだよねと相場もわからず思った。
今では嘘のようだが会計も先生だった。



それより

どうやって鳥に薬を?
ゆずを掴むことだってできないのに。

ゆずの受難の日々が始まった。



鳥病院は現在も同じところに通っています。
鳥の病院が県内にあったのは幸運でした。
開院間もなかったようで先生は当時と今では違う印象です。
今はまさに「先生」で立場が人を作ると言うのを目の当たりにしています。

また私も鳥の専門獣医はなんでも知っててなんでもできて
連れて行けば絶対大丈夫と思っていました。
わざわざ鳥を診るなんていう先生になるくらいだから。
普通は犬とか猫でしょ(当時の感想)

どうやらそうでないらしいと気付いたのは3年後、みどりの疾患が発覚してからでした。
そのあと身に沁みてそう言うことでなかったとわかりました。

当時はそこまで考える余裕はありませんでした。

ちなみに
マクロラブダス症の真菌剤などについてはわかりませんが
現在は薬処方される時に「直接飲ませられますか?」とちゃんと聞かれます。






にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

本日もご覧頂きありがとうございました。


にほんブログ村テーマ インコへ
インコ

テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:お薬 若鳥の頃

ゆずをお迎えしたあと

☆ゆずをお迎えした日☆)その後です。

当時思っていたことそれは違っていた。
やっていたことはちょっとずれてた。
もっとこうするべきだった、ああした方がよかった。

とか

あれから5年経過して今、振り返るといろいろありますが
なるべくそのまま書いてゆきます。



初めて飼ったセキセイインコ・みどりはとても可愛くて
セキセインコはみんなみどりなんだと思っていて
こんなに可愛いのだからみんなみどりみたいなんだろうと
どこかで思っていたと思う。

ぼんやりとした思考回路のまま「ゆず」をお迎えした。
s-P1010929.jpg
お迎え当日。

月齢的にはどの位だったのだろう
s-P1010930.jpg
一緒にいた他のインコはもっと活発でフワフワしてたのに

なぜこの子だけはこんなしっとりしてるのだろう?

ショップにいたやる気のないアルバイト(おそらく)に言われた通りに用意した
s-P1010931.jpg
あわ玉にお湯を入れてふかしたものを一生懸命食べていた。

みどりも来たときはそうしていた。
フォーミュラーなんてものは知らなかった。
飼育書には載っていたと思うが自分とみどりに関係ないページは読まなかった。

一生懸命食べていた。
s-P1010932.jpg
こうみると乾いたシードは食べていなかったのか。

我が家に来て2日目の朝
s-P1010933.jpg
ここから動かなかったようだった。

それまで鳥病院に行ったことがなかったが
みどりに病気が移ったら大変なので
この子は健康診断を受けさせなくてはならない。

ネットで調べヒットしたところに電話をして予約した。
飼育書の今まで読み飛ばしていた「通院」のページをちゃんと読んだ。
プラケースを2つ買って、食品用の計りを買った。
今では「体重計」とつい言ってしまうがその時は「計り」だった。
体重を計ることが健康管理になるのだそうだ。
それまでみどりを計ったことはなかった。

早速みどりを計ろうとしたら乗ってくれず計れなかった。
でも多分34グラムと思っていた。(それは当たっていた)

ゆずは出てこなかった。
無理やりなことはしないのがいいのだろうとそのままにしておいた。

リビングでみどりと遊び、少し早めにケージに戻し
ゆずがいる部屋へ行く。
部屋にいるときはケージの扉をあけていたがゆずが出てくることはなかった。

そうして5日目。
姪は新しいインコがきてそれはそれは浮ついていた。
何を話すにも浮かれ笑いが止まらない。
そんな姪と話をしていたその時。

ゆずがケージからガタガタと音を立て

私たちのところへ飛んできた。
s-P1010941.jpg
これには本当に驚いた。

この子は、いやこの子も楽しいことが好きなんだ。
s-P1010942.jpg
みどりと同じように楽しいことが好きなんだ。

この子はゆずちゃんで
s-P1010943.jpg
この子もセキセイインコなんだ。

きっとみどりと同じように
s-P1010946.jpg
陽気で楽しいことが好きなんだろう。

鳥には「気持ち」がある。みどりだけじゃなくて。
そんなことを思ったのかも知れない。

みどりじゃなくても、鳥としての気持ちがヒトである自分にも伝わるのかも。

はっきり言葉で思った訳じゃないけどそういうようなことを思ったのだと思う。

だけどその後。

ゆずと私も初めてのことが次から次へと起きて

気持ちを伝える、伝わるどこじゃなくて

何がなんだかわからない、でもなんとかしなくてはならない。
ゆずもそうだったと思うし、私もいったい何がどうなっているのかわからない。

そんな日々に突入していった。



にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 鳥へ


テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

タグ:若鳥の頃

ゆずをお迎えした日

2011年3月29日
その1年ちょっと前にみどりを迎えたホームセンターのペットコーナーへ行った。

なんども書いているが2つの水槽に一人餌になったばかりであろう雛がわらわらいた。
水槽にはそれぞれ「ノーマル」「スパングル」と剥がれかけた手書きで書かれた紙が貼ってあった。

行ってみて驚いた。余りにも不衛生になっていた。帰ろうと一緒に行った姪に言ったけれど
どうしても2羽目のインコが欲しいと言い張る姪は帰らないと言う。

その時はすっかりみどりを溺愛していたのでこんなところで買ったらみどりに病気が移ってしまう。
そう考えていた。

そうは言っても雛は愛らしく見入ってしまった。中雛になりかけているのかみな大きく元気だった。

一際元気で緑色の子がいた。顔を近づけると自分から寄ってくる。愛想がいい。

その向こうにじっとして動かない2羽のインコがいた。
他の子に比べると小さい。水槽の中で一番目と二番目に小さいセキセイインコ。

当時みどりが可愛いそれだけで他に何も考えていなかった自分は愚かにも
その一番小さい雛がいいかな?と一瞬思った。
日本人の悪い癖と言うが「動物は小さければ小さい程いい」という諸悪の根源とも言っていいこの思想。
私にもそれがあった。

でもやはりこの環境でみどりの同居鳥となる鳥を迎え入れることはできないと思った。
飼育書にも書いてある、移る病気を持っている鳥はいると。
2羽目を飼うのも想定してなかったしなんとかなだめすかして姪を連れ帰った。

一日おいて3月31日。
春休みだった姪は私を見るなり例のホームセンターに連れて行けと言う。
しぶしぶ、いや自分も好奇心はあった。
そしてまた買わずに帰ってくればいいと出かけて行った。

2羽の小さな雛がいた「スパングル」の水槽をみた。
おとといと同じように元気なインコたちわらわらしていて
やはり緑色の子が寄ってきた。
しかし一番小さな雛はいなくなっていて二番目に小さかった雛だけがじっとしていた。

みんな元気で暴れている中、その雛はなんとか動いて他の子がさんざん
食べ散らかしゴミだらけになったすっかり冷めたふかした粟玉を食べようとした。
元気な緑色の子がこちらに寄ろうとしたのか、それとも食べるのが気に入らなかったのか
その二番目に小さい雛の頭を両足で蹴り、雛は食べるのを諦め保温器具の上にポツンと乗った。
そこにいればちょっかいは出されないのだろうか。

いくつかのやりとりのあと結局その雛を連れ帰ることになった。

その場で姪はその子を「ゆずちゃん」と呼んだ。
グレーじゃないの?なんでゆずなの?と聞いたら

「頭の色が黄色だよ」と言った。

グレーのインコに見えていた。私にはわからなかった。

どうやってみどりを守ればいいのかそればっかりだった。
メガバクテリア(マクロラブダス症)のことは知っていた。
いや、関係ないからと飼育書の読み飛ばしていた部分を再度読んだのだ。
とにかく隔離して医者に連れて行っていけばいいんだ飼育書通りに。

その頃は医者に行けばなんでも大丈夫と思っていた。
鳥の医者になるくらいだから獣医もなんでもできて
小鳥がかかる病気くらいはなんでもないんだろうと思っていた、と思う。
意識してたかどうかは別として。

無知ではあった。そして世間一般の認識なんて今もこれに近いと思っている。

話が逸れるが
鳥を飼っていない人に心無い言葉を掛けられ傷つく飼い主さんは多いと思う。
自分がそうだったからわかるがだいたいにおいて悪意はない。ただ知らないだけだ。
なので自分自身はもし言われてもそんなもんだろうな、と思うだけだろう。
(現在はみどりの長期通院で、これはメンタルやられるなーと実感もしている)

とにかく「ゆず」を連れ帰ってきた。
s-CIMG0363.jpg

みどりのことを可愛いと思っていた路傍母が「ゆず」を見に来た。
そして何も言わずに戻ってあとでそっと私に聞いた。

「なんであのインコなの?」
私にもわからなかった。なんでなんだろう。

私はみどりのことばかり考えていて
「はっ?わたしみどりだけで良かったのにどうしたの?」状態になってしまっていたのかも知れない。
このインコの名前を呼べずについ「あの子」など言ってしまって何度も姪に

「ゆずだよ!」 と怒られた。

PAP_0243.jpg
ゆずだよ!

そう、ゆずだったんだよ。

ペットを同一化することなく擬人化し過ぎることなく
違う生き物として尊重しなくてはならないと教えてくれたのが

ゆずだった。


にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。





にほんブログ村 トラコミュ セキセイインコへ
セキセイインコ




テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

タグ:若鳥の頃