路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
おぼえがき
ブログ開始から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・可哀想は一過性

初めに。
呟きの延長のつもりで書いた前記事でしたが
たくさんの方にご覧頂いたことまた本来自分でも拡散してもらえるよう
工夫すべきところ何もせずにいたにも関わらず
拡散して頂いた方々ありがとうございました。

前記事(クリックで飛びます)

の追記となります。
前記事の追記にしようとしたら
長文がさらに長文になってしまうので
新たな記事にしました。


あいちトリエンナーレの展示で使われた鳥たちの
里親会の延期・主催者側の事前健康診断実施が発表されました。
良かったというか当たり前のことなのに良かったと思ってしまう。
どれだけレベル低いのか…

時間があってもなくても
私の言いたいことは同じです。

可哀想は一過性 お世話は一生
想いだけでは助けられない

それから健康診断に過剰な期待はなさらぬよう。
これは主催者側の行う健康診断の質と言ったことではなく
小鳥全般の話です。
おそらくそのう・糞便・視診・触診あたりかと思いますが
これで全てを把握できる訳ではなく前記事に書いたように
「お迎えした次の日に落鳥するかもしれない」ということが
起こらない保証にはならないのです。

だからと言って何もしないのは
言語道断で実施して当たり前のことには違いありません。

各種検査と毎日健康チェックを行っているTSUBASAからお迎えする時でさえ
「今までわかってないだけで感染症などの病気の可能性はゼロではない」
ということは何度も言われました。

私のことですが明らかに自分の過失ではない限り
そういうことがもしあっても絶対自分を責めたりしない
その為に準備を万全にしようと決めました。

そういうことも起こるかも知れない
不幸にして起きてしまったらこれもタイミングだと割り切れるか?
と言うつもりで前記事を書いています。
健康診断をすることと
そのリスクが解消されることは別物だと思います。
(軽減はされるかも)

健康面も重要なことですが他にも考えることたくさんですよね。
時間ができたことは良かったと思います。

里親会出席希望の方、検討中の方は
くれぐれも高揚感に駆られて無茶をしないようにお願い申し上げます。

そして運命の小鳥と出会ってお互い幸せに暮らせるよう祈っています。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

本日もご覧頂きありがとうございました




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:小鳥大好き
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。