路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おぼえがき
ブログ開始から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.1月の検診&結果&検査 

がぉー


ええぃ!


ドヤッ!


この度の三姉妹の検診・投薬・再診もろもろ
きちんとはっきり書かずにいたのでご心配をかけてしまって申し訳ありませんでした。
詳細は後ほどUPするとしてさわりを上げましてご報告に代えさせて頂きます。

1/17 三姉妹まとめて検診に行きました。


ゆずはなんと2013年1度も通院しませんでした。

2013年1月に3日間ほど体調不良の時がありましたが保温で直りました。
普段も変わった様子もないので本当に検診のつもりでした。

荒ぶる虚弱体質。

20度超えててもこれ。
だいぶ寒いのにも慣れてきましたがまだこんな風になることもあり
念のための検診のつもりでした。

丸くなっても動きは早いですけどね。

みどりは確実に気になることがあって。
去年の秋くらいからお腹やお尻が気になることがあったのですがデブなのかな?発情なのかな?
とやり過ごしていました。

年末から今年にかけて羽もぼさっとした印象だし
s-P1220101.jpg
何よりお腹の腫れがこれはもうデブじゃない、おかしいと思ってやっと17日に(後悔した)
お医者に行くことができました。

そして結果は。

みどり

予想通り。
お腹の腫れは卵管と思われるが過去2回の未消化便もあり胃腸の不調も視野に入れて投薬すること。
フンからは細菌検出。(体内バランス・常在菌の乱れ)そのうプヨとしている。 再診。

ゆず

なんと!そのう検査用の器具を入れた途端出血。血の気が引きました。
通常そのう検査で出血などあり得ないそうです。
どこかそのう近辺の臓器などに腫れがあるのではないか?
こちらもフンから細菌検出。そのうは汚れている。 再診。

あんじ

相変わらず寒がりだが3年目でそれということはそういう性質なのだろう。
夜は25~26度で通常よりだいぶ高いが発情もしないしそれはよし。
そのうはきれい。そしてフンからまたまた細菌検出。再診。

ゆずショックで血の気が引きやまぬ中、あんじまでとは。
3羽が3羽、再診になるなんて私は何か間違っているのではないか。さすがに凹みました。

誤解があるといけないので書いておきますがゆずのそのう検査はまったくいつもと同じ通り
行われていました。器具をちょっと入れたときに口から血をぺっと吐き出しました。
目の前で見ていましたが先生の手元が狂ったとかゆずが異常に苦しんだとかそういうことは
まったくなかったと断言します。

追い討ちをかけるようにみどりはお腹が引っ込まない時には
バリウムを飲んで検査するといわれました。

みどゆずに抗生物質&消炎剤。あんじ抗生物質のみで投薬をし1/28再診となりました。
そして1/28結果 ゆずあん。問題なし。

みどりはついにお腹がひっこまずに
予告通り昨日2/4に通常レントゲンバリウムレントゲン&エコー検査を受けました。

ドヤっ

ほぼ1日がかり。よくがんばった。

みど結果は卵管に腫れ(もしくは腫瘍。出さない限りどちらかは不明)と肝臓の腫れということでした。
発情が原因には違いないのでしょうが卵管の腫瘍はその子の体質もあったりするそうです。

一番安心したことですが今すぐ命に関わる状態ではないので
薬を肝臓用に変更しまたしばらく投薬して再診となります。

薬は直接投与か水に溶かすのがいいかどちらがいいかと聞かれたので直接投与をお願いしました。

みどりの体内で何が起きていたのははっきりわかり、今後の方向性も把握できたので
これで精神的にも落ち着きました。

何もわからないと考えることもロクなことではないのですが今となっては
あらゆる状態になったときに自分はどうするのか?どうしたいのか
ある程度現実味を帯びて考えることができたのは唯一よかったことではあります。

だからと言って答えが簡単に出ることもなく、はっきりこれだ!とも決められていないのですが。

と、いう訳でしばらく姉さんは投薬生活続きますが元気に暮らしておりますのでブログも
ぽちぽちと更新してゆきたいと思います。
みどりの骨骨ロック写真も公開しちゃいますよ!
(骨骨ロックも昭和用語である。わかったヒトは…)

なかなかみなさまの所にいけなくて&ご心配お掛けしてすみませんでした。

信頼関係を結べたからこそなのに、発情で(が、原因と思ってたので)こんなことになるなんて、
「きついな、セキセイインコって」
と思ったことも1度や2度じゃないのですがその度に自分のインコはもちろん
みなさんのインコちゃんを見たり、飼い主さんのインコちゃんに対する想いを読んでは
励まされました。

本当にありがとうございます。


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
  ゆずばな
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。