路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
メールフォーム

twitter @yuk_i25
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
おぼえがき
ブログ開始から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丈夫~鳥がここまで可愛いとは想像もできませんでした~

2010年1月2日…
全ては成り行きでした。
セキセイインコ ”みどり”と出会い、その余りの可愛さに
”ゆず””あかね”をお迎えし現在に至ります。


と、書き出し3年目に突入しました。

相変わらずインコは可愛い。鳥は可愛い。小さくても大きくても鳥は可愛い。
とりわけセキセイインコは可愛い。
でもやっぱり鳥類が可愛い。

この3年の間、体調面では

3歳半にしてのゆずの(私にとって)まさかの産卵があり初めてのエリカラも経験し

やっとあんじの体質を理解しつつあり、これからもうまく付き合えるヒントが見えてきた

そして何と言っても1年半に及ぶみどりの卵管(もしくは卵巣)嚢腫の通院

それなりに色々あった。

ゆずは雛の頃こそ大変だったが成鳥になってからは特に目立った体調不良はない。
温度差にも強いと思う。雛の頃、栄養不足だったには違いないけどそれでも今は健康と言っていい。
s-IMGP1281.jpg


あんじは私さえしくじらなければ長生きできるのではないかと思う。
s-IMGP1021.jpg
しくじらなければ、という部分にプレッシャーはあるけど、深く考えない。


みどりは…余り楽観的なことを言われても信用できないし
悲観的なことを言われたら落ち込む、そんな心境だ。
s-P1490106.jpg
誰も「大丈夫ですよ」なんて言ってくれないが。言われても困惑だし。

飼い主の思いはあるものの
鳥は毎日楽しそうだし、未来を悲観することはないし、ご飯は毎日美味しそうだし
とにかく一生懸命生きている。

どの鳥もみんなそうだ。
保護施設に行けば確かに心に傷を負った鳥はいるけれど
それでも一生懸命生きている。

生きているのは鳥だ。生きる力を持っているのも彼らだ。

飼い主にできることは
健康とか病気とか関係なくみんなが変わらずいつまでも楽しく暮らせるように
彼らをサポートする、ただそれだけ。

色々あがいてみたけれど結局、それだけだった。
サッと病気を治してくれる、そんな魔法使いはいなかった。

飼い主は無力だ。

無力だから鳥から力をもらって自分で言う。

大丈夫。わたしたちの鳥は大丈夫。


ご覧頂いているみなさまいつもありがとうございます。
これからもよろしくお願い致します。

にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:セキセイインコ大好き
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。