路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
02 | 2015/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おぼえがき
ブログ開始から

インコが1羽から2羽になって その3

うちのインコに関して言えば
インコが1羽から2羽になって
ヒトのところに来てくれなくなる問題、それは当たっていた。

s-CIMG0424.jpg

だけどそれはインコの行動の選択技が広がったことを意味していた。

鳥同士で遊ぶか、自分で遊ぶか、鳥と人間で遊ぶか、相手の鳥は何をしてくるのか、
構われたくないのに構われる、
食べてるものを狙われる、楽しそうなことをしてるから見に行こう、気に入らないからつついてやろう。
眠くなった、心細い、鳥と一緒にいよう。

みんな鳥が決めて鳥が動く。
飼い主の鳥に対する受け止め方も自然に変わっていった(と、思う)

鳥が引き出す新たな鳥の一面に比べたら
鳥が来なくなると寂しいという気持ちなんて小さなことだった。
今だからそう思える。


以上、主に飼い主側から見た1羽→2羽への記録でした。
実際はもっと鳥の気持ち、相性や性別の問題だとかあるはずで一概に言えることではありません。
小さい頃から鳥と触れ合っていない自分が、鳥を飼ってから
自身に起きた経験のひとつです。

そして時は更に流れ現在
s-IMGP0871.jpg

ヒトのところに来てくれなくなる問題はそうと言えばそうだしそうでもないと言えばそうでもない。
ヒトのところにも来るし、鳥とも遊ぶ、インコは好きなようにしている。

みどりは、一時期来なくなったときが確かにあった。
あったけどまた以前のように来るようになった。

ゆずはそう積極的ではないけれど気が向けば来る。
あんじは鳥に相手にされなければヒトのそばで時間をつぶすこともある。

1羽から2羽になるときに色々不安でネットも本も読んだ。
自分でそうだったからわかるけどおそらくその時知りたかったこと、
今回のこの記事でも書けていない。

これから同じように思っている人がこのブログも見つけるかも知れないけれど
どこにも答えなんてないと思う。

鳥も一羽一羽みんな違うし、飼い主も違うしお互いの気持ちもある。
(異種飼いをするなら更にもっと色々ある)

s-P1030830.jpg

あえて今、言うことがあるとすれば。

(自分が管理できる羽数前提で)
毎日お世話して遊んでたら忘れちゃうよ、そんなことは。
鳥が遊ぶ、食べる、小競り合いをする、毎日を生きている、そんな姿を見ていたら。




まさか3つに分けるほど長くなるとは思いませんでしたが
ここまでご覧頂き本当にありがとうございました。

全国の鳥・インコちゃん&飼い主さんに幸あれ。

にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ インコと歩む日常へ
インコと歩む日常





スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

タグ:若鳥の頃

1羽インコから2羽インコへなる前となったあと その2

1羽インコから2羽になって  続き。

次のインコを迎えてみどりがヒトの所に来なくなるのは嫌、
そしてショップの衛生状態に躊躇しながらも3月31日にゆずを迎え
発育不良やマクロラブダス(AGY症)のため、しばらくは別の部屋で過ごしたあと

2011年5月2日
PAP_0213.jpg
みどゆずは対面を果たした。

今では当たり前のことだと思えるが
みどりが一直線にゆずのところへ飛んで行ってしまい
やっぱり鳥は鳥がいいんだなとなんとも言えない寂しい気持ちになった。

みどりはみどりと思い込んでいたが
その前にセキセイインコという生き物だった。
それを自覚した最初の時だったのかも知れない。

具合が悪いこともあって快活ではなかったゆずだけど
s-PAP_0190.jpg
2011年5月
PAP_0191.jpg
他のインコと同じように楽しいことが好きだった。

みどりのあとをついては遊ぶようになった。
s-P1030017.jpg
2011年5月

みどりと言えばゆずのことはとても気になるけど
今まで自分だけが可愛がられてたところにゆずが来て
気になるけど気に入らない。そんな心境のように見えた。

この頃の写真はむくれ顔が多くて
s-P1030030.jpg
2011年6月
今でこそゆずあんから監視されてるみどりだが、最初に監視活動を始めたのはみどりなのだ。

ゆずを指に乗せて話しかけているときに
上から飛んできてゆずの頭を両足で踏みつけ飛んで行った。
初めて見たそれは衝撃な光景だった。

あの可愛いみどりが、病み上がりの小さいゆずにこんなことするなんて!!

セキセイインコはやりますよね、と獣医さんに言われて驚いたけれど
こんな小さい頭でも色々な感情がある、嫉妬があったって当たり前。
戸惑いだってある。
それを今まで見る機会がなかっただけだ。

みどりだけじゃない、鳥はとても感情豊かな生き物だ。

よく見るとゆずの目の周りが赤い
s-CIMG0405.jpg
(ゆずに栄養つけなきゃと色々食べさせていたらみどりが一気に太ってしまった)

ろう膜の上が赤い
s-PAP_0161.jpg
みどりもこの頃は今のようにスルーするでもなく思いのままにしていたようだ。
ゆずをつついたりしていたらしい。

余談だがこの1年後にゆずに突かれたのか?みどりが目を赤くしていた。
(写真は2枚とも2011年6月)

7月になるとこんな光景も目にするようになってきた
s-CIMG0439.jpg
ゆずはゆずだった。やられっぱなしではなくなった。

その3に続きます

にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ インコと歩む日常へ
インコと歩む日常




テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

タグ:若鳥の頃

わらわがいないときの話だから





あ「このところ全然わらわが出てこないではないかっ!」

あ「どういうことじゃ!わらわあってのろぼうのぶろぐであろうっ!」

わらわがまだ宇宙の塵だったときの話をしてるんだよ

あ「なにおぅ?!いみのわからんこといいおって」
s-IMGP0790.jpg
あ「ちゃんちゃらおかしいわー」

時間がなくなってしまったので繋ぎにあんじを置いてみました。

姉さんズはとっくに撤去したのに
まだ保温器具を背負ってるあんじです。

でも最近30グラム→32グラムになり気温上昇を実感します。

本編戻ります~

にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。