路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
メールフォーム

twitter @yuk_i25
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おぼえがき
ブログ開始から

ありがとう そして3年目

3月31日はゆずの3回目のお迎え記念日です。

s-P1240725.jpg
滅多にない別室での単独放鳥。この所在なげというか居心地の微妙そうな顔といったら。
3年たってもまだそんな顔するか。

ゆずが来る前、みどりしかいなかったときはネットでインコのことを調べたり
ましてインコブログなんて読んだこともなかった。

けれどゆずが来たら飼育書2冊だけでは追いつかなくなり(私の読解力がそもそも無い)
ネットを使って情報を追い始めインコちゃんのブログを読み始めるようになった。

ゆずに栄養をつけたくて飼育書に載ってる以外でも食べられる食物があるのじゃない?と
調べている時に辿り着いた可愛い兄妹のインコちゃんブログが好きだった。
そして今日(30日)その妹インコちゃんが天に還ったと知った。
ライムグリーンの可愛い癒し系のインコちゃんだった。

タイトルを読んで信じられない思いと「ああ…」という思いが交錯した。
会社の休憩中だったので家に帰ってもう一度見た。
当たり前だけど内容に変化はなくもうこれは事実なんだ。

ショックを受け今はただひたすら悲しい。

会ったこともない画面の向こうのインコちゃんだったのになぜこんなに寂しいのだろう。
私がインコを喪ったわけではない、なのにこの喪失感はなんだろう。

ゆずが来なければ今もまだみどりだけとの閉ざされたインコ世界で過ごしていたかも知れない。
そうすればこんな悲しみに出会うこともなかった。
でもゆずは来た。閉ざされたインコ世界の扉を開けた。

ゆずは家に来たての幼鳥の頃は具合が悪くて初めて鳥を病院に連れて行って治療した。
「あとはゆずちゃんの生命力次第」と言われたこともあった。

終わりを否定したら始まりはない。
お別れが嫌だから、と言って動物を飼わないとしたら、それに対して動物は成す術がない。

やっぱり出会えてよかったと思う。ゆずにも、そしてそのインコちゃんにも。

読むだけだった私がインコブログを書き始めたのは
個人的理由と今まで飼ったことがないけどインコをこれから飼おうか、とか
もう既に飼ってて今まで楽しくやってきたのに
突然生き物の壁にぶち当たった、みたいな方の少しでも何かの参考や
生命のプレッシャーにガチガチになってしまっている時には気の紛れになって
結果インコちゃんの為になるのがいいと思ったから。

自分が他の方のブログを読んでそうであったように。

そのインコちゃんのブログからは本当に色々なことを教えて頂いた。
(もちろん他のインコちゃんからも)

インコブログを読むようになって3年、リアルタイムでインコちゃんが旅立っていった。
青いインコちゃん、お友達のチビインコちゃん、今回のインコちゃん…
都度、悲しみと飼い主さんの深い愛情が胸に刺さる。

それでもやっぱり画面越しでも出会いに感謝する。
ありがとう。そしてさようなら。
インコちゃんのことが本当に大好きだった。また会おうね。


ゆずはそんな気持ちを教える為に家に来てくれたのだろうか。などと思う3年目の始まり。

関連記事
スポンサーサイト