路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おぼえがき
ブログ開始から

初めて鳥の病院へ行った

☆ゆずをお迎えした日☆
☆ゆずをお迎えしたあと☆
続きです。

なんだかよくわからないことになった。
何がどうなっているのかさっぱりわからない。

ゆずをお迎えして5年経過(もうすぐ6年)して
振り返るといろいろあります。
間違っていたことや思い込みもありますがなるべくそのまま書きます。
2011年4月のことです。


メガバクテリアという病気があるらしい。
飼育書の他に飼育書代わりに読んでたインコ漫画に
「店頭で売られている雛なら相当の確率で保菌していると思っていい」と書いてあった。
ゆずがみすぼらしいのはこの病気のせいであんな汚いところにいたからだ。
ゆずもきっとかかっている。
でもこの病気は薬を飲むと治るそうだ。

初めての通院の日。
本に書いてあった通りプラケースにゆずを入れ
お湯を入れたペットボトルと一緒にバッグに入れた。
ゆずはもちろん抵抗した。

春休み中の飼い主である姪も同行した。

迷う道でないのに迷ったが予約前に着いた。
問診票を記入した。
生まれた日はわからない。3月31日に買ったから1月かとそう書いた。
実際生後どれくらいで店頭に出るのだろうか?

小さなお子さんを背中におぶり受付をしてくれた女性が先生だったようだ。
そのまま診察室に通され生まれて初めての鳥の診察を見た。
体重は29g
先生はお子さんをおぶったままゆずを触診して
漫画で読んでいたように細長い器具を嘴に入れた。
これがそのう検査というやつだ。
あっという間の出来事だった。
余談だがのちにそれすらうまくできない獣医師がいると聞いて
あんな簡単そうなのに?と思ったことがあった。

そして糞便検査。少し待って告げられた。

「メガバクテリアが出ました。細菌もいます」
その前に自分でも調べていたしああやっぱりとしかなかった。
薬で治るみたいだし。

羽の発育が悪いのではと聞いてみた。
普通によく見かける雛の感じだけど様子見ましょうだったか?
サプリをもらったか?
(記憶が曖昧)

メガバクテリア、その時はAGYと説明された、のことが書いてある紙をもらい
薬が処方された。4種類。

1つは水に溶かしあと3つは
直接くちばしに入れてくださいと言われた。

え?どうやって?

心の中でびっくりしたけど初めての鳥病院なので
そういうものなんだとそのままはい、といった。
どうするのかやり方を聞いたと思うが記憶がない。

保温が大事と言われ温度のことを聞いたような。
ゆずは30度くらいまで上げて良いと。
怖くてひよこ電球が使えないというと
ダンボールも保温性があるのでそれで囲っても良いとか言われたような記憶がある。

ゆずはびょうきなんだねー。だいじょうぶかなー?
と無邪気に姪が言った。

薬飲めばなんとかなるみたいよ。と答えた。

みどりと会わせてはいけないよ絶対ダメだよと言い
姪はその言いつけはとてもよく守った。

初めての鳥病院は全部で5145円。
こんなもんだよねと相場もわからず思った。
今では嘘のようだが会計も先生だった。



それより

どうやって鳥に薬を?
ゆずを掴むことだってできないのに。

ゆずの受難の日々が始まった。



鳥病院は現在も同じところに通っています。
鳥の病院が県内にあったのは幸運でした。
開院間もなかったようで先生は当時と今では違う印象です。
今はまさに「先生」で立場が人を作ると言うのを目の当たりにしています。

また私も鳥の専門獣医はなんでも知っててなんでもできて
連れて行けば絶対大丈夫と思っていました。
わざわざ鳥を診るなんていう先生になるくらいだから。
普通は犬とか猫でしょ(当時の感想)

どうやらそうでないらしいと気付いたのは3年後、みどりの疾患が発覚してからでした。
そのあと身に沁みてそう言うことでなかったとわかりました。

当時はそこまで考える余裕はありませんでした。

ちなみに
マクロラブダス症の真菌剤などについてはわかりませんが
現在は薬処方される時に「直接飲ませられますか?」とちゃんと聞かれます。






にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

本日もご覧頂きありがとうございました。


にほんブログ村テーマ インコへ
インコ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:お薬 若鳥の頃