路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
メールフォーム

twitter @yuk_i25
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おぼえがき
ブログ開始から

るみさん健康診断へ行く

9月のある日

この3羽で病院へ行きました。


みどりの定期通院。
ゆずさんは前の週に産卵したりなどあったのと爪切り。
るみさんは健康診断。

るみさんは路傍家に来て初病院です。

あなた一体どうしたの?


以前に比べると長くなった待ち時間

ところでゆずさんは一体何を

るみさんTSUBASAにいた時は肝臓の数値が悪く
長らく肝臓の薬を飲んでいて
食餌も療法食を勧められたのですが
(るみさんはペレットメイン)

見た目(羽、嘴、爪など)に肝臓の悪い兆候が出ていない
フンも悪くない
体重・肉付きも正常
そのうフンともに細菌なし異常なし。

ということで今は特に何もせず
もし問題が出たら都度対処するということになりました。
ペレットも普通のもので良し←わたし的に大助かり。

肝臓のことがずっと気になっていたので
家に来たら私は私で血液検査をしようと実は思っていたのですが
知るだけでも何度かやっていたのでこちらではやめておきました。

先生が保定しようした時はるみさんギャギャギャギャと威嚇するものの
検査そのものは受け慣れているというか
なんというか。
「何度も検査されたんでしょうね」と先生が仰ってました。

みどりゆずあんじは毎日体重を計り
みどゆずは保定してお腹など触っていますが
るみさんにはしていません。
数値が無いのは個人的にとても不安ですが
るみさんに「ケージの外に出ると嫌なことがある」と思われない方を優先してます。

もう一つあった懸念事項を相談してるみさん診察終わり。

だから一体何(略)


狙ってるよ!

このあとパクッといったのですが逃げられてました。

るみさん初病院から約1ヶ月後の今も目に見える範囲では肝臓の問題は無いようです。
換羽でツクツクなのでそこは気をつけて観察しています。





にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

本日もご覧頂きありがとうございました





にほんブログ村テーマ ペットだって家族の一員へ
ペットだって家族の一員



スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:換羽

みどりの通院に爪切りでお供した(あんじ)

3月のみどりの定期通院。
あんじも爪切りで同伴しました。

特にあんじ。
ちょっと保定しようものならジャングルの鳥のごとく金切り声で大騒ぎ。
みどりが定期的に通院するので三姉妹の爪切りもお願いしています。

しゅぱつ!
s-IMG_8473.jpg
みどりのテンションが低いように見えるけど気のせい

あきたじょー
s-IMG_8474.jpg

まだかなー
s-IMG_8475.jpg

☆前回の診察☆ では一瞬の隙を突いて脱走に成功したものの
「遮光ロールスクリーン」に阻まれ捕獲されたあんじ。
今回はどうか?
緊張の一瞬!(本当に緊張!)

するとなんと!
キャリーを開ける前に照明を落とされ
あまつさえロールスクリーンまで降ろされた。
VIP待遇だぜあんじ!アハハ

鳥目のあんじ、またもあっさり捕獲され抵抗するも爪切り終了。

帰りの車内。いじけるあんじ(なように見えるだけ)
s-IMG_8490.jpg
麦でも食べな。

爪切り最中は毎度のことながら雄たけび、手をグー、頭をぶんぶん振りまくり。
あんなの自分でやるとなると

想像するだけでおそろしい(´д`)

次回はみどりの通院です。

そろそろリアルタイムに追いつくか?(?なのか)


にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。





にほんブログ村 トラコミュ 鳥へ


テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:爪切り

みどゆず異常な羽根。その結果と原因は?みど編

みどり編。

「その結果と原因は?」と書いたものの
正確なことはわからないのです。
おそらく~ではないか、というみどりの年齢や体調を考慮した推測、
そこから考えられる可能性という事になります。


このアンテナ、いやみどりの異常羽は
s-IMG_6809.jpg
先はほうきのようにパサパサだし鞘はこん棒化したかのように太いし

上記のキーワードを組み合わせて検索すると怖ろしい感染症がずらり。

仮に「実はキャリアでした」だったとしても
今は免疫もあるはずで発症は年齢的にもないと思っていたし
疑い濃厚なら検査をするまで。
ここで焦っても仕方ない、それより体重や食欲や沈鬱がどうか。
見た目の変化は無いか。他の羽の状態は?
まずはその観察が最優先。
どれも大きな変化はなかった。
羽だって綿毛もふわふわだ。
もし検索通りの感染症ならこんな風にふわふわなんかしてないはず。
普段の様子はよくわかる。素人なりにそれはないと言う根拠はある。

2015年最後の通院。
s-CXWgARXVAAARw9p.jpg
元気になったゆずも一緒に。


みどりの異常羽はゆずのケージに落ちていた異常羽よりかなり太い。
羽軸、3ミリくらいあったのではないかな。

診察。
みどりアンテナ、いや異常羽、やはりこの太さで抜いたら痛いかもとのこと。
異常羽は尾脂腺のそばに生えていた。
正常な尾羽は別にありこの異常羽は全く意味のない羽にもならない羽だった。

時々ヒトでもありませんか?
「なぜこんな場所にこんな毛が?」という毛が。
要するにそれらしい。

-アホ毛- よしわかった、終了。

と、いう訳には行かない。

みどりをじっくり診ていた先生が「抜けるかも」と言いアンテナを抜いた。
みどりは痛そうでもなんともなかった。
短い羽軸だったので皮膚の浅い所に生えていたのかも知れない。

尾脂腺は羽の艶出しオイルを分泌すると言われている。
年齢とともに尾脂腺も老化し、脂が残ったままだったり時には腫れたり膿んだりすることもある。
今回のアンテナは尾脂腺の近く。ということはその影響もあるかも知れない。

年輩インコさんで尾脂腺にデキモノ、というのは確かに聞く話だ。
問題視するほどではないがみどりの尾脂腺にも少し脂が残っているという。

どういうことかと言うと。私もなぜそうなるのかいまいちよくわからないけれど。

「老化現象」なのかも知れない。らしい
セキセイインコの細胞がどれくらいあるかわからないが
一つくらいは誤作動を起こすこともあるかも。みたいな。

老化現象。
私の可愛いみどりちゃんが老化現象…。
その言葉がとてもヒトゴトとは思えない飼い主は思いの外、打ちひしがれた。

可能性があるというだけで絶対そうだと言う訳ではないんですよ、と先生に慰められてしまうほど。

「みどりちゃん…老化現象なんだって(涙)」←聞いちゃいねぇ

アホ毛(もうアホ毛呼ばわり)抜きしあと。
s-IMG_6827.jpg
みどりは気にすることもなく痛くもなんともなさそうでした。


アンテナに初めて気がついた時、既に一枚目の写真の長さになっていた。
毎日見ていたのに2日くらいであそこまで伸びたのか。

(それがアホ毛たる所以なのか)
「ひゅー」という感じで突然伸びる異常羽はあるのだと言う。
ああ…と自分の経験上からもそれには納得した。

まだちょっと続きあるのですがそれは
後ほど総括することにして(まだあるのかよ!あるよ!)
次はゆずの羽の診察です。

羽の巻、最終回まだまだ。

余談ですが
インコお友達の情報によると羽繕いがマメな綺麗好きの子は
尾脂腺も綺麗だったりする傾向があると言う。

みどりよ…(-ω-。)

そして



ゆずよ…

にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ
鳥の病気・怪我・病院



テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:換羽

対あんじ用秘密兵器(?)

2015年12月中旬。
あんじは爪切りの為にみどりのお供としてお医者に行った。

s-IMG_6342.jpg

一度脱走すると捕まえるのに困難、あんじの診察は緊張する。
あらゆる鳥を診ているであろう鳥先生をもって
「こんなに診察室を飛び廻る子はいない」と言わしめたセキセイインコあんじ。

みどりの診察が終わり
「では危険な子をお願いします」とキャリーをさし出した。
危険な子でもう誰なのか通じてしまう。

その前のときの診察(7月かな)には扉の隙間を腕と手で巧みに塞がれ脱走を妨害されてしまった。
今日はどうだろうか?って脱走されたら困るんだよー

ティッシュで通路を塞ぎ、キャリーを開けて順調に保定されるかと思ったその瞬間!

の次の瞬間!

「ケーケケケケケケkーっ!」わずかな一瞬の隙をついて診察室を飛び廻っていた!
ぎゃー!やられたー!捕まえなきゃー!!

先生がちょっと暗くしますか、と言った。

無理無理、この前もそうだったけど照明落としたくらいじゃ全然見えてるもの~

すると先生は 新しくしたのです、と窓を挿した。そう言えば何か違うと思ったらそこには

ロールスクリーン(遮光)←New!

もともと窓は小さい診察室、ロールスクリーン(遮光)と照明を落とすとヒトには問題ないが
あんじの動きを封じるには充分な暗さとなった。

かくしてあえなく御用となり、爪切りも無事完了。
相変わらず指をグーに握りしめながら。(わたしには絶対できないあんじ爪)

前回完敗を喫したその教訓を踏まえ
今回は一瞬の隙をついたのに残念じゃな

s-IMG_6351.jpg
お弁当食べておくれ。

威勢のいい時のあんじの診察について心配ごとがひとつ減った。よかった。
混んでるときは緊張する、本当に。

威勢がよくないのはもっと困りますが^^;

あんじの診察は実質10分弱!
だがこの日はそれだけでは終わらなかった。


その何日か前にゆずケージでこんな羽が発見されていたのです

IMG_6294.jpg
なんじゃこれは?

一旦ここで終わります。
ご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ
鳥の病気・怪我・病院


テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:爪切り

診察室のあいつ(2015年・7月あんじ)

夏のあいつ

青いあいつことあんじは猛暑であればあるほど絶好調だった

夜も絶好調
s-IMG_2480.jpg
体重も冬場より2・3グラムは増え、体も大きく見える。

朝から絶好調
s-IMG_2574.jpg

朝じゃ!だせー!
s-IMG_2677.jpg
絶好調

だった

なのに

☆みどりの7月の定期通院☆ に同伴となる。
s-IMG_2767.jpg

あ「なーんでだー」

…なんでだったんだっけ?忘れた。
だいぶ前のことなので記憶が…

遠い記憶を辿ってみると

そうそうこれこれ
s-IMG_2536.jpg
鼻の上というかろう膜の上が茶色に

咳かくしゃみかして、鼻水が出てしまってるのか?と思った
ちょうどあんじにあげていたサプリも茶色だったから。
但し咳などをしてるような音は聞こえては来なかった。

それとこれだ

生あくび
s-IMG_2673.jpg

変顔じゃないですよ!これ生あくび

s-IMG_2674.jpg
生あくびのように思えたのよ!

本鳥は至って元気いっぱいだったが、どうせみどりが行くからとついでに一緒に行くことにした。
常在菌バランス乱れ、抗生物質コースかと予想しつつ。

みどり記事でも書いたように連休明けもあって
s-IMG_2771.jpg
来るわ来るわ患鳥さん。鳥の通院を始めて以来の待ち時間。

そして診察終了、帰りの車にて。

おつかれさん、お弁当どうぞ
s-IMG_2788.jpg
いじけモード

脱走を試みるも阻まれ、掴まれそのう検査をされ、反抗するも爪切りまでされた。
さすが先生、容赦ない。
あんじ完敗。


肝心の診察結果ですが

そのうは綺麗、フンにもそのうにも細菌なし。
ろう膜の謎の茶色についてはこれも異常なし。
暑いから水をたくさん飲むのでそれが吹き出てるのではないか、そういう個体はいる。とのこと
もっとちゃんとした話しを聞いたはずだがすっかり忘れてしまいどういう訳かメモすらとっていない。

昔によくみた”いつも鼻から水が垂れている子ども”状態なのかと笑ってしまったことは覚えている。

笑い事じゃないでしょ!と思われる向きもあるでしょうが

「あ、この子」と先生に警戒されティッシュで脱走経路を塞いでからキャリーのフタを開けられ
そのう検査の際には大暴れをしがっちり保定されながら
ゾンデを徹底拒否、検査液を「ペッ!」と吐きだし
(そんなの初めてみた。みどりゆずを考えてもどうしたらあんなことができるのか謎)
爪切り持には足をグーにして首を振りまくった。
(ゾンデ=そのう検査に使う金属の棒のような器具)

(頭はともかく)体に異常がないとわかった以上

笑うしかなかった。

あれだけの患鳥が待っている中、雄たけびをあげながら15分以上のフライトをされるよりは余程いい。

あ「次は思うようにさせん!!」
s-IMG_2783.jpg
ポリポリポリ…

ちなみに鼻の上の謎の茶色は

しばらく出現したまま
s-IMG_2846.jpg
やがてほとんど消えた。

今日よく見たらまだうっすらあるにはあった。ような気がする。
異常もないと思えば気にもならなくなるこの大雑把さよ。

生あくびもその後は見ていない。でもあれは絶対にただの変顔じゃなかったと思う。

【注意】今回のあんじの生あくび画像は他のインコちゃんへの参考にはまったくなりません。
生あくびは生あくびであんな顔しなくても出るときは出ます。
頻発するようだったら何かあるので注意が必要です。



どちらかというとこれからの季節の方があんじは心配
にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ
鳥の病気・怪我・病院



テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:生あくび