路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
メールフォーム

twitter @yuk_i25
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おぼえがき
ブログ開始から

雑文

■ゆず
4日前から体重がボンと増え
潜りっこにもなりフンも大きくなった。

食らった

ツイッターではフン部分加工したけどブログではありのままを載せる。

水分が流れてる~
この1ヶ月ゆずは試験的にペレットメインにしている。
なのでフンはもともと水っぽくなっていた。
発情期とペレットの諸事情が混ざりあって
立体的な巨大フンになりほんとにセキセイのおケツの、いややめとこ。

飼育とは排泄物のあとしまつ。

■あんじ
夏は34gくらいあるけど冬は減る。
それでも暖かかったので32gをキープしていたけど寒波到来で体重が落ちた。
それはいつものことだけど30を突然切った時はさすがに焦った。
シード6グラムくらいは食べてて4羽の中で一番食べてるけど30前後。
今朝は32くらい。変動激しい。
ところどころ爆裂娘なことしてるけど全体的におとなしい。
おとなしいというより省エネモードなのかも。
体力温存?
それがおとなしいということか。

幸い今のところ体調不良に陥るまではない。

■ツイッター見て考えた。
自分のお世話できるキャパシティか。
ライフスタイル等一切無視で自分一人でお世話ができそうな羽数となると
オカメやコザクラくらいサイズまでで7羽。10羽は無理な気がする。
実際は医療費なども含む経済状況や物理的スペースが必要だから減る。
もし個体の性格上のフォローが必要な場合があればもっと減る。
心に傷を負っているような子がいたら更に減る。
神経質な性格の子は私には難しそうだ。

将来的には鳥の一時預かり的なことを保護も含め細々とやれたらいいけど個人の能力財力は限られているので
誰でもいいというわけにもいかないけど鳥飼い同士の横のネットワークは必要なのかも。

ちなみにワンコだったら小型寄りの中型までて2頭

「想い」だけで何とかできたらもうとっくに誰かが、どこかの団体が、全ての動物救っているだろう。

必要な時に適切な行動ができる自分でありたいものだ。

■夜中にポチリ買い物した
スマホケース3つ購入。

左から普段使い、お出かけ用、鳥イベ用と買ってみたが鳥イベ用ってなんだ。
今までの経験から言えば左の実用品を使い続けるに違いない。
シラフだったのに夜中のテンションは恐ろしい。
学生の頃、夜に手紙を書いては朝にはギャー!となっていたではないか。
でも可愛いからいい。
ニッソーのサーモ使い勝手が良かったので追加購入。
本はなんとなく。手付かずの本が増えていく。
関連記事
スポンサーサイト