路傍家のインコ

sio


みどり
2010.01.02お迎え
ゆず
2011.03.31お迎え
あかね(あんじ)
2011.09.27お迎え


るみ
(旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました


ツイッターやってます Twitterブログパーツ
のぞいてみてね


ご用の際は

■拍手ボタン (メッセ機能あり) ■twitter ■メールフォーム
からどうぞ


【基本リンクフリー】
ブログ及び記事
ただし動物ブログのみ。
設置も解除もご自由に。
写真のみの使用はお断り
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

おもちゃ 採食活動 換羽 シード ろう膜 動画 果物 穂いろいろ お薬 若鳥の頃 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 ハーブ 破壊活動 まつ毛 中毒 

A day of Budgies
06 | 2017/03 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archives
検索フォーム
素敵インコブログ
メールフォーム
ランキング参加中
にほんブログ村 鳥ブログへ
RSSリンクの表示
おぼえがき
ブログ開始から
まさかのスピンオフblog?
どりづくし

一体だれが?いつの間に?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【回想】 ペットコーナー2

運命ってなんだろう?
自分のとった行動を正当化するために
しばしば都合よく使われるそれはただの言葉。
☆【回想】ペットコーナー1☆続きです。



小さなインコは動きもおとなしいし
よく見えないがお尻も汚れている?
他のインコの方が大きいし元気よく動いていた。

飼育書に書いてある「こんなインコは避けましょう」
そんなインコがまさにその小さいインコだった。

姪は一歩も引かなかった。

姪は粘り強くも聞き分けの良い子供だった。

大人なら無理なことは無理とはっきり言うべきだった。
2回もペットコーナーに連れて来られた。
それなのに煮え切らない態度を取られて憤慨したと
少し大きくなった頃その時のことを振り返って言っていた。

なぜあの時、折れたのか
普段そんなことしない姪がゴネたからか
インコが小さなインコだったからか
更に小さなインコがいなくなったからか
元気なインコに頭を蹴られ保温器の上にポツンといたからか
汚いドロドロの粟玉すら食べられてないところを見てしまったからか
今は何も憶えていない。

この子を買うと店員に声を掛けた。
完全に私の妄想だけど本当にこんなインコ買うんだと思われてるような気がした。

店員は淡々と水槽に手を入れた。
小さいインコは逃げ惑ったが捕まった。

前回と同じでいいんだよね、と粟の袋を取ったら
「こっちです」と店員は粟玉を指した。
(粟と粟玉は違う)

一緒に確認お願いしますと言われ小さいインコをチェックした。

耳よし
目つきよし
指欠損なし
お尻…

お尻はやはり汚れていた。
さすがに気づいたが言えなかった。

店員は淡々と「お尻もきれいですね」と言った。
答えられなかった。
小さいインコは嫌がってもがいていた。
良く動きますね、元気なんですね、
とか私は馬鹿なことを言っていた。

原本を紛失したのかどうでもいいのかコピーにコピーを重ね
全体的に文章が斜めになっている
「鳥・小動物をお買い上げいただくにあたりまして」と言う書類には姪が署名した。

一緒に健康チェックを行ったのだから
その後治療費とか掛かっても一切負担できませんなど
アルバイト店員は淡々と書類説明をした。

全てがマニュアル通りに行われたのだろう。おそらく。
値段などを記入した紙を持ってレジまで行くように言った。
小さなインコのことを気遣うような言葉は最後まで何も無かった。

かくして小さなインコは箱に入れられた。
姪はゆずちゃん少し我慢してねーと嬉しそうに言った。

そっかこの子ゆずちゃんって名前にしたのか。

2週間後、粟穂というものが必要になりそのペットコーナーへ買いに行った。
そこへ行ったのはそれが最後だった。

生まれて初めてペットショップに疑問を持った。
アルバイトであれ責任者であれ誰がそこにいるかで
動物の環境が大きく変わる、こんなのおかしいと心の中に火種が点った。

スポンサーサイト

【回想】 ペットコーナー1

2010年1月

セキセイインコを買いに比較的大きなペットコーナーがあるホームセンターへ行った。

そこは特別に汚いとか臭いとかなくて
普通のペットコーナーだった。

水槽が2つあって「ノーマル」「スパングル」と書かれた紙がそれぞれ貼ってあった。
その中にワラワラとセキセイインコ中雛がいた。
小さいな、可愛いな以外なにもなかった。
不衛生とは思わなかった。
ちなみに所謂ノーマル種はいなかったと思う。

販売してくれた若い女性はパートタイムかアルバイトだったのか?
ホームセンターの社員ではないようだった。

明るくハキハキとこちらの質問に答えながらテキパキと必要な物を揃えてくれた。
インコが途中女性の手をすり抜けて高く飛んでしまい扱えるか
不安と言ったら手際よく羽を切ってくれた。

「雛なので暖かくしてくださいね」
最後にそう言われた。


時は過ぎて2011年3月

同じ場所に姪を連れインコを見に行った。
こんなだったっけ?と困惑した。
小動物コーナー全体、汚いと言うのではないが清掃が行き届いてない。
何もかも雑な感じがした。
ぱっと見だけでちょっとこれはと思った。

水槽のノーマル・スパングルと書かれた紙は変色して剥がれかけていた。

中ののインコたちは…不衛生と言うなら上回る所は他にもたくさんある。
それでも当時の自分には不衛生に見えた。

体の小さなインコと更に小さなインコが一緒にいた。
他の元気なインコのかたまりに入れない。
最悪な思想だけど飼うならこの更に小さなインコがいいかなとチラっと思ってしまった。
(動物は小さければ(幼い)小さいほどいい、諸悪の根源とも言えるこの思想)

でもこの環境では先住インコに病気が移る。
姪をなだめて帰った。

それなのにその翌々日また来てしまった。

小さなインコより更に小さなインコの姿はなく
小さなインコだけが一羽でいた。

小さなインコはいつ置かれたのかわからない
ゴミだらけのふかした粟玉を食べようとして他のインコに頭を蹴られた。
お湯なんかとうに冷めている。
餌入れに頭から突っ込み
小さなインコの頭は濡れた。
食べるのを諦めそのままぽつんと保温器の上に乗った。

今回もアルバイトだろうか。
同じく若い女性ではあったが愛想はない。
動物の世話をしている時に姪が何か質問した。
タイミングが悪かったのかとてもわかり易くスルーしてくれた。
いや、ちゃんと書いておく。
その店員は明らかに無視をした。

決められた業務をこなせばそれでいい。
時間が来たら粟玉にお湯を入れて水槽に置く。
また時間が来たら入れ替える。
それだけね。

出てしまえば良かったのだが姪はすっかりインコを飼うつもりでいる。
しかもその小さなインコを飼うと言い張る。
前年と同じくお年玉から出すのだとお財布を握っていた。

私は店員の対応はともかく
先住インコに病気が移ったら嫌だなあと思っていた。


2010年のインコはみどりで2011年3月はゆずのこと。
1度しか会えなかったゆずより更に小さなインコは今思えばレインボーだったような気がする。





にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村



本日もご覧頂きありがとうございました

テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

雑文

■ゆず
4日前から体重がボンと増え
潜りっこにもなりフンも大きくなった。

食らった

ツイッターではフン部分加工したけどブログではありのままを載せる。

水分が流れてる~
この1ヶ月ゆずは試験的にペレットメインにしている。
なのでフンはもともと水っぽくなっていた。
発情期とペレットの諸事情が混ざりあって
立体的な巨大フンになりほんとにセキセイのおケツの、いややめとこ。

飼育とは排泄物のあとしまつ。

■あんじ
夏は34gくらいあるけど冬は減る。
それでも暖かかったので32gをキープしていたけど寒波到来で体重が落ちた。
それはいつものことだけど30を突然切った時はさすがに焦った。
シード6グラムくらいは食べてて4羽の中で一番食べてるけど30前後。
今朝は32くらい。変動激しい。
ところどころ爆裂娘なことしてるけど全体的におとなしい。
おとなしいというより省エネモードなのかも。
体力温存?
それがおとなしいということか。

幸い今のところ体調不良に陥るまではない。

■ツイッター見て考えた。
自分のお世話できるキャパシティか。
ライフスタイル等一切無視で自分一人でお世話ができそうな羽数となると
オカメやコザクラくらいサイズまでで7羽。10羽は無理な気がする。
実際は医療費なども含む経済状況や物理的スペースが必要だから減る。
もし個体の性格上のフォローが必要な場合があればもっと減る。
心に傷を負っているような子がいたら更に減る。
神経質な性格の子は私には難しそうだ。

将来的には鳥の一時預かり的なことを保護も含め細々とやれたらいいけど個人の能力財力は限られているので
誰でもいいというわけにもいかないけど鳥飼い同士の横のネットワークは必要なのかも。

ちなみにワンコだったら小型寄りの中型までて2頭

「想い」だけで何とかできたらもうとっくに誰かが、どこかの団体が、全ての動物救っているだろう。

必要な時に適切な行動ができる自分でありたいものだ。

■夜中にポチリ買い物した
スマホケース3つ購入。

左から普段使い、お出かけ用、鳥イベ用と買ってみたが鳥イベ用ってなんだ。
今までの経験から言えば左の実用品を使い続けるに違いない。
シラフだったのに夜中のテンションは恐ろしい。
学生の頃、夜に手紙を書いては朝にはギャー!となっていたではないか。
でも可愛いからいい。
ニッソーのサーモ使い勝手が良かったので追加購入。
本はなんとなく。手付かずの本が増えていく。


随想録カテゴリーを新たに作ったのですが
以上のようなつぶやきの延長上なことをつらつら書いているだけです。
鳥がどうということに対してだとしても内面的なことが多いので独断が過ぎてたり
鳥関係ない個人的なことだったり
自分的に人に読んでもらえるまでに至ってない時は限定記事になる予定です。
一度公開して後からパスワードかける可能性もあります。(パスワードは秘密)

よくわからないですが個人の忘備録兼ねてるということで(^_^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。