路傍家のインコ

sio






みどり
2010.01.02お迎え
ゆず
2011.03.31お迎え
あかね(あんじ)
2011.09.27お迎え


るみ
(旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました


ツイッターやってます Twitterブログパーツ
のぞいてみてね


ご用の際は

■拍手ボタン (メッセ機能あり) ■twitter ■メールフォーム
からどうぞ


【基本リンクフリー】
ブログ及び記事
ただし動物ブログのみ。
設置も解除もご自由に。
写真のみの使用はお断り
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

ハーブ 採食活動 おもちゃ 換羽 シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

A day of Budgies
03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Archives
検索フォーム
素敵インコブログ
メールフォーム
ランキング参加中
にほんブログ村 鳥ブログへ
RSSリンクの表示
おぼえがき
ブログ開始から
まさかのスピンオフblog?
どりづくし

一体だれが?いつの間に?

不思議な感情

不思議な感情

みどり夏くらいから
特に不調じゃないけど元気ではないそんな状態が続いていた。
今年に入ってから換羽続きで疾患もある。

6歳(もうすぐ7歳)を老鳥だとは思わない。
ツイッターで目にしたプロフィールに「6歳のおじいちゃんインコです」
と書かれていた時も
「はあ?何言ってんだか」と呟いたくらいだ。
呟いたのは口ですが。

某コンパニオンバード雑誌最新号で(某じゃないな)
老鳥特集いや失礼シニア鳥特集やっていました。
そこから似たような発言を何度か連続で見たのでそんな記述があったのか?どういうこと?
と読まずに文句(本音が)を書こうと思ったのですが
そういうわけにもいかないなと先ほどkindleで購入、読んでみました。

某雑誌はリニューアルしてから何だか可愛らしくなってしまって
最近はオールバードを買っていたのですがこちらは廃盤になるそうで残念だ。

~読書中~

読みました。
セキセイインコの場合老化年齢が6歳って書いてあったのですね。
発売したのは少し前なのでネタバレお許しください。
即、老鳥という解釈はどうなのかな?

何歳であるというのはお世話するのに重要な項目の1つではありますが
それより何より個体の様子を見てケアすることが大切だと思うのです。
るみさんなんて年齢不明だし。

あくまでも例えですが自分の不手際で鳥が体調不良になってしまっても
年齢だから仕方がない、というのはちょっと違うのではないかしら。

などと脱線しまくりですみません。

確かに若鳥だった頃や3歳くらいの頃と比べると
多少違ってくることがあるとは感じますが
それは老化というより
成熟のようにも思えますが精神面は特に。

それにしてもこの時のみどり。





換羽というのはわかっているけど

もう疾患がついにとか
突然老け込んだ気がするとか
もうついにその時が近くに?1
とかそんなことが頭の片隅にいつも
あり都度打ち消している状態だった。
みどりの前でネガティブなこと考えちゃいけないと。

↑この辺りの様子や症状についてはまた別に書きたいのですが
現在は復活しています。
今年換羽がしょっちゅうあったので肝臓に負担かかっていたのかな。

前置きなのかなんなのか本題がわからなくなってきましたが
みどりには「いつか来るその日」に何につけ怯えているということです。

ところが




るみさんには逆のことを考える。
るみさんと三姉妹インコを見ていると
るみさんにも最初から普通の家庭インコとしての鳥生を送って欲しかったと
なんとも悔しいような気持ちになることがある。
でもそれはもう取り戻せないこと。

るみさんだってその時は決まっている。
空白の時間を凌駕するほどの濃い鳥生にする為には
1日だって無駄にできない、1分だって惜しい。
過去を振り返ったりどうにもならないことでウダウダしてる場合ではない。

今を生きなくては。

と、同じ人間なのに立ち位置が全然違うのです。
常にこんな熱量の高いことばかり考えてるということもないですが。

夕飯のおかず取られたー


こんな姿を見てると色々吹き飛んでしまいますね。

私の中では
みどりには対るみさん的スタンスがあった方がいいし
るみさんには対みどり的な思考を持ってるみさんの健康管理もしっかりね
ということで落ち着きました。

今日は書こうとしたテーマが(一応ある時があるのですよ)が
いつの間にか2・3個になってしまい何を言ってるのかよくわからないですが
ここまでご覧頂きありがとうございました。



すっかり遅くなってしまいました!SUKIMANOというサイトで当ブログご紹介頂きました。
鳥ブログにスポット当てて頂いただけでなく掲載までありがとうございます。
他にも色々な鳥ブログが紹介されています。ぜひご覧ください。

→こちらから SUKIMANO





にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村テーマ インコへ
インコ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット