路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
おぼえがき
ブログ開始から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年10月の通院(みどり)

みどりの病気は卵管(卵巣)嚢胞。嚢腫。
病気と言うことやその他もろもろ受け入れるのには時間が掛かった。

が、この状況にも慣れてきてしまっていた。
みどりのバイオリズムがわかってくると発情の波とともに体重が増え
嚢胞が大きくなったり小さくなったりを繰り返す。
大きくなりそうだったら(発情しそうなときは)リュープリンを接種する。

幸いなことに本鳥がいつも元気なのでずっとこのままで行けると
もしかしたら思っていたのかも知れない。

s-IMG_5155.jpg

2015年10月の定期通院。

先生が聞いた。
「いつもこんな感じ?体重は減ってもお腹は出てます?」

お腹が大きくなってるのはわかっていた、けど触ってチェックはしばらくしていなかった。
すぐには答えられなかった。

お腹が大きいのでエコー検査となった。
自分にとってはまさかの展開だったので心の中で泣けた。

体重はしばらく安定していて増えておらず
私が慢心していたということか。

羽をかきわけてみせてもらった。
お腹は確かに一ヵ所ぽっこりとしていた。そしてでかい。
「腫瘍がガン化ガン化ガン化…」と良からぬことばかり考えてしまった。

先生とみどりがもどってきた。
先生が開口一番「膨らんじゃいました」

目の前がガーンとなった。嚢腫が…膨らんだ、それは…

が。それはみどりが寒くて膨らんでしまったということだった。
アルコールでお腹を拭いてすーっとした所にエコーの為のジェルを塗ったから。

s-IMG_5159.jpg

エコー写真を見ても嚢腫は当初撮ったものより明らかに小さくなっていた。
上の方に三角っぽく黒く見えるのが嚢腫だが前回の半分、いやそれ以下だ。
状態は良好だった。

お腹が大きくなっているのは脂肪。
太っているとかではなくて嚢腫及び周辺を保護する為に異常な場所に脂肪がつく。
(この時は聞きそびれたがこれが厚くなっていくとヘルニアやキサントーマに発展すると思う)
これから少しずつ大きくなると思うと言われた。

だからといってこれがすぐ危険ということもない。

体重安定、状態良好。
この日はリュープリンは無しで診断終了した。
リュープリンの間隔もあいてきている。

s-IMG_5162.jpg

できてしまった嚢腫に完治はない(正確には)
慢性疾患とはうまく付き合って行くしかない。

有効なのはやはり発情抑制か。
卵も産んだこともなくても。病気にはなった。
この発情抑制の考え方も色々で人によってできることとできない事があるだろうし
これでいいんだ!ってこともないのだろう。

とにかくこの日は久々に焦った。
病気なのにその状況に慣れてきてしまうのも飼い主として如何なものかと思った。

塗られたジェルが気になる
s-IMG_5172.jpg

気になる
s-IMG_5173.jpg

気になる
s-IMG_5202.jpg

正式な名前がわからず「ちょうちんブルマー」の花と一緒に
s-IMG_5176.jpg

鳥用のエコー器具はないからおそらく犬猫用の大きな器具を当てられるんだけど
小さな体で意味もわからず怖いだろうね。

それでも私や先生を信頼して我慢してるのだろう、その健気さが染みる。

お腹チェックはその後も毎朝はしていない。よほど気になることがなければ何日かに1度の程度。
みどりも毎朝は嫌だろうし私の精神衛生上もその方がいいので。
そんなことを言える状態、だと思っている。


にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ
鳥の病気・怪我・病院






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:リュープリン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。