路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おぼえがき
ブログ開始から

みどりのきもち

小鳥の気持ち

これが分かればなぁ。
お互い信頼関係はできてると思うし
長年一緒に暮らして来てあうんの呼吸はわかってると思っているけど

共通の言語はない、こちらの都合を押し付けていることも多々ある。
小鳥の気持ちをわかることはこれからもなく
ひたすら想像してこれだと思うことをアプローチしていくだけだろう。

みどりは今年はずっと換羽が続いていて
夏後半くらいからはずっと
体調不良というのではないけど
何か少し違う気がしていて
それがお腹ののう胞から来るのか
ずっと換羽が続いていてるしリュープリンも打っているので
肝臓なのか、そう言えば毛並みもぼさっとしてるような
一言で言えばしんどそうだけど
動いてる時はそんなことなく食欲もちゃんとあって

でも、うーん。

この写真も夜なので眠いというのもあるけど
IMG_4184_convert_20161104234707.jpg
前傾姿勢も以前からで今に始まったことじゃないけど(2016年9月末)

うーん



なんとなく

なんとなくな感じがしていた。(2枚とも同年10月末)

違うよねっていう。

実際9月の通院の時には先生に会うなり「あれ?」と言われたので
換羽疲れなのだろうかと思ったりもした。

みどりの状態が常に頭の隅にあるようになった頃
もしかして?という考えに突き当たった。
つい最近のこと。

もしかしてるみ?
いや、るみ自体じゃなくて新しいインコが来たという出来事か。

お迎えにあたってはみどりが治療中ということは
もちろん一番に考えた。

みどりの治療も体調も安定していたので
大丈夫だろうと判断して、実際それは大丈夫なのだけど

突然新しいインコが来るというのはみどりにとっては3回目の出来事。
過去2回というと

ゆずの時はフンが水っぽくなり細菌がでた
あんじの時は粒便を出した。

今は大人だしあれからみどりも色々な経験を得て成長した。
るみに対しても落ち着いて見えていたし
この家の(群れ?)の中での自分の立ち位置に疑問は持っていないと思う。

しかしだ。もしかしたら体と心は裏腹なのかも知れない。
鳥は賢く感情豊かだからメンタル面も大きく作用するに違いない。

こりゃみどりリカバリー期間を設けないといけないか…
るみが来たことはみどりの生活をなんら脅かすものではないし
今までと何も変わらない、みどりは今まで通りだと伝えなくては。

みどりは仲間といるのも好きだけど
もともと1羽インコだったからか
1羽で行動するのも解放感なのか?(流石に不明)好きらしく
1羽で車に乗り病院へ行く時はとても機嫌がいい。

放鳥の時はまずみどりだけの時間を作る。
休みで余裕があれば1時間くらい使う。

普段でも可能な限り時間を作る。

いわゆる「先住鳥優先ルール」とダブるけど

これはそれとは別。
今のみどりは順番くらいのことでは揺らがないと思う。
だからお世話の順番はバラバラ。

他の子が中にいて

自分は出てる。(おっとしまった毛玉寝巻き)

このシチュエーション!

ゆずあんじには申し訳ないがしばし我慢してもらっている。
その代わり出たら好きにやっていいから

ちょっと前からこんなことを始め
元気になってきた。
感じていた違和感はなくなってきている。

本当のところは何が作用してるのかわからない。
みどりにはパネルヒーターで保温も始めたし
肝臓の薬も切らさないようにした(9月は薬が切れたのにすぐ取りに行かなかった)
換羽が終わったのが大きいのだろう実のところ。

自分だけ出ているものだから
見ていてはしゃいでるのとてもよくわかるし
いくらか発情傾向も出てきている。
発情抑制の面だけで考えると必ずしも良いことばかりではない。


(本日写真)

でもみどりはその為だけに生きてるのではないし
私も誤解を与えたなら解かなくてはならない。

ビンゴかも知れない。
的外れな素っ頓狂なことかも知れない。

かも知れない
と思う
もしかして

みどりの気持ちを正確にわかることはこれからもなく
ひたすら想像してこれだと思うことをアプローチしていくだけだろう。

ひたすらひたすら

この子は何を望んでいて私はどこまで叶えられる?



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

本日もご覧頂きありがとうございました




にほんブログ村テーマ ペットだって家族の一員へ
ペットだって家族の一員




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット