路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おぼえがき
ブログ開始から

2013年5月 あんじ体調不良2

前記事続き

とにかく保温をして路傍母に何かあったらすぐ連絡をくれるよう頼み
そのまま仕事に行きました。
ここまでの経緯に今でも葛藤と言うか消化しきれない気持ちがあります。
書けなかったのはそれが理由です。
それについてはまた後から記述するつもりです。

5月15日(水)13:30
s-DSCN0406.jpg
思っていたよりは見た目良かったので安堵しました。

16:00午後の診察開始に合わせ病院へ。午前中に予約しました。
s-DSCN0407.jpg

病院では何か悪いものを食べたか、寒そうなことはなかったか
換羽かどうかなどを聞かれました。
小さな換羽はちょっと前にありましたが他には無いと答えました。

※実はこの時には思い当たる節がありました。なのにお医者に行ったら伝えるのを忘れてしまったという大失態がありました※

ちなみにあんじ、この時は前夜の吐きまくりで疲れているであろうに
診察室で飛び廻りました…

そのうにもフンの成分なのか水が上がっている&常在菌のバランス乱れありで
消化剤と抗生物質を処方され帰宅しました。

当日は夜には元気を取り戻し。と言っても放鳥は無しでしたが。

3日後には全快と言っていいくらい元気でした。
s-anzi5.jpg
s-DSCN0429.jpg
よくカードの上になんて乗れるね…

1週間後再診
s-DSCN0410.jpg
s-DSCN0411.jpg
出たがる。出ちゃダメ!

診察室でも飛び廻って飛び廻って
エアコンの上に行ってしまうわ暴れまくりました。
(先生妊婦さんですので私、とても焦りました)

そのう検査、糞便検査。行動(笑)。異常なしということでした。
ここで先生に先週伝え忘れた思い当たることを聞いてみました。

具合が悪くなった前の日あんじを放鳥しながら
私は出かける準備をしていました。
日焼け止めを塗って、よし、とあんじをカゴに戻そうと指を出したのです。
あんじは指を齧りました。5回くらい。

その時「あれ?これ大丈夫だろうか?」と思ったのです。
「山椒茶屋」(インコ漫画本。みどり1羽の時に飼育本としても読んでました)
でやはりインコさんが体調を崩した話があって思い当たることの一つに日焼け止めがあったのです。
(そこでは日焼け止めが原因と断言はしていません)

先生に前日のことを話したら
急に具合が悪くなってすぐ治ったということでは多いに可能性はある。
この時期(5月)窓を開けて過ごすことも多くなるが同時に外の空気
(道路工事やら…)で体調を悪くする子も増える。
何がどうその子に作用するかはその個体の感受性もある、
ということをお話されました。

あんじの場合も分かりません。が自分の中で他に思い当たることは無いのです。
少なくとも自分の中で「?」と思うことは。
結局飼い主の迂闊さが原因でした。分かっているのになぜ気をつけない…

とは言ってもこの季節(通年か?)
日焼け止めを塗らない訳にも行きませんので
日焼け止めを塗ったらインコには触らない、触らないといけないことがあったら手を洗う。
インコを戻してから塗る!を鉄則としています。
今更?と言われるかも知れませんが出掛けに「行ってくるよー」
なんて手を出してしまいそうになったりします…
今更…今更ですが。

いつもは大丈夫でも換羽や季節の変わり目には当たってしまうかも知れません。
気をつけるには越したことがありませんので
どうぞこの記事を読んで頂いた方には日焼け止め、頭の片隅に入れて頂けると幸いです。

真っ暗闇の中、たった1羽で吐きまくっていた
小さなあんじを想像すると辛いです。暗闇で苦しいのに誰もいない。
本当に今回は色々な意味で「あ~」となる出来ごとでした。

でもインコ(に限らず飼育動物)には飼い主しかいないのだから。
地団駄踏んでも胸が苦しくてもそれでもやはり私が飼い主なのだよ。

ごめんね。それなのに可愛くてありがとう。

こちらコメント閉じます。いつもありがとうございます。お返事は明日させて下さい

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

タグ:中毒