路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
メールフォーム

twitter @yuk_i25
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
おぼえがき
ブログ開始から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリカラ奮闘記

昨日(2014.12.17)の産卵後お尻を齧ってしまったのか
クロアカが傷ついてしまったゆず。

鳥生初、鳥飼い初のエリカラを装着するも

いやがるいやがる
s-P1310024.jpg
ゆ「うぉぉぉぉ~っ!」

わたしも勝手がわからなかったので上手くつけてあげられなかった。
ちょっと切って動きやすくして就寝しました。
やはりゴソゴソしていたが



外れてなかった!

起きた後は何度やっても外してしまうので

しばし外したまま過ごし

同じ部屋で療養していたあんじと元気いっぱいの姉さんも連れてきた。

姉さん!何してますの

昨日のキャリーがまだ出しっぱなしだった!

あんじはほぼ全快のようです

そのうにもフンにも雑菌がおらずただ寒かっただけとはなかなかに斬新な結果でした。

今日はともかく明日の日中は誰もみられません。
羽繕いをしてお尻をつつこうとする動作が何回かあります。

やっぱりエリカラ慣れておかないと。
s-P1310076.jpg
装着したまま飛んだり移動したりはできるようになりました。

姉さんはモンチッ○を虐待していました


ここで驚くべきことが!

まさかのカキカキOK?(超逆光だけど)

こんなの絶対に有り得ない!今まで1度たりともなかった!
もっと証拠写真とってミーシャン(路傍姪)に見せよう!




うそー?!

しかも噛まれたよ

朝は食欲がなかったですが

他のインコが食べてるのを見て装着しながらも食べるように

言ってるそばからのみどり、療養中インコのシード強奪

姉さん、容赦ないね…

正しいエリカラのつけ方では全くないと思うのですが

とりあえずつけておけばお尻をつつこうともしないので

切った残りを巻いてみたり(材料は伸縮制の包帯です)

ヨ…よだれかけ?

だから姉さんなにしてますの?

療養中のゆずの粟穂まで強奪

先も書きましたがエリカラの正しい装着じゃないけど

つけていればお尻をつつかないから

取れなければよし



何とかなるかな?

※これは専門医から指導を受けたエリカラの装着ではありません。
自己責任のもとにアレンジしました。装着時には必ず事前に鳥専門医や信頼のおける方に確認をしてください


エリカラはスムーズに装着できるものだとばかり思い込んでいました。
全く事情をわかっていなかったのと、相手がゆずであるということで
もっと簡単なことだと思い込んでいました。
バランスが取れなくて前のめりになってしまうとか、飛ぼうとしてもバランス取れず落ちてしまうとか
とにかく最初の嫌がり方だとか、聞くのと実際やるのでは大違いでした。


そして、こんなことを言うのはなんですが

エリカラ巻いたゆずは

ちょっと可愛かった。
s-P1310033.jpg

s-P1310040.jpg
違和感なかったのね、色がまた。

と、本当はそんなことを言っている場合でなく
今日もお腹を触るとまた新たに何か固いものがあるような。

経験者のお友達から「2・3日後にまた続きあるかも知れない」と聞いていても
ゆずは1回で終わりじゃないかなと根拠なく思っていたけれども
やはり経験者の実体験は重かった。

やることやって後はもう自然の流れに任せるしかない。
見る限り傷は良くなっていたけれど、どうか何事もなく終わりますように。


にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ
鳥の病気・怪我・病院





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。