路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おぼえがき
ブログ開始から

そして途方に暮れる

☆ゆずをお迎えした日☆
☆ゆずをお迎えしたあと☆
☆初めて鳥の病院へ行った☆
☆孤軍奮闘☆

なるべく当時の感覚のまま書いています。

続きです。


29gあった体重が23gになってしまった。
病院へ電話をしたがとにかく保温するようにとのことだった。
会社の昼休みには家に戻り様子を見た。
次の予約日まであと何日だ?

ようやく再再診。体重は23gのまま。
そして「点滴をする」ことになった。

点滴と言われ人間がするようなのを思い浮かべていたが
鳥の点滴は私から見たら注射だった。
確かに点滴には違いない。
皮下輸液と明細に書いてあった。

小さな体の太ももに針が刺さる。
ゆずは声を発することなくじっとしていた。

先生は独り言なのか「1週間あれば※※※なんだけど」と言ったような気がするが
よく覚えていない。
以前は覚えていたのに今は頭の中から消えてしまった。

はっきり覚えているのは

ーあとはゆずちゃんの生命力次第ー

と言われたこと。

それはどういう意味なのか。
心底わからなかった。

その頃からインコのことをネットで調べたりするようになった。
その流れでインコのブログを読むようになった。
面白いとかどうだとか内容を楽しむ余裕はなかった。

インコが病気になるとだいたい飼い主さんはこう書いていた。

「大丈夫。私が治してあげるから!」

自分は到底そう思えない。
これをしたら良いという手段がわからない。
みどりと一年暮らしてきたけれどセキセイインコは可愛いそれだけだ。

ブログの人たちは子どもの頃から鳥と暮らしていたという人が多かった。

でも自分は違う。

具合の悪い子に何をしたらいいかわからない。

そんな自分が

なぜ2羽目を飼ってしまったのか。
バカなのか。
もっと詳しい人がいるのに。
売り場で見て嫌な予感がしたのに。

もっと詳しい人のところに行ってたら
この子はこんな目に遭わずに済んだのに。

バカなんだな。

だけどこのままどうなっていくのだろう。

情けない飼い主の横にはみずぼらしいインコが止まり木に所在なく止まっていた。

そんな一羽と一人、取り残されている車内だった。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:若鳥の頃