路傍家のインコ


みどり
2010.01.02お迎え
ゆず
2011.03.31お迎え
あかね(あんじ)
2011.09.27お迎え


るみ
(旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました


ツイッターやってます Twitterブログパーツ
のぞいてみてね


ご用の際は

■拍手ボタン (メッセ機能あり) ■twitter ■メールフォーム
からどうぞ


【基本リンクフリー】
ブログ及び記事
ただし動物ブログのみ。
設置も解除もご自由に。
写真のみの使用はお断り
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

おもちゃ 採食活動 換羽 シード ろう膜 動画 果物 穂いろいろ お薬 若鳥の頃 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 ハーブ 破壊活動 まつ毛 中毒 

A day of Budgies
06 | 2017/03 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archives
検索フォーム
素敵インコブログ
メールフォーム
ランキング参加中
にほんブログ村 鳥ブログへ
RSSリンクの表示
おぼえがき
ブログ開始から
まさかのスピンオフblog?
どりづくし

一体だれが?いつの間に?

Real is love -みどり5周年その2-

みどり可愛い可愛いそれだけで突っ走った1年が過ぎて

2011年
1羽インコで過ごした最後のお正月&お迎え記念日
s-CIMG1198.jpg
持ち前の性格そのまま人懐こい好奇心旺盛な成鳥となっていました。

食べてるんですけど…(しかも写真撮ってるがな)
s-CIMG1203.jpg
(カーネーションはダメじゃないけど気をつけて、に分類されていました)
花とか植物がよく狙われていた時期でした。
特に体調を崩すことはなかったけど明らかにダメな植物もあるし危ないですね。

真似はさせないでください<(_ _)> ←今更言うな

3月31日。ゆずが来て長女となりました。
秋には更にあんじも追加され三姉妹の長女となりました。


2012年
2度目のお迎え記念日あたり
s-P1050829.jpg
☆おじいちゃん?と言われた写真☆の別アングルです。
リンク先、昔の記事でここでモザイクかけた洗濯ものがそのままになってるけど気にしないでくださいorz

最初はゆずのことをすごく怒っていたけれど
s-P1050585.jpg
その後あんじもやってきて対人間だけじゃない対鳥との関係性も築いていった。

書くのも恥ずかしい話をひとつ。
最初にみどりをゆずに会わせた時、一直線にゆずの所へ飛んでいったみどりをみて
「やっぱり鳥は鳥がいいのかな…」と寂しい気持ちになったことをここに告白致します。


2013年
3度目のお迎え記念日
s-P1130426.jpg

みどりはスパングルで間違いないはずですが
s-P1130539.jpg
この年はなぜか羽の縁どりに黒じゃなく青がでてきた。
特に病的なものでもなく、遺伝的なものではないかと鳥先生と話をした。
結局青が出たのはこの年だけで以来目立って青は出てこない。
☆この記事☆に当時のことを記しています。

2014年
4回目のお迎え記念日あたり。
s-P1220096.jpg
写真、撮られまくりのインコたち。携帯がiPhoneに変わった。

2013年の秋からみどりのお腹に違和感があった。自分で認めたくないのもあったし
諸事情あってお医者に連れて行けなかった。
s-P1220101.jpg
写真を見返してみると羽もバサっとした感じで実際異変は起きていた。
この直後から現在まで続く治療生活に突入しました。

まだある恥ずかしい話。(2011年の話ですが)
ゆずを初めて鳥医者に連れていったとき、みどりも初めて健診しました。
その時先生に発情には気をつけるように言われても正直「なんですかそれは」だったし
卵をなるべく産ませない、に至っては「え?そんな生々しい。みどりちゃんが?卵?」
と思いました。本気で思いました。

そして今年
2015年
5度目のお迎え記念日

そこの隙間に入っちゃだーめー!
s-P1310304.jpg

人懐こくて好奇心旺盛なところは全く変わらず
s-P1310307.jpg
妹たちが来た環境により性格も形成されていって現在の”みど姉”になった。


お正月&5周年祝い
とりきち横丁さんのごはんも数種類あったのでインコ御膳風にそれぞれ並べてみました。
何から先に食べるだろう?とわくわくしてたら

みどりが最初にくちばしをつけたのは
s-P1310322.jpg
いつも食べてるcap!の粟ひえキビのシードだった。
狙った粟穂はあんじに取られていた。
いかにもみどりっぽい。

先住鳥としての余裕があるのか、飼い主たちを取られる心配はないとわかっているのか
妹達には寛大に接しているみど姉さんです。




まだ5年もう5年、ざっと書いてみると忘れかけていたこともありましたが
卵ができる、ということに生々しい、と思ったことはいかにも鳥に慣れていない
馬鹿丸出し、小さい頃から鳥と触れあっていた人には思いもつかない発想でしょう。

飼育はそれなりにしていたけど余りの鳥の可愛さに擬人化していた節がありました。
鳥は鳥、人は人、犬は犬、猫は猫、とそれぞれ違う生き物なんだとしっかり自覚するのが
お互いの幸せの始まりだと今はわかります。
所詮鳥だから、じゃなくて鳥だからこそ鳥としての生を尊重するのが大事。
今更こんなこと、なのですが。

擬人化と言ってもさすがにお風呂に入れたりだとかではなく
飼育書の教えはちゃんと守ったから言うのですが
(飼育書も特に初心者のガイドラインとしては絶対に必要。ただしいつかはある特定のインコ=自分のインコに
向けて書かれている本ではないということを理解しなくてはならない)

最初の1年3か月、ネットの情報にも惑わされず、難しいことも考えずみどりも元気で
毎日毎日可愛いな~と過ごしていたあの頃はとても幸せな時間でした。

みどりの卵管嚢腫治療している今となっては生々しいのは生きてるのだから当たり前
あのまま行ってもいつかは「生き物の壁」に当たったであろうことは間違いないと断言しますが
(それは自分の中で鳥はそういう生き物であると痛感してるから)

それでも

あの時間は楽しかったな、と今でも思うのです。幸せだったのは間違いないのです。

その記憶を持ちながらこれからは一歩引いた所で
鳥たちを見守って行けたらいいと思っています。
あと15年くらいね


2話にわたっての長い記事ご覧頂き有難うございました。

以上年末年始、ジョン・レノン曲タイトル3部作終了

にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。






にほんブログ村 トラコミュ 愛鳥の記念日~バードメモリアル~へ
愛鳥の記念日~バードメモリアル~




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

タグ:ろう膜