路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おぼえがき
ブログ開始から

【回想】 ペットコーナー2

運命ってなんだろう?
自分のとった行動を正当化するために
しばしば都合よく使われるそれはただの言葉。
☆【回想】ペットコーナー1☆続きです。



小さなインコは動きもおとなしいし
よく見えないがお尻も汚れている?
他のインコの方が大きいし元気よく動いていた。

飼育書に書いてある「こんなインコは避けましょう」
そんなインコがまさにその小さいインコだった。

姪は一歩も引かなかった。

姪は粘り強くも聞き分けの良い子供だった。

大人なら無理なことは無理とはっきり言うべきだった。
2回もペットコーナーに連れて来られた。
それなのに煮え切らない態度を取られて憤慨したと
少し大きくなった頃その時のことを振り返って言っていた。

なぜあの時、折れたのか
普段そんなことしない姪がゴネたからか
インコが小さなインコだったからか
更に小さなインコがいなくなったからか
元気なインコに頭を蹴られ保温器の上にポツンといたからか
汚いドロドロの粟玉すら食べられてないところを見てしまったからか
今は何も憶えていない。

この子を買うと店員に声を掛けた。
完全に私の妄想だけど本当にこんなインコ買うんだと思われてるような気がした。

店員は淡々と水槽に手を入れた。
小さいインコは逃げ惑ったが捕まった。

前回と同じでいいんだよね、と粟の袋を取ったら
「こっちです」と店員は粟玉を指した。
(粟と粟玉は違う)

一緒に確認お願いしますと言われ小さいインコをチェックした。

耳よし
目つきよし
指欠損なし
お尻…

お尻はやはり汚れていた。
さすがに気づいたが言えなかった。

店員は淡々と「お尻もきれいですね」と言った。
答えられなかった。
小さいインコは嫌がってもがいていた。
良く動きますね、元気なんですね、
とか私は馬鹿なことを言っていた。

原本を紛失したのかどうでもいいのかコピーにコピーを重ね
全体的に文章が斜めになっている
「鳥・小動物をお買い上げいただくにあたりまして」と言う書類には姪が署名した。

一緒に健康チェックを行ったのだから
その後治療費とか掛かっても一切負担できませんなど
アルバイト店員は淡々と書類説明をした。

全てがマニュアル通りに行われたのだろう。おそらく。
値段などを記入した紙を持ってレジまで行くように言った。
小さなインコのことを気遣うような言葉は最後まで何も無かった。

かくして小さなインコは箱に入れられた。
姪はゆずちゃん少し我慢してねーと嬉しそうに言った。

そっかこの子ゆずちゃんって名前にしたのか。

2週間後、粟穂というものが必要になりそのペットコーナーへ買いに行った。
そこへ行ったのはそれが最後だった。

生まれて初めてペットショップに疑問を持った。
アルバイトであれ責任者であれ誰がそこにいるかで
動物の環境が大きく変わる、こんなのおかしいと心の中に火種が点った。

関連記事
スポンサーサイト