路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
メールフォーム

twitter @yuk_i25
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
03 | 2016/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おぼえがき
ブログ開始から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インコそれぞれ

「無理無理。こんなんできる訳ないじゃーん」
と3年以上しまいこまれていた3つのたから箱。

その後、セキセイインコでもフタをあける子がいると知り
引っ張りだしやってみたのが2014年、秋。

そして今では


(このフタのついた木製のおもちゃが「3つのたから箱」)

よいしょっと!

あんじだけは開ける

開けて食べようが入れられたものを食べようが同じことだと

食べ物を早く入れてと待機しているゆずさん

オーツ麦を入れた容器のフタを開けると

更にペットボトルのキャップあり

やだ飼い主性格悪い!byあんじ (妄想であって欲しい

咥えて


なぜかたから箱にささげる


ほじくりだせるところを探す

キャップをどかすこと自体は楽しい訳でもないらしく
(それは飼い主の動機づけの問題なのだろうか?)
キャップをどかさずに食べられるならそれに越したことはないようです。


キャップをどかすくらいのことはできるかなと期待していましたが

地蔵


地蔵


麦を食べ易くキャップに入れ見えるようにしても

地蔵

やっぱりこの姉さん行動が怪しい

この姉さんのこの顔!

わかってないとはどうしても思えない。
でもいつも何もしない。そしてご飯だけは取りに来る。必ず。
他の鳥が出したそのご飯を。

フタをあけてみたものの
何も入っていなかった!(23秒)
向かって左側は作りがゆるくてあけてもあけてもフタが落ちてくるのを知っている。

別にいいやと飛び去ってしまいました。

それにしても姉者たちよ…


にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活


スポンサーサイト

テーマ:ペット用品・グッズ
ジャンル:ペット

タグ:採食活動 動画 おもちゃ

鳥さん用支援物資など(4・24追記あり)

この記事はしばらくTOP固定しておきます。
追記(続きを読むボタン)からご覧ください

編集や追加はわかり次第行っています(4・19)

4・24追記
鳥餌は無事現地到着しているそうです。
*拡散希望3*【熊本地震】鳥さん用支援物資の入手場所(2か所)について

被災者である熊本獣医師会の先生方も
診察や開院準備の合間に巡回やペット相談などもされているようです。

物資は徐々に回復してきているようで当面のフード等は大丈夫なようなのでTOP固定は外します。

ペットと一緒に暮らす人、動物好きな人、そうでない人にも一日も早く日常生活が戻るよう願います。

続きを読む

テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

そしてアマゾネス(追記あり)

追記:こちらの記事をあげる前に熊本県で大きな地震がありました。
環境省ではペットの同行避難を推奨しています。

災害時におけるペットの救護対策ガイドライン
(クリックで飛びます)

実際難しいこともあるかと思いますが、どうかペットも飼い主さんもご無事で。

鳥は保温など扱いが哺乳類とは違うこともありますが
同行避難をスムーズに行えるようにしていく為に
普段から鳥犬猫もキャリーには入れるようにしておいたり、犬ならしつけをしておく。
鳥・犬猫共通して「社会性をつけておく」ことが
こう言うことが起きた時には大事なのかと思います。
もちろんこれ以上起きて欲しくはないですが…

追記終わり



前記事「ゆずをお迎えした日」多くの方にご覧頂きありがとうございました。

お迎え後、私の看護のまずさも一因となり29グラムあった体重が
一気に23グラムまで減ってしまいました。
皮下輸液を注射され「あとは体力(運?)次第」と言われてしまったのですが
その後ものすごい勢いで盛り返し盛り返し過ぎ、もういいよというほど今ではすっかりゆずさんとなりました。
羽もけしからんほどモフモフしており体重が増えるとちょっとした毛玉になることも。

あの華奢で、か弱い子インコはどこへいったのか
今、私の元にいるのはまるでアマゾネスのようなふてぶt・・・堂々としたインコ。

そんなアマゾネスゆずさんをご覧下さい。

s-IMG_0197.jpg

どういうことって

こういうことだよ!
s-IMG_0198.jpg
その、そのうはなんだ?!

そのうなのか?メイカンか?キノウか?
s-IMG_0199.jpg
わからないから単語を適当に並べたYO!

まるでトリごとのように
s-IMG_0200.jpg
(他人事のつもり)

みどりとあんじが2羽で遊んでるぞと監視中
s-IMG_0201.jpg
あんじにみどりが追いかけられて「見てるなら助けろ!」という状況でも

ゆずさんは監視を続けるのみ。

ゆずさんがその羽を使って飛んで突入すればいいんだよ!
s-IMG_0202.jpg

着地失敗なら多数あるが
あえての突入などあまりそういうことはしないゆずさん。

今日もみどりを監視する
s-IMG_1820.jpg


ヒトにたいして愛想はない
s-IMG_0302.jpg
普段愛想がないものだからヒトに止まるとヒトは喜ぶ。
但し「潜りた期」にしか止まりに来ない。頬や耳には要注意。

可愛いだけではないのだよ
s-IMG_1800.jpg
可愛いだけでは!

でも食べもの持ってるヒトは大好き
IMG_2033.png
みどりがとうもろこしを食べるまで生後1年半かかったというのに
半年で食べたゆずさん。

このままみどりと楽しい飼い鳥ライフを送れるかと思っていたのに

思わぬライバルが現れた!
s-IMG_2039.jpg

えーと。見たままです。
s-IMG_3342.jpg
そう青いあいつがやってきた。

でも気が合わないということもなさそうで

みどりにうざがられた時には

一緒にほとぼりが冷めるのを待つ。

そんな感じで今では普通に楽しく暮らすゆずさんなのです。

ゆずさんのお腹で今日はさよなら。
IMG_4848.jpg
意味がありそうでないこの青模様。

写真は2015年の6月と10月のmixです

にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ インコと歩む日常へ
インコと歩む日常


テーマ:小鳥大好き
ジャンル:ペット

ゆずをお迎えした日

2011年3月29日
その1年ちょっと前にみどりを迎えたホームセンターのペットコーナーへ行った。

なんども書いているが2つの水槽に一人餌になったばかりであろう雛がわらわらいた。
水槽にはそれぞれ「ノーマル」「スパングル」と剥がれかけた手書きで書かれた紙が貼ってあった。

行ってみて驚いた。余りにも不衛生になっていた。帰ろうと一緒に行った姪に言ったけれど
どうしても2羽目のインコが欲しいと言い張る姪は帰らないと言う。

その時はすっかりみどりを溺愛していたのでこんなところで買ったらみどりに病気が移ってしまう。
そう考えていた。

そうは言っても雛は愛らしく見入ってしまった。中雛になりかけているのかみな大きく元気だった。

一際元気で緑色の子がいた。顔を近づけると自分から寄ってくる。愛想がいい。

その向こうにじっとして動かない2羽のインコがいた。
他の子に比べると小さい。水槽の中で一番目と二番目に小さいセキセイインコ。

当時みどりが可愛いそれだけで他に何も考えていなかった自分は愚かにも
その一番小さい雛がいいかな?と一瞬思った。
日本人の悪い癖と言うが「動物は小さければ小さい程いい」という諸悪の根源とも言っていいこの思想。
私にもそれがあった。

でもやはりこの環境でみどりの同居鳥となる鳥を迎え入れることはできないと思った。
飼育書にも書いてある、移る病気を持っている鳥はいると。
2羽目を飼うのも想定してなかったしなんとかなだめすかして姪を連れ帰った。

一日おいて3月31日。
春休みだった姪は私を見るなり例のホームセンターに連れて行けと言う。
しぶしぶ、いや自分も好奇心はあった。
そしてまた買わずに帰ってくればいいと出かけて行った。

2羽の小さな雛がいた「スパングル」の水槽をみた。
おとといと同じように元気なインコたちわらわらしていて
やはり緑色の子が寄ってきた。
しかし一番小さな雛はいなくなっていて二番目に小さかった雛だけがじっとしていた。

みんな元気で暴れている中、その雛はなんとか動いて他の子がさんざん
食べ散らかしゴミだらけになったすっかり冷めたふかした粟玉を食べようとした。
元気な緑色の子がこちらに寄ろうとしたのか、それとも食べるのが気に入らなかったのか
その二番目に小さい雛の頭を両足で蹴り、雛は食べるのを諦め保温器具の上にポツンと乗った。
そこにいればちょっかいは出されないのだろうか。

いくつかのやりとりのあと結局その雛を連れ帰ることになった。

その場で姪はその子を「ゆずちゃん」と呼んだ。
グレーじゃないの?なんでゆずなの?と聞いたら

「頭の色が黄色だよ」と言った。

グレーのインコに見えていた。私にはわからなかった。

どうやってみどりを守ればいいのかそればっかりだった。
メガバクテリア(マクロラブダス症)のことは知っていた。
いや、関係ないからと飼育書の読み飛ばしていた部分を再度読んだのだ。
とにかく隔離して医者に連れて行っていけばいいんだ飼育書通りに。

その頃は医者に行けばなんでも大丈夫と思っていた。
鳥の医者になるくらいだから獣医もなんでもできて
小鳥がかかる病気くらいはなんでもないんだろうと思っていた、と思う。
意識してたかどうかは別として。

無知ではあった。そして世間一般の認識なんて今もこれに近いと思っている。

話が逸れるが
鳥を飼っていない人に心無い言葉を掛けられ傷つく飼い主さんは多いと思う。
自分がそうだったからわかるがだいたいにおいて悪意はない。ただ知らないだけだ。
なので自分自身はもし言われてもそんなもんだろうな、と思うだけだろう。
(現在はみどりの長期通院で、これはメンタルやられるなーと実感もしている)

とにかく「ゆず」を連れ帰ってきた。
s-CIMG0363.jpg

みどりのことを可愛いと思っていた路傍母が「ゆず」を見に来た。
そして何も言わずに戻ってあとでそっと私に聞いた。

「なんであのインコなの?」
私にもわからなかった。なんでなんだろう。

私はみどりのことばかり考えていて
「はっ?わたしみどりだけで良かったのにどうしたの?」状態になってしまっていたのかも知れない。
このインコの名前を呼べずについ「あの子」など言ってしまって何度も姪に

「ゆずだよ!」 と怒られた。

PAP_0243.jpg
ゆずだよ!

そう、ゆずだったんだよ。

ペットを同一化することなく擬人化し過ぎることなく
違う生き物として尊重しなくてはならないと教えてくれたのが

ゆずだった。


にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。





にほんブログ村 トラコミュ セキセイインコへ
セキセイインコ




テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

タグ:若鳥の頃

ゆずさんの華麗な受け流し

もしかして…

10秒あたりであんじが青いキャップを放り投げた時
(28秒)

ゆずに当たってた…?
なんてことはないよね?
いやさすがのゆずでもそれはないと思いたい。
当たってたとして黙ってるなんてことは

でもありそうだと思えて困る
(モグモグしてるのは落ちてたオーツを拾ったからです)

あんじのまわりをぐるぐるまわってみても。
当然わけてもらえない。

そんなゆずが目障りで攻撃しかけたあんじを
(30秒)
華麗な受け身でスル―!(16秒くらいのところ)

すごい!ゆずなのに!こんなことできるなんて。

意外にすばしっこいみどりとあんじに囲まれ
どん子なりに素早さが上がっているようです。
プラス『オーツ麦を絶対食べる』この執念。

あんじが見てない時に自分で瓶のフタを開ければいいのに。
なぜ、自らより厳しい道を選択するのか。

きみのぉーゆくーみちはー♪

そう言えば最近鳥友さんのうちに新しいインコちゃんが来たのですが
先住インコくんはいぶかしげなお顔をしている。(可愛い)

ゆずが来た時みどりがいつもむくれていたことを思い出す。
あんじが来た時は2羽はどうだったけ?

…どう…だったのだろう?(忘れた?!)



セミナーイッテキマス…
にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活


テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

タグ:動画 シード 採食活動

2016年1月の定期通院(みどり)

別に当たり前じゃない。
好きでやってる訳じゃない。
今はこれしか方法がない。そしてこれ以上の方法、対策にならないように祈っている。

病院へ通ってても穏やかに暮らしてる。
寧ろそのお陰で穏やかに暮らせているのかも知れない。
飼い主だけの力量でどうにかできるインコもいるけど
どうにもできないインコだっている。

あの小さい体に注射を打たれるところなんか、本当は見たくないけど目を逸らしちゃダメだと思ってるんだ。
インコは注射なんか嫌に決まってる。でも私はインコとできる限り長く暮らしたい。
だから嫌だろうな、と思っていても続けている。

それでも「もはやこれまで」という時が
もしいつか来たらその時は
無理せず運命に任せるつもりでいる。


2016年最初、1月の定期通院です。

前日か前々日に雪が降って風が冷たかったので保温(?)バッグで行きました。

スキップキャリーSがまるまる入ってチャックもできる。

今はなきソニー・エリクソンのロゴ入り2010年のワールドカップのノベルティ
と、いうことは気にしないで下さい。

出発します


以前は絶対NGだったカキカキが


キャリーの中ではOKになって


今(4月)ではカゴ越しでもOKになりつつあります。
なぜだろうとは思うものの余り深く考えずにカキカキさせて頂いております。

1月はみどりの腹圧(お腹の腫れ)が思ったより減ってないことに不安がありました。
やはり診察で指摘され、前回のリュープリン注射から1ヶ月たっていないことに
この膨れは脂肪ではない。
もしかしたらリュープリンの間隔が狭まったかもしれない、利かなくなっているかも知れない。
もしそうなら次の対策を取らないとならない。

そう言われました。
次の対策か。
発情も関係する体重が増えたり減ったり時期的なものだろうと私は思っていたので
深くは聞かずにリュープリンを注射して診察は終了しました。

恒例の診察後のお弁当粟穂

で、カキカキしようとしたら

怒られた

粟穂ひと粒口に入ってるよ!

風が冷たかったので

車の中から雪景色を鑑賞しました。

みどりのこの治療に至る経緯をまだ詳しく書いていないので
気掛かりなことがあります。
みんなやってるし、なんともなさそうだと思われていないかなと。
今はこの治療が当たり前なのではないかと。

リュープリン注射副作用は少なく、少ないどころかほぼ無いと獣医の先生方は言います。
確かにうちのみどりは見た目からはなんともないです。
注射後、2・3日後の効果が最大限になる時も吐いたりとかぐったりするとかありません。
換羽が来ればそれなりにだるそうではあります。

しかし同じ注射をしている他のインコちゃんの話を聞くと副作用が無いとは思えません。
重篤じゃないにしても体調をガタッと崩してから持ち直すこともそれなりに多いように思います。

どこで目にしたか忘れましたが獣医でも無い方が
「(発情からくる疾患には)ホルモン注射(治療)が効果的です」のようなことを書かれていて
何を根拠にそう言い切るのか多いに疑問です。受けさせている本人も試行錯誤なのに


少なくとも私にとっては簡単に決めた治療法ではありません。
お腹が腫れているのでは?と2014年1月に受診して実際に注射を打ち始めたのは4月です。
今時は治療方法として提案する先生は多いとは思います。
でも当たり前のことじゃありません。しないで済むならしたくないです。
悩んで悩んで飼い主が決めたことです。

ゆずのように時期が来て発情し決まった数の産卵をするだけなら
こんな方法は選択しません。
(だからそんな2羽を同時に見るのは心が痛い時もあります正直)

病院に行かずに穏やかに暮らせるならそれが一番でしょう。
でも行ってるからこそ穏やかに暮らしていられるかも知れないのです。
経済的なことだって私には楽ではありません。
それも含めて自分で決めました。
自分で決めることだからそれが当たり前かどうか?そんなことは関係ないのです。

私のせいでこうなったのかなと思ったこともあります。
でもみどりには私にもはっきり分かる発情行動はなかったし
産卵も未だにありません。
当時の自分に「みどりが微弱だけど持続的過発情をしている」と行きつけたとも思えない。
こうなって自分が悪かったと嘆いたってそこからは何も始まらない。
じゃあどうしたらいいのか、その時点でいいと思えることを選択するだけです。

みどりとできるだけ長くいたい、健やかなみどりと。願いはただそれだけです。

だから今、もし同じように悩んでいる飼い主さんがいるなら

インコの為には何がいいのか、インコはどうしたいのか?

そして

自分はどうしたいのか?

それをじっくり考えて欲しいのです。


外を見ながらご機嫌なみどりです

普段うるさくてしつこいインコと一緒にいるせいかたまに1羽になると機嫌が良いです。

どうしようもない考えがグルグルすることもありますが
元気なみどりを見ているとそんなことも吹き飛びます。


追伸:発情疾患治療にリュープリンを選択してもそれだけじゃダメで
食事量コントロールも大事ということです。



にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ
鳥の病気・怪我・病院


テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:リュープリン 動画

ゆるゆる

前記事のあんじのサンドバックは今までも何回か記事にしています。
そのうちのひとつがこちら

☆2013年6月7日☆

生後1年10ヶ月くらいですね。
今よりカンカンカンが控えめです。
羽齧りはその後ありません。



前記事であんじがご飯を忘れられそうになり焦ったと書きました。
(いや、飼い主が忘れそうになったと書くべきか)

私のせいで焦ったインコは他にも…


慌てて飛んできたゆずさん

この日、放鳥中にも関わらず15分くらいうたた寝してしまいました。

はっ!と目が覚めた時、インコはそれぞれ自分のケージに戻っていたので
「寝かせなきゃ…」と扉を閉め、みどりケージにカバーをかけ

ゆずケージにもカバーを掛けようとしたとき
黄色いインコがあんじケージから飛び出した。

黄色いインコがなぜもう1羽?←完全に寝ぼけ

黄色いインコならもう中に

青い
fc2blog_2016040523173188b.jpg
(しかも同じ写真を使う横着さ)


自分のケージにへばりつき

しょっぱい顔してにこちらを見ている…

いつも通りあんじケージに侵入し残りご飯を食べていたであろうゆず。
自分はまだ外なのに自分の家の門が締まろうとしている。
しかも侵入者そのままに。(ゆずも侵入者なのですが)

これも相当びっくりしたことでしょう。

そう言えば一度だけ朝、みどりカバーを開けたらみどゆず2羽入っていたこともあったっけ。
自分でやってることですがこれには私が驚いた。

いつもあーだこーだといろいろ書いているのですが結構ゆるゆる飼育です…

ゆるゆるゆるゆるゆる…



きっちりかっちりはあえて選択していない
あえてね(と言っておく)
にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ インコと歩む日常へ
インコと歩む日常


テーマ:セキセイインコ大好き
ジャンル:ペット

あんじのサンドバッグ

意外に思われるでしょうがあんじは静か。
呼び鳴きもそんなにしません。



お客さんが来ても「この子はおとなしいね」と言われるそうです。
(姉さんズは「すごいね」と言われるらしい、ですよねアハハ…)

自分の要求があってもそんなに鳴きません。
鳴かないけど

例:自分以外のインコがケージから出ている!!


わらわもだせー!!


だせだせだせー!!!

カカカカカカカカン!!

道具を使って要求を主張してきます!

あ「だってこれなら体力つかわなくてすむでしょ?」

鳴かないのは体力温存なのかな?と思ったりもしますが
こっちカンカンする方が余程体力使いそう^^;

幼鳥の頃からロープパーチは3日で破壊。
木製のテーブルも齧りつくそうとする勢い。

水入れも落とす。
餌入れも落とす。落とす落とす落とす。

落ちないようにクリップなどで抑えれば今度はそれをガンガンガンガン。

うるせー!!
そしてこのままじゃ落ちたシードがこぼれた水で発芽してしまう!

水入れは新しいものに変えました。

そしてそれまで使っていた水入れを”サンドバック”として掛けておいたのです。

初代”サンドバック”



光が飛んでしまったので写真だとわかりずらいですが傷だらけだし
あちこちが削られている('∀`)

人生で初めてみどり、セキセイインコを飼って
「セキセイはアクティブなんだな」と思っていた私は最初は何が起きているのかわからず
「こんなこともあるんだな」と思っていたのですが
今思えばこうですね。

「こんなセキセイもいるんだな」

それからだいぶ前ですがあんじは羽齧りしてたことがあり
原因は自分だけ姉インコと違う部屋に移されたことだと推測しています。
保温の関係だったのですがあんじにはわからないですからね。

あんじには何かストレス解消というか
自分の思っていることを発散させる何かが必要なのかなと思い
サンドバックはそのままにしたのですが
さすがに音がデカイ!

なので現在のクリップに変えたのです。

これも静かじゃないですけど。

クリップ形としては2代目のサンドバック
fc2blog_201604051418542ac.jpg
変えどきか…
ちなみに金属部分は口に入らないので大丈夫だと思います。

やみくもに音を立てることはなくて

自分で何か伝えたいことがある時にだけならします。


最近のことです。
朝のインコお世話が全て終わり立ちあがったら
あんじがものすごい剣幕でカカカカカン!と音をたてていました。
先に書いた通り何もないのに音をたてるなんて変だな
遂に頭が…?(オイ)と思ったらなんと!

あんじの餌入れがまだそこにありました。
セットするのを忘れていたのです。
あんじもさぞかし焦ったのでしょう、いつもより必死な音に聞こえました。


ごめんごめん^^;
関係ないけど換羽だから盛りまつげがでているね

ストレス解消にと置いたサンドバックですが
立派なコミュニケーションツールとしても活躍しています。

クリップ形は野菜挟んだりする時も便利ですし。
(素材には要注意ですが)



いつ何を書くかは風まかせ。
ゲリラ更新はまだまだ続く。
すみませんがお付き合いください。
にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。





にほんブログ村 トラコミュ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活




テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

わかりあう日はくるかな?

のっけから動画ですが(19秒)
オーツ麦の瓶のふたを開けるあんじです。

開けるといってもフタ閉めずに乗っけてあるだけなんですが^^;
本当に開けちゃうセキセイさんもいるんですよね、すごい。

あんじはあんじなりに

がんばります。


よっこいしょ


あんじは「フタを開ければオーツがある」と理解しているようですが
ゆずは「あの中にオーツがある」とだけ認識しているようで
手段はともかくなんとしても食べたいようなのですね。

そして考えた結果(考えてないかも)

乗る。

あんじ( ゚д゚)ポカーン

あ「そ、それじゃなかのむぎたべられないよ…?」

乗り続ける。


ゆずさん教えて欲しい。
ゆずさんが上に乗ったままどうやって瓶の中のオーツを食べるのか。

それはもうフォージングじゃなくてイリュージョンの域ではないか。

なぜあんじがフタを開けるのか
なぜゆずが乗ってしまうのか

この2羽の思惑が交差する日は来るのかしら?

あんじ、顔がやばいw

昨日、今日とやってみてものすごく早くフタを開ける(落とす)ようになりました。

みどりはそれを上からじっと見ていました。
怪しい…



一羽ぼっちじゃつまらない~
だれとでも仲良くなって 友達になろう~♪
にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ インコと歩む日常へ
インコと歩む日常




テーマ:セキセイインコ大好き
ジャンル:ペット

タグ:動画 シード 採食活動

ゆずさん5周年

記念日ではありますが淡々と過ごしていました。
何もないのもちょっとね、とオーツ麦をあげました。

オーツ麦ならいつも食べてるので目新しくもないですが
2日間で一気に2g体重UPしてしまい時期が時期なので控えたいのですが少しだけ。

ゆっくり食べられないように謎の物体を置きながら(酷)

路傍母のお友達が作ったロールペーパー入れ?
命名クララ(路傍姪が名付けた。海月姫という漫画に出てくるクラゲのクララに似てるから)

ゆずさんは気にも留めなかった!

さすが5歳!

クララの目はやばかったらしい!

睨みあうさすが鳥類!(イミフ)

PCで見ると横になってしまいましたが
もぐもぐ癖のあるゆずさんのモグモグ(11秒)

5年目も元気で過ごせて良かったね
あの頃のことはみんな悪い夢だったのさ
うちに来てからの方が長いんだから今がゆずの本当の鳥生なんだよ

これからもよろしくゆずさん


食べ過ぎだよ!!
あぶないあぶない。
そりゃあげれば食べますよね^^;

記念日だからと言ってインコには余り関係ない。
今日からもインコの食生活は引き締めないと、と誓うゆずの6年目。

(ヒトもな byゆず)


にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 愛鳥の記念日~バードメモリアル~へ
愛鳥の記念日~バードメモリアル~


テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

タグ:シード もぐもぐ 動画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。