路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おぼえがき
ブログ開始から

ぬすっちょ

みんなだいたいそうですが

特にゆずさんは食いしん坊バンザイで

何をしてるのかな


何を


一体何を?


してるの…かな?


気づかれたー!!

食欲不振だったのかるみさんがまだ全部食べきってなくて
ゆずさんもうそれを食べたくて仕方ない

るみさん早く

そんな目で睨まないで!大丈夫!手を入れたりしない!
もっと私を信用していいのよ!てかして!してください!

いやそうじゃなくて今は

食べないとゆずに取られちゃうよ!


フー

休んでる場合じゃないよ!

ケージの上をウロウロウロ

ちょっと開ければすぐ侵入

るみさんの体にゆずの影が写る


ゆずさんはもう一日分食べたじゃん…


そして

ここからが

「もうどん子じゃない」ゆずの真骨頂

ちょっと目を離した瞬間に!

侵入してる!


食べてる!(残ってたの?!)


あんじケージからも出てくる!

くちばしに殻つけすぎ!

もちろん一番最初にみどケージは物色済み!
素早い動き!

ゆずはきっとこう思っているだろう…

もっとごはんくれよオバハン、と…

一通り残りご飯をチェックして
適当に遊んだら

眠くなった…が、夜食のオーツ麦を待つゆずさん。

他のインコのケージ(のご飯)が気になって見にいくのは
みんな同じですけどね。
夜放鳥ではどこもそんな残ってないのに。

他の子のケージには美味しいものがあるかもしれない
今日もそんな期待を持つインコたち、とりわけゆずさんなのでありました。

ーお約束のおまけー



雛の頃のゆずさんは形容しがたい激臭でしたが
今はそうでもありません。
しかしその頃の思い出が強烈すぎて
つい「ゆず臭」を強調したくなってしまう飼い主でございます。

本当に今は臭くないので、モフモフでフワフワでいい気持ちですが
本当に臭くないので過度な期待はなさらないでくださいね。

本当に臭くないんです。(しつこい)




本当にもう臭わない(しつk)
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:小鳥大好き
ジャンル:ペット

ゆずさんシルキータッチな羽触り

2月に撮影したゆずさん


換羽だったのかな?


お迎え当初の頃のことを
ぽちぽちと書いていますがまとめて書けずにすみません。
思い出すと胸がちくりと痛んでしまうのですが
この頃になってやっと「今がいいから良いのだ」と思えるようになってきました。

直近のゆずさん


ゆずさん触り心地が本当に良くてすべすべしてて

見た目そのまま、まさに「シルキータッチ」なのですが

かじられます。
でも触っちゃう。

見た目を裏切り

今はそんなデブでもない

そろそろ増える時期かな

過ぎちゃいましたがゆずさん3月31日でお迎えから6年となりました。

これからも良い今が続きますように。




にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

テーマ:小鳥大好き
ジャンル:ペット

そして途方に暮れる

☆ゆずをお迎えした日☆
☆ゆずをお迎えしたあと☆
☆初めて鳥の病院へ行った☆
☆孤軍奮闘☆

なるべく当時の感覚のまま書いています。

続きです。


29gあった体重が23gになってしまった。
病院へ電話をしたがとにかく保温するようにとのことだった。
会社の昼休みには家に戻り様子を見た。
次の予約日まであと何日だ?

ようやく再再診。体重は23gのまま。
そして「点滴をする」ことになった。

点滴と言われ人間がするようなのを思い浮かべていたが
鳥の点滴は私から見たら注射だった。
確かに点滴には違いない。
皮下輸液と明細に書いてあった。

小さな体の太ももに針が刺さる。
ゆずは声を発することなくじっとしていた。

先生は独り言なのか「1週間あれば※※※なんだけど」と言ったような気がするが
よく覚えていない。
以前は覚えていたのに今は頭の中から消えてしまった。

はっきり覚えているのは

ーあとはゆずちゃんの生命力次第ー

と言われたこと。

それはどういう意味なのか。
心底わからなかった。

その頃からインコのことをネットで調べたりするようになった。
その流れでインコのブログを読むようになった。
面白いとかどうだとか内容を楽しむ余裕はなかった。

インコが病気になるとだいたい飼い主さんはこう書いていた。

「大丈夫。私が治してあげるから!」

自分は到底そう思えない。
これをしたら良いという手段がわからない。
みどりと一年暮らしてきたけれどセキセイインコは可愛いそれだけだ。

ブログの人たちは子どもの頃から鳥と暮らしていたという人が多かった。

でも自分は違う。

具合の悪い子に何をしたらいいかわからない。

そんな自分が

なぜ2羽目を飼ってしまったのか。
バカなのか。
もっと詳しい人がいるのに。
売り場で見て嫌な予感がしたのに。

もっと詳しい人のところに行ってたら
この子はこんな目に遭わずに済んだのに。

バカなんだな。

だけどこのままどうなっていくのだろう。

情けない飼い主の横にはみずぼらしいインコが止まり木に所在なく止まっていた。

そんな一羽と一人、取り残されている車内だった。


テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:若鳥の頃

今はモフってるからいいけどね

ぐー

換羽でお疲れみど姉に相手にしてもらえず寝てしまった。

起きた

今はもふもふだし元気だから過去のことはもういいけどね^^;

ペレット食べてすぐ飛んだら引っかかってしまったようだ!

オエ〜

大丈夫かね?(大丈夫でした)



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



本日もご覧頂きありがとうございました





テーマ:小鳥大好き
ジャンル:ペット

孤軍奮闘

☆ゆずをお迎えした日☆
☆ゆずをお迎えしたあと☆
☆初めて鳥の病院へ行った☆
続きです。

なるべく当時の感覚のまま書いています。
よほど誤解を招くことでない限り注釈等入れませんので
鳥飼いさんが「え?」と思う箇所があってもそういうことですのでご了承ください。

2011年4月生まれて初めて小鳥に薬を飲ませる。


逃げる逃げる


鳥を掴み薬を飲ませるそれは荒業。
今のインコ棚最上階の更に上、ほとんど天井のところにゆずは毎朝毎晩逃げ込んだ。
ここなら人間の手が届かないことを知っていた。

朝、ケージを開ける。
逃げるゆずを捕まえて掴む。
薬をなんとか嘴に垂らす。
そしてゆずは棚に飛んで逃げる。

ゆずの顔はガビガビだったのではないか。
それでもかろうじて薬を飲ませていた。

ある朝はケージの底に一晩中いたらしく
お尻にいくつのもフンがついていた。
べったりとついていてた。
濡らしたティッシュで拭いた。

みどりとの一年間でこんなことしたことない。
でも放っておくわけにもいかないし。
小鳥のお尻を拭いている自分とは。

ここに逃げ込まれたら
P1010948_convert_20170101232240.jpg
向かって右端は壁なので
棚の左端にプラケースの開口部を当て丸めて棒にした新聞紙で
ゆずを左に追い込んでケースに誘導する。
入ったら蓋を閉めてそのまま体重計測をする。
毎朝のルーティンとなった。

みどりの存在はまだ知らない。
万全の体調じゃない中でどれほど孤独だっただろう。
そういうことを想いやれる余裕が全然ない。
投薬5日目の日記に「フンが盛り上がってきた」と書いた。
それまで水っぽいフンだったらしい。

みどりは可愛い。もちろん可愛い。

はて。ゆずは?


初の診察から一週間後。
再診を済ませた。
羽用サプリが出た(どこのサプリなのかは不明)

この時はみどりも一緒に行っている。
プラケースとバッグは別々だったけど厳密にはその日が初対面だった。

言われた通りに薬を飲ませている。
温度も30度前後で保っている。
時間とともになんとかなるはず。

だかしかし。生き物しかも雛。

再診から3日後。
ゆずがオニゲリ(日記からそのまま抜粋)していた。
体重は23gまで落ちていた。

みどりとの暮らしには影すらなかったはずの生き物の壁にぶち当たった。


今は嘴からの投薬にも慣れました。
鳥は首回りは固いのでそこをしっかり指2本で押さえて(締めたらダメ)
自分から見て鳥の嘴の右側付け根を容器の先でトントンとするとちょっと開くので
そこから入れると早く終わるような気がします。
頭はなるべく下に下げない。
他にも自分なりの技はあるのですが。
抵抗して暴れる元気があるならまだ良いですね。

そんなこと考える余裕も何もなかったですが。




にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



本日もご覧頂きありがとうございました


にほんブログ村テーマ 鳥へ



テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:お薬 若鳥の頃