路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
メールフォーム

twitter @yuk_i25
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
おぼえがき
ブログ開始から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つばめ師匠 2015

今年もつばめの季節がやってきました。
路傍家に来る燕は若鳥だったみどりに飛び方を教えた師匠の子孫だと
勝手に決めつけている路傍飼い主です。
(1羽インコだったみどりはいつも外を眺めていた。
燕が飛んでいるのを見ているうちに飛び方が格段に上達した)

みどりもあの頃を思い出しているのだろうか…

一羽だったあの頃を

などとヒトが勝手に感傷にひたれば

それを許さぬインコあり


今年の燕師匠は例年と少し変わっていて
1羽は警戒心が全くないというか、家の中への誤侵入も2回やらかし
(インコがいるから尚更まずいんだけど)

過去には最後の方は多少慣れてくる個体もいたにはいたが

この師匠子孫は


最初から警戒心ほぼゼロに近く

トリミングしてますがiPhone撮影です。

あっちふらふら、こっちふらふらとかなり近くまでフラフラ飛んでいた。
位置的に巣とインコ部屋は近いのでお互いの呼び鳴きに反応していた。
ss-IMGP0426.jpg


そして今年のつばめの特徴は1つのカップルが巣を2つ使っていたことだった。
これはよくあることなんでしょうか?
おととしまでは2組のカップルがそれぞれいたような気がしますが。

(多分)警戒心ゼロのお気楽つばめ(右側)
s-IMGP0817.jpg

こちらは警戒心バリバリの左側。かろうじてこれくらいの写真なら撮らせてくれる。
s-IMGP0819.jpg
家の構造上これくらいならそっと撮ることが可能。

巣の写真、カメラは4倍ズームしかないので更にトリミングしています
(ペンタックス MX-1にて)

左側
s-IMGP0821.jpg
気付かれてる…距離的には当たり前なんだけど

多分思ってるよりずっと近いと思います。
でもこの写真撮影場所は廊下でいつも人が通るので
それは別によいらしいです。
少なくとも覗いたくらいでは飛び立ったりはしない。

怒ってた(?) 右側。
s-IMGP0810.jpg
左を撮影する時に小さい声でチーチーと鳴いているので早々に切り上げました。

そうして毎朝、覗いていて、ふらふら遊びまわっている右側に
「お世継ぎのことはどうなっているのかね?」と詰め寄りたい気分になってきた。
羽繕いしたり(それはいいけど)遊んでたり可愛いけどアンタ飼い鳥じゃないんだからさ。

顔を見る度「お世継ぎはどうしたのか」と大きなお世話の姑気分もMAXになりかけた頃

おお?
s-IMGP0867.jpg

おおおおー
s-IMGP1016.jpg

…(しーっ)
s-IMGP1026.jpg

1週間ちょっと前からこの状態が続いております

ヒトが(鳥か)いいだけのお調子もんと思っていた左側も
s-IMGP0817.jpg

s-IMGP1011.jpg
しっかり見守っております!

※ただし実際にはどっちがどっちなのか私には見分けつきません。
燕はオスメスどっちも抱卵を行い昼夜交代だそうなので実際は右も左もごちゃごちゃなのかも知れません。

そんなこんなで撮影もやめて静かにしようと思った矢先

右側つばめの翼に異変?
IMGP1025.jpg
(この写真だけクリックすると大きくなります多分)

今回のつばめは例年のより縄張り意識も激しく近くに来たセキレイやら何やらを
結構な勢いで飛び散らかしていたので、そんな感じでやってしまったのかな。
飛行には差し障りなさそうなので仕方ないか、と思っていたら。

…いやしねぇ
s-IMGP1073.jpg
こちらも一日中ガン見してるわけではないからこんな日もある。

が。姿を見せずに何日間も経過。その間左側は抱卵を続けている。
交代してるかも知れないが姿を見せないなんて。

もしものことがあったとしてもそれはどうにもできないし仕方ないことだけど
あの警戒心のなさ、愛嬌のよさ、羽繕いなどの飼い鳥にも共通するしぐさ、愛らしさ。

野生は厳しいとはいうけどさ…。
おととしの雛全滅を思い出す。

今日もそんなことを思って窓を眺めていたら、カップルが楽しそうにあははうふふと
窓の外を飛んで行った。

右側、普通に元気だったらしい。
リア充ばくはつしてやがった。抱卵しろこのやろー!
早くお世継ぎ見せろってんだ!

大きなお世話もばくはつ
そんなこんなで今年も無事に雛を見られることを期待している
(大きなお世話の)姑気分な路傍飼い主でございます。
いや、まったく関係ない近所のおばちゃんか。

リア充夫妻を見ている(?)どりちゃん
s-IMGP0501.jpg
せめて野生の群れらしくつがいじゃないにしてもオスインコとも生活させてあげたかった。
おそらくそれはもうできない。
人間の勝手でリア充ばくはつさせられなくてごめんよ。

なんていう感傷は

この青いインコが許さない!
s-IMGP0709.jpg

野生は野生
飼い鳥は飼い鳥。
持って生まれた運命が違うってことよ。

どっちがいいとか悪いとか。誰かが決めることではない。

本日もご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 燕(つばめ・ツバメ)へ
燕(つばめ・ツバメ)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。