路傍家のインコ


みどり
2010.01.02お迎え
ゆず
2011.03.31お迎え
あかね(あんじ)
2011.09.27お迎え


るみ
(旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました


ツイッターやってます Twitterブログパーツ
のぞいてみてね


ご用の際は

■拍手ボタン (メッセ機能あり) ■twitter ■メールフォーム
からどうぞ


【基本リンクフリー】
ブログ及び記事
ただし動物ブログのみ。
設置も解除もご自由に。
写真のみの使用はお断り
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

おもちゃ 採食活動 換羽 シード ろう膜 動画 果物 穂いろいろ お薬 若鳥の頃 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 ハーブ 破壊活動 まつ毛 中毒 

A day of Budgies
06 | 2012/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives
検索フォーム
素敵インコブログ
メールフォーム
ランキング参加中
にほんブログ村 鳥ブログへ
RSSリンクの表示
おぼえがき
ブログ開始から
まさかのスピンオフblog?
どりづくし

一体だれが?いつの間に?

おはよう&おやすみ



ゆずも自分から出てくるようになりました。

s-P1070103.jpg
あんじも飛び回ってます!

今日は、仕事から帰ってくるのが遅かったのです。
家族も出かけていて、インコたちは暗闇にいました。
中途半端な時間なので、そのままお休みカバーをかけて寝てもらおうとしたのですが。

みどりがピロピロッっと小さな声でずーっと鳴いていました。
s-P1070139.jpg
じゃぁ、ちょっとだけだよ、とみどりだけちょこっと。(甘い)

ミーシャン(姪)と遊ぶみどり。ミーシャンのことが大好きなのです。
s-P1070134.jpg
一羽インコだった頃を思い出しちゃうね!

全てのインコ・鳥が楽しい思い出を作れますように。

おやすみどりzzz
スポンサーサイト

あんじの中毒症を振り返る・2(画像あり)

~続きです~

その日の夕方には元気を取り戻したあんじ。
でも3日くらいは放鳥も控え、いつもよりはちょっと大人しかったような。
(いつもハイパーなのでそれくらいで普通な感じもしましたが)
1週間後に再診し、異常なしでホッとした次第です。

最初の診察の病院からの帰り、あんじは黒フンをしていました。

黒フン=腸内からの出血有りのサイン。
余り良い状態ではない。フンを体内に溜めていても仕方無いが出血は良くない。

とのことです。
白血球の数が増えていたので炎症が起きていたのでしょう、という事でした。

原因についてですが

前日夜、あんじは私のリップクリームを舐めてしまいました。
他の2羽に異常が無かったのでこれかと思いネットで調べたのですが
どうもこれらの成分では中毒症状を起こすような物質はありませんでした。

次に考えられること。

しばらく家の裏で道路工事が行われていました。
先生にも「近くで道路工事をしていませんか?」と聞かれました。

工事期間中、現場側の窓は締めていましたが、離れている方の窓は開けていることもありました。

みどりもゆずも何とも無かったのですが、中毒症の感受性には個体差があるそうです。
(みどりには後から気になることがあったのですが)
あんじは子供で、時期もまだ寒く抵抗力が他の2羽に比べ無かったようです。

今となっては確実な原因を知る術も無いですが、家にはインコがかじるような金属もなく
おそらくこの道路工事(アスファルト?)ではないかと思っています。

「あんじ、危なかったねー」とすっかり軽口もたたけるようになった時
その頃に撮った写真を見てて、「?!」となりました。
みどりが吐き仕草をしている写真があったのです。

あんじが具合が悪くなる3日くらい前でした。
自分でその写真を撮影していました。
1回、多くてもせいぜい2回だったので特に何もしていなかったのです。

この後から今までそういう仕草は見ていません。
もちろん因果関係はわかりませんが、あんじと同じ原因であると考えてもおかしくはない。
その事をすぐに思い出さないなんて!

例え3羽でも多頭飼いをしていたら、1羽が具合悪くなったらすぐに他の子にも何かあったか
考えなくてはいけないです。感染症の場合もあるし。

私はあんじがどのキャリーで病院に行ったのか、この記事を書くまで思い出せませんでした。
気は動転してても、しっかりするところはしないとなりません。


ともあれ、あんじが無事で何よりでした。
炎が目の前でどんどん小さくなっていくような、あの恐怖感は理屈ではなく
まさに動物的カンでした。(表現がおかしいですね)


そして、
あんじが当日したフン画像をUpします。もし、特にこのような黒フンが出たら素人では
対応難しいかも知れません、と言う事でよければご覧下さい。

きれいなものではないので、苦手な方はここで切り上げてくださいm(_ _)m

anji0224.jpg
病院から戻って羽繕いしててダース・ベイダーになってしまったアンジー・ベーだ

長々と最後までお付き合いいただき有難うございました。

全てのインコ・鳥が適切な治療を施され末永く生きられますように




では


フン画像

s-anji_0224.jpg
朝、一番で見たフンです。白いの(尿?)と水しかない

s-P1050965.jpg
病院から帰る途中でしていた黒(というか緑黒)フン。
出血していたのだろう、と推測できるそうです。

ご覧頂きありがとうございました。

タグ:中毒