路傍家のインコ

sio


みどり
2010.01.02お迎え
ゆず
2011.03.31お迎え
あかね(あんじ)
2011.09.27お迎え


るみ
(旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました


ツイッターやってます Twitterブログパーツ
のぞいてみてね


ご用の際は

■拍手ボタン (メッセ機能あり) ■twitter ■メールフォーム
からどうぞ


【基本リンクフリー】
ブログ及び記事
ただし動物ブログのみ。
設置も解除もご自由に。
写真のみの使用はお断り
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

ハーブ 採食活動 おもちゃ 換羽 シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

A day of Budgies
06 | 2012/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives
検索フォーム
素敵インコブログ
メールフォーム
ランキング参加中
にほんブログ村 鳥ブログへ
RSSリンクの表示
おぼえがき
ブログ開始から
まさかのスピンオフblog?
どりづくし

一体だれが?いつの間に?

お休みの日の三姉妹・朝・1

今日は仕事が休みなのでインコと遊べました。

s-P1060731.jpg
どりちゃん。おは!ここ開いてるよ。
s-P1060732.jpg
ドーン!よーしおりこう!

s-P1060734.jpg
ゆゆたんもおいで!
s-P1060735.jpg
・・・・・

あれ?あれれ?開いてるよ?どしたの?分からないの?
s-P1060736.jpgあ、開けるね

(どり姉さんが先に出てるので)出たくてたまらないのにカゴが開くまで待つゆゆたん。

同じインコなのに全然性格が違うとは。

すみません、続きます

みどり講座・お母さんの耳たぶの噛み方

講座名 お母さんの耳たぶの噛み方
講師名 路傍みどり
PAP_0443.jpg
本日は お母さんの耳たぶの噛み方についてお話します。

PAP_0415.jpg
肩に乗りましょう。この時に耳たぶを見てはなりません。

mama.jpg
記念撮影などには素直に応じましょう。ヒトの警戒心を解くのです。

PAP_0413.jpg
邪魔が入っても慌てない。可愛いインコが遊んでるとヒトには思わせておきましょう。
油断をさせるのです。

PAP_0414.jpg
そのうちテレビなど見出したりし、ヒトの注意がそれていきます。
そう。必ず時は満ちるのです。

この直後、路傍母の「痛ッ!!」という叫びが路傍家に響き渡った・・・

基本的にヒトの警戒心を解くなど容易いのですが、それでも時には
耳を手で押さえ「ダメ」などと言ってくることがあります。

そんな時には一旦肩から降りましょう。

それでは本講座の一番の肝をお話します。うっかりヒトに警戒心を持たせてしまい
耳たぶが遠のいてしまったら・・・

iie.jpg
とにかくとぼけ倒します。

耳たぶくらい噛んでもいいから全てのインコ・鳥が楽しく暮らせますように


インコと社会

2月のまだ寒い朝でした。
いつものように「あんじちゃ~んおはよう」(あかねのこと。あんじという別名があります)
とカバーを開けた瞬間、あんじの様子がいつもと全く違うことに気付きました。
結果としてあんじは何かしらの中毒症を起こしていたのです。
(このことは別記事でUPしました)
小鳥が不調になった時、その進行は早い。これを実感した出来事でありました。

今日はその時を振り返って思うことを書きます。
ちょっと長いです。

保温して様子見るとかのレベルじゃないな、と直感しました。
もう医者に行くしかない。それは迷うところではありません。

だけど。

仕事どうしよう・・・
仕事かインコどちらが大事と言われれば、それはインコです。即答です。

でも。インコがインコとして生きるように私は社会人としても生きなくてはなりません。
インコ大好き!だけでは通じない私の世界もあるのです。
しかし、目の前で消えかけている命を助けもしないで、何が人間だ!
鳥の医者に電話をした後、会社にも連絡して半日休みにしてもらいました。
そこが自分にとっての落とし所だったのです。

中毒症でした。症状が進行しなければいいが、午後も様子を見ているように言われました。
だけどそれは無理です。
「あんじならきっと大丈夫」全く根拠は無いけれどそう自分に言い聞かせ無理やり信じて
置いて行きました。会社が終わり家に電話をして「あんじ?餌をバクバク食べてるけど?」
と言われ、人騒がせなやつめ・・・と全身から力が抜けました。
s-P1060076.jpg珍しく考えことをしているかのようなあんじのレアショット。

全ての人が動物好きでは無いし、犬猫はわかるけど何で鳥?みたいな意見もあるでしょう。
鳥好きになったのがまだ最近だからか、余りそういう「人」の意見にどうこう
思うことは無いのですが(鳥の可愛さが分からないなんてもったいないが)
「仕事」は自分一人でやっている訳では無く、個人的なことで周囲に迷惑もそうそう掛けられない。
仕事なくなってしまったらインコの飼育にも影響(金銭問題)が出てくるし。

でもインコは自分にとって代わりはいない大切な存在なのです。
この時はたまたま半日休めたので良かったのですが
自分しか予定を取ってなくて突然ほかの人に業務引き継ぎなんてとても無理!
みたいな時に今回みたいなことが起きてしまったらどうしよう。

考えても仕方ない、その時はその時。くくれない腹をくくったつもりでやり過ごしています。

今、できることはちょっとしたことには動じない健康インコになるよう飼育すること。
あとは普段からトリトリトリトリ言って、鳥キチキャラを定着させる。
鳥のことに関してはあいつは仕方ない、と思ってもらえるまで。
(ひとつ間違えたら大変なことになりそうだ)

あんじはその後すっかり回復しブンブン飛び回っています。

取り留めのない文章になってしまいました。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

全てのインコ・鳥たちが健やかに暮らせますように。