路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
06 | 2012/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おぼえがき
ブログ開始から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おやすみどり

今日も帰りが遅かったのでインコたち夜の部放鳥、それぞれ10分でした。

PAP_0499.jpg
H23.12撮影

みどりとミーシャン(姪)です。

セキセイインコでこんなことできるなんで驚きですよねー
鳥ですよ?鳥。鳥、可愛いでしょぅ?!
インコちゃんとこんな風に触れ合えるのですよ?!
すごいでしょ?驚くでしょ?可愛いでしょ?
私もみどりと暮らすまで想像も出来なかったですよ?

だけど私には出来ないんですよハハハ(涙)
なぜか知らないけどインコちゃんはカキカキしてもOKな人と
NGな人を決めちゃうみたいなんですよ。

それには別に衣食住の保証をしているとか何とか関係ないみたいですよ!
(衣はそもそもインコ自前ですが)

でもいいのです。

させてくれなくても、こんな姿を見てまた頑張れるのです。

させてもらえなくても(泣)

全ての鳥・インコちゃんが飼い主さんの明日の活力となって日々元気で過ごしますように。
あと、少しくらいカキカキさせてね…
スポンサーサイト

you're ショック!

みどりはいつだって甘噛みです。遊ぶよ~カミカミカミ~ というイメージがあります。
s-P1040953.jpg

以外にも(ごめんね☆)ゆずちゃんも本気噛みはケージの外ではほとんどしません。
s-P1040882.jpg
またこっち見てる…


アタタタタタタ!!いたい!
s-P1060835.jpg
おまわりさ~~ん!1羽だけ何か違う子がいまーす!

痛い!助けて下さい!!!

セキセイインコといえども侮れない破壊力がある、と言うことを初めて知りました。
この後、地味に血がたらたらと止まらなかった…!

オパーリンの子って広がるとこんなに羽がキレイなんですね。美しい扇子のようです。

なんてことは後から思った、しかし痛かった!

全てのインコ・鳥が噛むのはほどほどに、そして楽しく飼い主さんと遊べますように。

タグ:噛み子

みどりはおじいちゃん?

みどり、ゆずの写真を会社の机の上に置いておいた時です。

一緒に仕事をしている人が写真を見て

「うわ~可愛い!これ本物?ぬいぐるみ?」と言ってきました。

↓その時の写真。今年の1月のものです。
s-P1050830.jpg

会社の人は「人形?」とも聞いてきます。

私は図に乗りました。調子に乗りました。そしてこう答えました。
「セキセイインコですよ!本物の!」

「こんなに可愛いんじゃインコインコって言いたくなるよねーわかるー」
と返ってきました。

私のインコキ○ガイ計画も着実に実を結んでいるようです。良い傾向です。

尚も会社の人は続けました。
「こっちはおじいちゃん?」
明らかにみどりを指しています。

え?おじいちゃん? 少し混乱しました。

まあ、いいのです。どんなことでもセキセイインコは可愛いと思ってもらえれば。
だから仕方ないと思ってくれるのであれば(何をどんな風に仕方ないと?)

みどりは一言で言うと「ひたむき」な女の子です。女の子ですよ!おばあちゃんでもないです。まだ。
女の子ですから!

としつこいくらいに「みどりは女の子」アピールをして
同時進行で私のインコキ○ガイ計画、また少し前進です。

帰宅後、この話を聞いたミーシャン(姪)は結構しつこく怒っていました。 笑

が。

この写真。良く見ると確かに。。。 いやいやいや
腕腕腕、カメラマンの腕がまだまだなのです。

全ての鳥・インコがおじいちゃんでもいい、たくましく育ちますように。

(だからみどりはおじいちゃんではない。そしてこのコピーは昔のボンレスハムのCMのパクリです)

お外で三姉妹

今年(2012)の6月くらい。日光浴をしていました。
ゆずが「綺麗ねぇ」と言わんばかりに花を愛でているように見えなくもない?

(みどりが「ふーん」という表情に見えるのはスル―してください)

s-P1060613.jpg

あんじ。情緒もへったくれも無い。
カゴにいてもキャリーにいても暴れるのは同じ!
s-P1060615.jpg
いいえ出てはなりません!

外でキャリーやカゴの取っ手を持って持ちあげるの怖くてできません。
特にあんじが入ってるキャリーの持ち手はすぐ取れてしまいます。

ちゃんとしてよー。

全ての鳥・インコが【安全を確保しつつ】外の空気も吸って健康にいられますように☆

タグ:日光浴 キャリー

セキセイ女子トリオのバランスは?

む~~~これは
s-P1070594.jpg
あんじがウチに来て来月で1年。そろそろ3羽で同時放鳥できないかなと思い
みどりのカゴに入れて鍵を掛けてみたものの。

みどりは興奮して羽をひろげてしまうし

ゆゆとは近づいただけでコレだし
s-P1070698.jpg

てっきり、どりゆずみたいにつかず離れずになるものだとばかり思っていたのですが。

3羽で放鳥しようとしてもあんじが2羽を追いかけ回す状態になり
2羽もあんじが来ればどんどん逃げて飛び廻ってしまい
疲れてどこかに止まってもあんじ、ゆずはくちばしバトルを展開し
みどりは私やミーシャンに助けて!と飛んでくる始末。

放鳥を別々にして済むならそれでいいのだけど
s-P1070693.jpg
なんだかいつも一羽でいる様子を見ていると
(またどりゆず、互いのカゴに入っている!)

あんじが可哀想にも思えてしまい。

あんじ。。。

…あんじ、何をしている?

あんじがアホ面でカキカキしていた!しかもこんな細い金具で。
s-P1070743.jpg
セキセイインコです!池には住んでいません。
s-P1070756.jpg


あんじがいたショップはどりゆずがいた所と違って
ショップのお姉さんが挿餌をずーっとしていたのです。
2羽とか3羽とかの少数単位で。
(どりゆずは大勢の中で結構アバウトなお世話っされぷりでした)

s-P1070753.jpg
なので池の鯉、じゃなくてインコの社会性とか身についておらず、そこが姉さんたちに敬遠されてしまうのか。
同じ場所で暴れることなく3羽でまったり、なんてもう不可能なのか。

もしくは今、この状態でバランスが保たれていると言うことなのでしょうか??

考えても分かりませぬ。インコのみが知る、3羽のバランス。

インコの気持ちを尊重しつつ、いつかは3羽でまったりできるのであれば、そうしてみたいです。
しかし無理強いは絶対したくない、私はどんなスタンスを取るべきなのでしょうか。

などと色々考えてみても当の本鳥はアホ面でカキカキしているのです。今日も。そして明日も。
インコの様に深く考えずに行きましょうか…。

全ての鳥・インコが明日も仲間と楽しく暮して行けますように。

器用なくちばし

みどりちゃん!記者会見いきなりだよ?!
s-0724-1.jpg

うわーゆゆきたー!
s-0724-2.jpg
こっち見てる…

睨んでるよ
s-0724-3.jpg
※みどりのカゴです※

カゴ上に移動してオーツ麦をモグモグ食べてるみどり
またきたー!
s-0724-5.jpg
すっごいこっち見てる…
s-0724-6.jpg
s-0724-7.jpg
みどり、素早く移動しちゃいました。

テレビ、おじさんになっちゃったね!
s-0724-8.jpg

部屋を半周飛んで戻ってきたのにオーツ麦落としてない。
器用って言うのでしょうか?それともやはり食い意地が・・・
ゆゆなら間違いなく落としています。

ここの所三姉妹と遊べなかったので今日はゆっくり遊ぼう!

全てのインコ・鳥がわくわくしてる朝を迎えられますように

みどりは夢を見た

いつだったかみどりが1羽インコだった時です。

夜中、みどりのカゴからバサバサッと音がしました。
あれ?と、カバーをとって「どりちゃん?」と呼びました。

するとみどりはニコっと笑って(いるように見えた)
入口までやってきました。そのまま、また眠ったのだと思います。

その何ヶ月か後、またしても夜中、今度はバサバサバサっっっ!!!!と音がしました。
これにはびっくりして私も飛び起きました。
(2回とも私もみどりがいるリビングで何故か寝てしまっていたのです、なんてこった)

ともかく驚いて、みどりのカゴを開けました。
するとみどりはバババババ~!と出てきたのです。
そのまま飛んで出て壁に当たりそうになりました。

「どりちゃん?!!!」と呼ぶとみどりは「は?」という感じで
私の肩に止まりました。

まるで「あれれ?ここはどこ?」みたいな事を言いそうな感じでした。
(路傍父がその音でどうした?!と起きてきました笑)

あの時、夢を見ていたのだろうな~と今でも思います。

本日も仕事で戻って来た時にはインコは既に眠っていました。
カバーの掛かっているカゴを見て、そんなこともあったなーと思いだしました。

仕事から帰ってきてインコと遊べないのはつまらないですね。仕方がないですが。

s-P1050841.jpg
これは今年1月のみどり。

2010_06midori.jpg
これは路傍家に来て半年くらい、生後7・8カ月くらいのみどりです。
この写真だと余り違いが分からないですね。

全てのインコ・鳥に楽しい夢を見て欲しいです。
目が覚めても、楽しいことが続きますように。

みどりが見た夢はもしかしたら大空を自由にはばたく、そんな夢だったかも知れません。
飼い鳥として生まれたみどりに、それをさせることは出来ませんが
少なくとも安全で健康で快適な環境を私は作る、だから楽しい夢をみて欲しいのです。

野生のインコ・鳥、彼らはいつまでも大空を飛び廻り、あるべき場所で生きる、それは自然の流れです。
物欲や愛情の欠片もない商業主義の為に彼らがそれを人間の手によって脅かされるなど
絶対にあってはならないことなのです。

全ての鳥が楽しい夢を見ることが出来るように。

インコは顔に出ます

セキセイインコって
s-0720yuzu.jpg

その時その時の感情や欲望を
s-0720an.jpg

隠すのがすごい下手。
s-0720mido.jpg

みどりがゆずに、特に食べ物を獲られた時に
「ほら来たよ」みたいな顔をするのが、面白いです。


全ての鳥・インコが自分の感情をさらけ出せて、自由に楽しく暮らせますように。

変わらないのがいいのです

みどりよ。何を想う?
s-P1070396.jpg
一羽インコ暮らしに終わりを告げ(られ)1年3か月…。
今の暮らしをどう思っているのでしょう。

なんて感傷に浸っている間もなく。
みどりが何かを食べていればどこからか必ず飛んでくるゆゆたん。
s-P1070416.jpg
ゆずセンサー、今日も正常稼働中
(インコ、この背伸びも何とも言えないのです…可愛いッ!)

カゴ越しのスリーショットでも撮るのはなかなか大変なのです。
約1羽のジッとすることの出来ないインコの一瞬を狙わないとなりません。
(どりゆずのカゴ、2羽が入れ替わってる)
s-P1070485.jpg
暑かったけど今日は風があってまだ過ごしやすかった日でした。
(それでも暑い!)

インコの日々にまた今日の一日が追加されました。
インコの毎日は変わりなくまったりと過ぎて行きます。
インコはそれでいいのです(本の受け売りです)

全ての鳥・インコが変わらないまったりとした日々を過ごせますように

いそがしあんじ

計測!
s-P1070430.jpg

朝風呂!
s-P1070447.jpg
カラスの行水!(インコなのに)

ロックオン!
s-P1070463.jpg

テイクオフ!
s-P1070464.jpg

一瞬足りともじっとしていない。カメラの連射機能がないと追いつけない。

本日もうひとつ更新します<(_ _)>

タグ:水浴び

梅ちゃんゆずちゃん

ゆずこや・・・
s-IMG_1779.jpg

ゆずりんぺん・・・
s-IMG_1777.jpg


鼻の・・・穴に・・・


s-sIMG_1778.jpg
寝ちゃダメだ―!

粟の殻がジャストフィット?
ワハハ本舗の(じゃないけど)あの曲が頭から離れません

♪ろくっでーなしー!(フンッ!)

全てのインコ・鳥が飼い主を脱力させながらまた明日も楽しく暮らしますように

いつも何かが新しい

暑いのきたー!
また路傍家インコの住む街の名がテレビで流れる季節が参りました。
部屋の温度計でお昼前、既に34℃突破していました

話飛びますが、換羽の時、白い子って羽のつけ根に赤いところ見えますね。
s-P1070351.jpg
最初はびっくりしましたが今では織り込み済みです。無問題。
(でもちゃんと確認はしてください)

水浴びしましょう
s-P1070308.jpg
その羽は?!
s-P1070315.jpg
いちいちびっくりしてしまうことがまだまだあります。
この濡れ姿を突然見ても驚くことでしょう。

全てのインコ・鳥が常にその魅力でヒトを驚かし、楽しく暮らせますように。

タグ:換羽 水浴び

違いはないのに

いつも読んでいる犬・猫ボランティアブログがあります。

その中で、1頭のワンちゃんが天に還ったと本日知りました。
ゴールデンレトリバー。
去年、高齢なのに管理センターに入れられ
そこの(ブログの)代表さんが引き出し約一年半。
最後まで手厚い介護を受けていました。

思いだしては泣けてしまいます。最後まで良い表情をしていました。

犬生の大半をどうやって過ごしてきたのか分からないですが
最後は穏やかに飼い犬として天に還れたのだと思って、良かったと思うしかありません。

思うところはたくさんありますが、ワンコでもニャンコでもインコでも
同じ場所に生きていて、同じ時間を過ごしているのです。
せっかく生まれてきた、その点で動物(人間含む)としての種の違いは関係ないのです。
s-P1050498.jpg
せっかく生まれてきたからには楽しく幸せに暮らしたいのです、お互いに。

みどりの裏側に密着

みどりやん3日前
s-midoriashi.jpg
赤い。左足の裏が赤い。
42gになってしまったからでしょうか?

去年もですがこの時期になるとポーン!っと太ってしまうのです。
(去年は私がおやつをついつい…。今年はそんなことないのですが)
何度か足の裏を見ようとしたのですが中々見られず
万が一卵とかあっても大変だし、ちょいと保定して見てみました。

今日はだいぶ赤いのが薄くなっていました。卵もなくて良かった。

無理やり持ってごめんね。
豆、食べてね。ご褒美です。
s-P1070185.jpg
でも、どりちゃんは根に持たない。それがどりのいいところなんです。

豆。
やっぱり最後はこうなってしまうのですが。
s-P1070208.jpg
今日は誰もゆゆたんのこと掴んでないしお腹も触ってないよ?
みどりが体を張って得た褒美を当然のように食べる次女インコ。

s-midoriashi2.jpg
みどりの足裏を見ようとしてカゴの下(の台)に潜って撮ってみました!
やっぱりそんなに赤くない!実際はもう少し赤味があるのですがタコになるなどの心配はないようです。

この時、両手が塞がっていたのでみどりが「ぶるぶるッ」としたら確実に
眉間、もしかしたら口でキャッチ!をしてしまうところでした。

飼い主としてインコの為に体を張るのはやぶさかではありませんが
さすがに口にフンを入れるのは躊躇してしまいます。

全ての鳥・インコがどこも痛い所は無く、美味しいもの食べて過ごせますように

タグ:脚裏

弾丸セキセイトラベラー

世界一周の定義というのはこれだ!と決まっていないらしいですが
飛んだら(空路)アジア→アメリカ→ヨーロッパ でも世界一周になるようです。
(違ってたらごめんなさい)

バサバサバサ・・・

s-yannoka.jpg
香港で鳥籠を持ってウロウロしているおじさんたちの鳥談義を聞かせてもらい(今も健在?)
usa1.jpg
アメリカで鳥飼いさんたちと「アメリカと日本の小鳥事情」について激論を交わし
Rome.jpg
ファープラスト社(イタリアのカゴメーカー)のデカイカゴを買う。
あと各種インコ用品も買う。そしてイタリアの鳥飼いさんが、やはり激論を交わしているところを見学する。


全く根拠は無いのですが

アメリカの激論は「いかに効率よくインコを飼育するか」
イタリア(ヨーロッパ)の激論は「いかに自然に近づけてインコを飼育するか」

になりそうな気がしますが、どうでしょう?
行きたいです。

そしたら香港ではお粥を食べます。

全世界のインコ・鳥が飼い主さんと楽しく仲良く暮らせていますように!

おはよう&おやすみ



ゆずも自分から出てくるようになりました。

s-P1070103.jpg
あんじも飛び回ってます!

今日は、仕事から帰ってくるのが遅かったのです。
家族も出かけていて、インコたちは暗闇にいました。
中途半端な時間なので、そのままお休みカバーをかけて寝てもらおうとしたのですが。

みどりがピロピロッっと小さな声でずーっと鳴いていました。
s-P1070139.jpg
じゃぁ、ちょっとだけだよ、とみどりだけちょこっと。(甘い)

ミーシャン(姪)と遊ぶみどり。ミーシャンのことが大好きなのです。
s-P1070134.jpg
一羽インコだった頃を思い出しちゃうね!

全てのインコ・鳥が楽しい思い出を作れますように。

おやすみどりzzz

あんじの中毒症を振り返る・2(画像あり)

~続きです~

その日の夕方には元気を取り戻したあんじ。
でも3日くらいは放鳥も控え、いつもよりはちょっと大人しかったような。
(いつもハイパーなのでそれくらいで普通な感じもしましたが)
1週間後に再診し、異常なしでホッとした次第です。

最初の診察の病院からの帰り、あんじは黒フンをしていました。

黒フン=腸内からの出血有りのサイン。
余り良い状態ではない。フンを体内に溜めていても仕方無いが出血は良くない。

とのことです。
白血球の数が増えていたので炎症が起きていたのでしょう、という事でした。

原因についてですが

前日夜、あんじは私のリップクリームを舐めてしまいました。
他の2羽に異常が無かったのでこれかと思いネットで調べたのですが
どうもこれらの成分では中毒症状を起こすような物質はありませんでした。

次に考えられること。

しばらく家の裏で道路工事が行われていました。
先生にも「近くで道路工事をしていませんか?」と聞かれました。

工事期間中、現場側の窓は締めていましたが、離れている方の窓は開けていることもありました。

みどりもゆずも何とも無かったのですが、中毒症の感受性には個体差があるそうです。
(みどりには後から気になることがあったのですが)
あんじは子供で、時期もまだ寒く抵抗力が他の2羽に比べ無かったようです。

今となっては確実な原因を知る術も無いですが、家にはインコがかじるような金属もなく
おそらくこの道路工事(アスファルト?)ではないかと思っています。

「あんじ、危なかったねー」とすっかり軽口もたたけるようになった時
その頃に撮った写真を見てて、「?!」となりました。
みどりが吐き仕草をしている写真があったのです。

あんじが具合が悪くなる3日くらい前でした。
自分でその写真を撮影していました。
1回、多くてもせいぜい2回だったので特に何もしていなかったのです。

この後から今までそういう仕草は見ていません。
もちろん因果関係はわかりませんが、あんじと同じ原因であると考えてもおかしくはない。
その事をすぐに思い出さないなんて!

例え3羽でも多頭飼いをしていたら、1羽が具合悪くなったらすぐに他の子にも何かあったか
考えなくてはいけないです。感染症の場合もあるし。

私はあんじがどのキャリーで病院に行ったのか、この記事を書くまで思い出せませんでした。
気は動転してても、しっかりするところはしないとなりません。


ともあれ、あんじが無事で何よりでした。
炎が目の前でどんどん小さくなっていくような、あの恐怖感は理屈ではなく
まさに動物的カンでした。(表現がおかしいですね)


そして、
あんじが当日したフン画像をUpします。もし、特にこのような黒フンが出たら素人では
対応難しいかも知れません、と言う事でよければご覧下さい。

きれいなものではないので、苦手な方はここで切り上げてくださいm(_ _)m

anji0224.jpg
病院から戻って羽繕いしててダース・ベイダーになってしまったアンジー・ベーだ

長々と最後までお付き合いいただき有難うございました。

全てのインコ・鳥が適切な治療を施され末永く生きられますように




では


フン画像

s-anji_0224.jpg
朝、一番で見たフンです。白いの(尿?)と水しかない

s-P1050965.jpg
病院から帰る途中でしていた黒(というか緑黒)フン。
出血していたのだろう、と推測できるそうです。

ご覧頂きありがとうございました。

タグ:中毒

あんじの中毒症を振り返る・1

あんじが今年の2月(2012・2月)中毒症を起してしまいました。
その時のことを記録として書きます。長くなるので2回に分けて上げて行きます。

前日の夜、あんじはいつも通り飛び回って遊んでいました。


2月24日の朝。
お休みカバーを開けてすぐ、あれ?お尻が汚れているなと思いました。
やや丸まっているようで、白い(尿のみ?)のフンをしていました。

カゴを開けても前に来るだけで出てきません。
指に乗せてみても
目が潤んでいて
目をつぶったりして
指の上でじっとしていて遊び場へ飛んでいかない。

決して大袈裟ではなく『恐怖』を感じ、どうしても拭えない。
すぐ獣医さんへ電話をしました。

保温の温度を上げたら多少動くようになりました。
ゆるいフン(もしくは下痢)ですが餌は食べていました。
この状況でも餌を食べるのだな、と医者へ行く準備をしながら思いました。

小鳥は進行が早い。小鳥は具合の悪いのを隠す。今まで飼育書、ネットで読んだことが反芻されます。

ネットで見た中で、亡くなる割と直前まで食べていた子もいました。
放っておけば、あんじのような状況から食べなくなるまではあっという間
食べなくなったら・・・。その期間が人間にとってはあっという間、ということなのでしょうか
具合の悪いのを隠すのではなくて、ギリギリという状態を指す範囲は広く
そこから限界に達するまでのスパンは異様に短く、人間には気付く間もない、とも言えることなのでしょうか?

病院に到着し、あんじを診察してもらいました。

診断結果は何かしらの有毒物質による中毒症。
何かを食べたとか、空気中の有害ガスを吸ったなどが理由でしょう。

フン、そのうに異常なし。
ただし、そのう(液)が白くなっている。フン尿成分ではないか。消化もうまくいっていない。
溜まっているのでフンにして出さないとならない。

白血球が増えている=腸内で炎症が起きているのだろう。
この後吐いたり、黒いフンをするかも知れない。
中毒は神経に廻ることもあり、要観察でいるように、と言われました。
諸事情あり、これは出来ませんでした。

炎症止め
消化剤
抗生物質
ビタミン剤(乳酸菌) を処方され帰宅しました。

中毒の原因。思い当たることは2つありました。

続きます

s-anji0224_01.jpg
病院から戻ってきたあんじ。朝より少し元気になっていました。
お尻が汚れていたのを気にしていて、しばらく毛繕いしていました。

タグ:中毒

通院カテゴリーについて

インコにも日々の体調の変化があります。

すごく元気の日もあればお疲れモードの日、明らかな体調不良の日があります。

そして、インコも病院へ行きます。

ここのカテゴリーには三姉妹が通院した時のことを書いていくつもりですが
その中には私の考察・憶測も多分に含まれます。

皆さんのインコちゃんが体調不良に陥ってしまった時
どうするか?の最終的なご判断は飼い主さんに委ねられています。

食物のことも健康管理(というほど大層なことはしていない)のことも
書いて行くとは思いますが、飼い鳥にとってそれらは
最終的には全て飼い主さんの判断、意思決定によるものです。

どうぞ、これらの記録は私のまだまだ模索中の飼育の中で起きた事であり
それに基づく完全に個人の考察・見解であることをご理解の上、ご覧下さい。

路傍家の三姉妹含め多くのインコちゃんが大好きな飼い主さんと
いつまでも末永く一緒に過ごせるように切に切に祈っております。
3sis.jpg
左)ゆずのよくやる寝姿。みどりあかねでは余り見かけません。2羽がやったら体調不良を疑うかも?
中)みどり。吐くような仕草をした(後で考えたら気になることが)夜。結局わからないまま
右)あかね。ある朝、突然具合が悪くなり医者から帰ってきた直後。おしりが汚れているのを気にしています

毎日をいつまでも

夜の部放鳥
s-P1070018.jpg
あんじはみどりのカゴにいます。
誰がどこのカゴにいても意外と大らかな三姉妹。

後から出たあんじは
s-P1070036.jpg
iPhoneでゲームをしているミーシャン(姪:インコ大好き)を邪魔したり
s-P1070011.jpg
本を読むかな~と思うと本に乗り
じゃぁ他のことしようと思えば
人が手を出すとこ出すことしゃしゃり出て邪魔したり

邪魔したり、邪魔しまくって、邪魔しかしなかった(笑)
インコが変わらぬ毎日を送れること、送らせられることは本当に幸せなことです。
この毎日がいつまでも続くよう力の限り頑張らないと。

全てのインコ・鳥が変わらず毎日を楽しく暮らせますように。暮らさせることが出来ますように。

指を鍛えよう

ぎゃぁ部屋にバッタが入ってきた。
midomushi1.jpg
みどりだってば
midomushi.jpg
この中にオーツ麦を仕込んでフォージングの真似事をしています。
midomushi2.jpg
頑張る38g


同じポーズでも30g(2月当時)がやると
anj leg2
若干軽やかに見えます

最後に
s-anji leg
あんじの脚がみょーんショット。

獣医さんによるとあんじは指の力が強いそうです。
脚の力じゃなくて指の力なのか。そうか、そうだよね。と妙に納得したのを覚えています。

全てのインコ・鳥があしをみゅーんとやって可愛く過ごしますように☆

真ん中っ子・ゆず

ゆゆたんが小さいとき、路傍家ではゆゆたんは♂だと思っていて
しばらくゆゆたんのことを「ゆゆ太郎」「ぼく」って呼んでいました。
PAP_0200.jpg
ゆゆたんが家に来て1ヶ月ちょっとの頃です。
鼻(ろう膜)が青く、つるんとして見えた。(←種類によりますが♂のろう膜はツルリンとしてるようです)

そして、餌を自分の口からあげるような仕草を何度も何度もしていたのです。
みどりの婿鳥。そう思いました。

が。

ゆずこ、まごうことなき女子でした~!
s-P1060857.jpg
みどりの妹鳥。あっさりと方針転換です。

♀同士でも餌を上げる行為はするにはするようです。
ウチは今でもやりますが、特に小さい時は。

気を引きたいとか。遊びたいとか。
ゆゆたんなんて興奮しちゃって口から餌をパラララララ~!と出したことが何回かあります。
(そういう時の餌はパラパラで無臭です)

最近、ちょっと気になる記述があったのですが
♀が餌を上げる仕草をするのは母性本能があって
相手を雛と仮定していると。

え?と言うことは?

ゆゆ母さんとみどりベビー?
s-P1060959.jpg
育雛中のゆゆ。見えなくもない。雛が初々しくないのが残念です…!
(口の中には何も上がってないことがほとんど)

s-P1060713.jpg
みどり、あかねに比べると目に見えるヒトへの懐き度は正直低いです。

みどりは先住鳥。
あかねはその大胆な行動で注目を浴びる。

ゆずはウチに来たとき、具合が悪くて毎日掴まれては(その頃は保定が下手だった)
薬を飲まされの連続でした。
その上、真ん中っこになってしまったゆゆは、自分だって人間に甘えたい
そんな気持ちを出すのが下手なのかも知れません。
今、いじけてるな、とすぐわかるゆゆたんは
人間側の、自分(ゆず)に対する態度への感受性は一番高いのです。
s-P1050581.jpg

ゆゆたん、毎日楽しいね。これからもずっと楽しく幸せに暮らしましょう。
気持ちが悪くて元気が出なかった日々が嘘のようだね。
そうだ、あれは嘘だったんだよ。今が本当のゆずの暮らしなんだよ。

全てのインコ・鳥が楽しく毎日毎日楽しくて、幸せに暮らせますように。

タグ:若鳥の頃

あんじ北関東の姫目指す?

あんじは大好きんが文字通り大好きなので
(大好きん=小鳥用乳酸菌)
s-P1060779.jpg
フタが閉まってたって食べたいわけです。(この左足ッ・・・!反則・・・!)


s-P1060781.jpg
でらっしゃー! (持ち上げた?!)
s-P1060784.jpg
ふん! (放った?!)
s-P1060785.jpg
ふは (勝ち誇った?!)
s-P1060786.jpg
ふははは (え?!)
s-P1060787.jpg
ぶはははは~! (歩いてどこへ?!)
s-P1060788.jpg
はははは~!あ~はっはっはっは~! (・・・)
s-P1060789.jpg
今日はこのくらいにしてやんヨ

すみません。
考えもなく勢いで前日にネタを引っ張り、
自分で自分に無茶ぶりしてしまうなどど言う無謀行為はもうしません(´;ω;`)


これとは別の日に大好きんが有り得ない場所に転がっていた、というプチ事件があったのですが
どう考えてもあんじが大好きんを咥えたまま、飛んだとしか思えない・・・

あんじ、恐しい子・・・!

【憶測ですが】あんじは他の2羽に比べてゆるいフンをすることが多く
大好きんをものすごく好きなのは、自分に必要なものを
無意識に判別し摂取しているのか、と思ったりします。

あと、大好きん、ヒトにとっては「無味」でした。(甘いかと思ってた)

全てのインコ・鳥が毎日面白いことを見つけて楽しく暮らせますように

姉さんだもの

ヒエ穂食べてます!
s-P1060572.jpg

どりちゃーん、おいしいかー
s-P1060576.jpg
どりはいいコなんです(ゆずもだけど)


10minute later・・・


s-P1060604.jpg
いつものことですがこんな感じになってしまいます


さらにもう10分後・・・


s-P1060581.jpg
どりよ、なぜ下に?
s-P1060583.jpg
なぜそこから美味しい顔を?


一方常に「お一羽さま」のこのお方。
kekeke.jpg
この不敵な笑いの意味は?誰をボコボコにするつもりなのか?

続きは明日!(続くのか?)

全ての鳥・インコが群れの仲間とのんびりと、食いっぱぐれなく過ごせますように。

今回の写真は6月上旬撮影分です。今はもっとツクってます

タグ:穂いろいろ

インコケーキ

みどゆずも換羽突入し徐々にチョリ毛が生えてきてます。

☆チョリ毛=筆毛のこと。見てるとチョリチョリほぐしたくなってしまう☆

去年(2011)の今頃、姪のミーシャン(実は三姉妹の本当の飼い主?後々登場予定)が
バードケーキを作りました。その時のケーキです。
s-CIMG0385.jpg
追記:レシピは覚えていないのですがとりきちさんのブログだったかと思います。

みどりがすごい食いついて写真がブレブレ。うまく撮れなかったー!
s-CIMG0371.jpg
ゆゆはまだ子どもだったのであげなかったのかな?
それとも自分で食べなかったのかな?写真が見当たらない。

この後からツクツク頭になっていくみどり。
PAP_0096.jpg
バードケーキから2週間後

初めて剣山みたいになった頭を見た時はビックリした。
それがインコの仕組みなら仕方ないのだけど
しばらくお疲れモードが続いて可哀想だった・・・

また今年もそうなっていくのかな?

栄養とろうね。ミーシャンがまた作ってくれるって。
タンパク質とアミノ酸getしませう。
s-CIMG0375.jpg
齧りがいのあるケーキだったよねー!

全てのインコ・鳥もしっかり栄養とって無事に換羽を乗り切りますように。

タグ:換羽

つばめ師匠

ちょっと前の写真なのですが
s-P1060662.jpg
つばめ先生がまた路傍家にやってきました。

s-P1060659.jpg
新入りのあんじです。どうぞよろしく。

2010_midori and tsubame
2年前の同じ頃はこんな光景も。
みどりがまだ一羽インコだった時、うちに来て半年経った頃です。
物干しの端につばめ先生が止まってるのわかりますか?
当時はインコの飼育とは?なんて考えたこともなく可愛い可愛い、それだけだったな。
しかし、みどりこの顔は一体(笑)

みどりが家に来た夏くらいからつばめ師匠も来るようになり
みどりはつばめ先生を窓からいつも見ていました。

この頃からみどりの飛行が格段に上達し
つばめを彷彿させる飛び方をするようになったのです。
みどりに飛び方を教えてくれた師匠、先生なのです。

今年来た先生はみどりの師匠の子孫でしょうか。
これからも三姉妹が末永く師匠の血を引くつばめと会えますように。

全てのインコ・鳥が巡る季節をその寿命の限り味わうことができますように。

タグ:若鳥の頃

寝る前にちょっとだけ

どりゆず
s-midoyuzu.jpg
s-midoyuzu2.jpg
ロンパースをはいたドリ。

s-anji1.jpg
s-anji2.jpg
あんじ。

今日は仕事の後ちょっと出かけてしまったので放鳥夜の部それぞれ5分ずつのみ。
(あんじはカゴに入るのを断固拒否し5分超えた)

ごめんね

全てのインコ・鳥もゆっくりお休み・・・明日もいい日になるように

空気など読まぬ

みどり&ゆずとは別放鳥のあんじ。
自分から近づいてはインネンつけまくる。当たり屋インコ。

s-IMG_1656.jpg
ゆゆたん、かなり本気で怒ってしまった。
気を鎮めてもらおうと、あんじに向こうに行ってもらい
ゆゆたんにカナリーシードをちょっとあげたのですが。

顔を上げればあんじ。
s-IMG_1657.jpg
s-kakudai (2)
飼い主の気遣いが無になった瞬間。

もうお休みの時間なのでお休みカバーをみどり&ゆゆカゴに掛けました。
あんじも寝ますよ。
~本日の路傍家のインコの営業は終了致しました~

おまけ。
s-IMG_1611.jpg
あんじがフリーダムすぎる件

全てのインコ・鳥がフリーダムで居られますように

お休みの日の三姉妹・朝・3

ひとっ風呂浴びてスッキリ!のゆゆたん。

s-P1060753.jpg
だけど、やっぱり姉さんが。
ゆゆた~ん。うしろ。うしろ!
s-P1060755.jpg
案の定追い払われ
s-P1060766.jpg
妹のカゴの上に緊急避難。様子を見ることに。


s-P1060761.jpg
とりあえず大丈夫そうだと自分のカゴの上に戻りカキカキ。
s-P1060770.jpg
そんなに寄ってたかってギャアギャア言うなら近くに行かなきゃいいと思うんだよね。
s-P1060771.jpg
と、いくら言っても姉さんのそばへ行く。

みどりとゆずはつかず離れず、ケンカしたりまったりしたりしています。
あんじは同時放鳥が今は難しい。

なんということのない朝でしたが、この小さいインコたちの何に惹きつけられてしまうのでしょうか。

全てのインコ・鳥がなんていうことのない朝を明日も迎えられますように。

お休みの日の三姉妹・朝・2

水浴びでもしますか

s-P1060744.jpgs-P1060746.jpg
s-P1060747.jpg
ゆゆたん怒られちゃったよ!

s-P1060750.jpg
姉さんはお腹が空いてカゴに戻り朝食中。その隙にゆゆたんも水浴びできました。

普段はゆずの方が強いのですが発情だの換羽だのからむと、みどりも強い・・・!
う~んセキセイ女子か。これが。

すみませんもう少し続きます

タグ:水浴び

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。