路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おぼえがき
ブログ開始から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TSUBASAのブログ読んでください

どうかTSUBASAのブログを読んでください。

元ペットショップから95羽の鳥をレスキューしました【レポート①】
元ペットショップから95羽の鳥をレスキューしました【レポート②】

この子たちは何を思ってここで生きていたのでしょうのか。
こんな劣悪な環境の中でも、仲間と楽しいことを見つけようとしていたのでしょうか。

セキセイインコと暮らし始めてまだ2年とちょっとでも充分にわかります。
感情が豊かで
その気持ちを躊躇することなく向けてくる、インコってそういう生き物だと思います。

誰のインコでも、皆さんのブログを読んでいてもインコ、本当に可愛いです。

この子たちも私にとっての みどり ゆず あかね です。
私の三姉妹がこんな酷いことになったも同然です。

こんなひどい目に遭わされた…そして自分たちではその状況を打破することが出来ないのですインコには。
動物には。

昨日、この記事を読んでそこから気持ちの整理がつきません。
こんなことをして平然といる元ペットショップオーナー。
鳥のことも気にかけてくれたウサギ保護団体の方々。
95羽もの鳥を迅速にレスキューしたTSUBASAの方々。

助かった鳥、落ちてしまった鳥。
そして産まれてきた雛。

鳥を飼っている人には知ってほしいこの現実を。
そして鳥だけではない現実を、知らなくてはなりません。

身近なこの現実を打破していって、動物を過度な商業目的で取引することを辞めさせれば
野生動物だって最終的には救われると思うのです。


朝は おはよう。
夜は おやすみ、また明日ね
__.jpg
ごはんだよ。 元気? こらこらだめです。 いいこちゃんだね~

今回レスキューされた子たちはそんな声を掛けてもらったことが一度だってあったのでしょうか?
悲しいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

私も今日TSUBASAさんのブログをみました…。鳥さん達が劣悪な環境で住まわされているなんて耐えれません。本当にTSUBASAさんに保護してもらってよかったです寄附することしかできませんが、みんなに元気になってもらって楽しい生活を味わってほしいです。
去年、ペットショップの販売エリア外にいる小鳥、フェレット、ハムスターがかわいそうで、改善のお願いをしましたが、軽くあしらわれました。それで動物愛護センターにもお願いし、監査に入ってもらいましたが、法律上販売エリア外にいる動物についてはつっこんだところまで指導できないとのことでした。それで本社とペットショップの入る店舗に再度改善要求しましたが、弁護士をだされました。
私の改善要求を、真摯に受けとめ改善してくれると思っていたのに…。命ある動物を物扱いにされているのが、とても悲しいです。動物愛護法ももっと厳しくしてほしいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。