路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
07 | 2019/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
おぼえがき
ブログ開始から

落ちこみ落ちこんで落ちこんだ

本日【も】長いです。大変に長くなってしまいました。
また途中血痕のついた容器、インコ脚の写真があります。
(インコ脚は後半記事に)
見たくない方はこちらで×ボタン押してください。

追記より本文スタートします。
長いです。しかも2回に分けてUPします。

続きを読む

テーマ:小鳥大好き
ジャンル:ペット

タグ:怪我

焦る気持ちになるけど

【いつもながら長文です】
セキセイインコを飼い始めて読んだ飼育書に寿命は8年半くらいと書いてありました。
なんて短いと当時は衝撃を受けました。

個体差や飼い方にも左右されるので別にうちのインコが8年半というのではなく
長い子は10年以上生きるけど短い子はどんな理由であれ短い、すると
平均するとやはりそれくらいなのかと今は理解しています。
しくじりさえしなければ後は運。
(初めてのインコ飼育中なのであくまでも途中経過での感想です)


とり村のちびっこ鳥たち(既に里親さんの元へ行った子もいます)
正当な手続きを得てここにいる子もいれば劣悪な環境からレスキューされた子もいます。



この子たちの寿命がいつまでかは天のみ知るものですが
里子に出られるコンディションの子であれば一刻でも早く卒業して欲しい。
この中には2007年生まれのセキセイもいます。今年で8歳。
大勢の中の一羽ではなく早く誰かのオンリーワンになって欲しいと焦る気持ちになるものの
縁があればきっと誰かと繋がれるから焦っても仕方ない。
(もちろんここにこれたことはまたとない幸運だし)


とり村に初めていったのは2011年。
その時に姪と遊んでいたオカメインコのたまちゃん。
s-P1030220.jpg

s-P1030221.jpg

s-P1030222.jpg

この時、ちょっとしたエピソードがあって、たまちゃんのことはよく会話の話題に登っていた。
小学生から中学生になっても「あの時のたまちゃんは~」と。

たまちゃんは今年の初めに逝ってしまったそうです。
この時から既に治療中で、私が見た中ではこの日が一番元気だった。
あの後もずっと頑張っていたのか、これからもずっとたまちゃんの記憶は消えないだろう。

これからもたくさんの鳥と出会う人に

その姿を(たまちゃんです)

小鳥だけでも全員みられる経済力と行動力さえあれば、など思ってしまうが非現実的なことより
自分の現実を振り返り、あと1羽追加すると想像してみると。
自分にとっては小鳥3羽も4羽も全く同じではない。
今がギリギリと言うこともないが飼育するなら気持ちの上でも経済面でも余裕が欲しい。

みどりの通院はおそらく終わらない。
もう1羽、同じ治療が必要になった時には支えきれるだろうか?
リュープリンを打ちましょう、なんてなった時に。
(それは今の状態でも同じことではある)

可哀想だけでは動けない。
焦る気持ちにはなるけどそう言う所で動いてはいけない。

すべての飼い鳥の幸せを願うだけだ。
普通の社会人として、普通のことをして身の丈にあった飼育をして
動けると思った時は即、動く。


ここで締めればまだ良いけれど仙人ではないのでやはり書いておく
買うだけ買い込んで劣悪状態で緊急レスキューされるような元飼い主や悪業者、
飼いきれないなら最初から買うな!増やすなバカー!
こっちだって♂のセキセイ飼いたいけど色々考えて無理だなと諦めてんだよ
なんでお前らなにも後始末しないくせに好き勝手しやがって何さまだいったい!

ぬいぐるみでも買っとけこの(さすがに自重)

長文ご覧頂きありがとうございました。
みなさまのバードライフに幸あれ!


s-P1030230.jpg
またどこかで会おうね


にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ 鳥へ







テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

カワイイは正義ではない

ゆず。2011年5か6月くらい?
2s-P1020014.jpg

発育不良から元気になってきた頃。この頃は休みの日はよくこうやって遊んでいた。
網戸閉まってます(^_^)

みどり2010年3か4月頃 1羽だった頃

ファープラストのケージでした。
インコって色きれいなんだな~なんて思ってましたが
今の方がキレイ、ビタミン剤は効果大なんですね。この頃はサプリとか何も知らなかったな。

ゆずが来るまでお医者に連れて行ったことはなくて、
初めて行った時にシード食なら、とお医者さんからビタミン剤を勧められました。
ネットでインコのこと調べたこともなかった。飼育書2冊で乗りきった(^^;;

ただ「楽しい」ということであればこの時が一番楽しかった。
(気付かなかった可能性もあるがみどりが体調不良ひとつなかったおかげです)

あんじ…うちに来て5ヶ月くらいかな?

このわらわはもう最初からこんなだったので。
やることなすこと???とある意味衝撃だった!こんなインコっているのかい?!

おまけに虚弱体質と判明(笑)
3年経ってようやくあんじの保温リズム掴めた気がするが今年は今年で斜め上からくるのかなー
今年こそは先に先にを見据えて夏から秋の気温変化による体調不良を避けたい!
いつもそのあたりで体調不良に陥っているのです。
(恒例、秋のあん祭りですがもう禁止したい)

季節の変わり目なんてみんなそうと思われそうですが
あんじにはあんじだけに見られる体質がありました。
それはまたの機会に。

.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:
本日ツイッターで目にした言葉

カワイイは一瞬 お世話は一生 (この後も少し続くのですが)

カワイイは一瞬でその後はひたすらお世話生活が続くのですね、ペットって。
その中で新しい発見があったり例え始まりが「カワイイ」だったとしても
そのあと「愛おしい」とか「慈しみ」とか癒しとか自覚するしない関係なく色々な感情が
見てるこちら側にも呼び起される。

だけどカワイイだけで終わるならそれは悲劇。
カワイイは正義ではない。ペットショップなどで動物と目があったとしてもそれは偶然。
「これは運命だから!」そう思うならそれはそうだろうと思う。

動物にとってこの後幸せな生涯が保証されたのか、地獄のような日々の始まりなのか。
運命の分かれ道だと思う。確かに運命。
でもそれは大きく変わる、誰に「この出会いは運命!」と思われたかによって。

「カワイイ!」で始まる出会いを決して否定はしない。それだったらわたしも似たようなもの。

だからこそそれは絶対ではないとちょっと言ってみたい。

カワイイは正義ではない。 カワイイは絶対ではない。 それだけでは無理。

お世話は続くよどこまでも。


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
↑ランキング参加しています。
頑張って更新しますので応援よろしくお願いします↓





ありがとう そして3年目

3月31日はゆずの3回目のお迎え記念日です。

s-P1240725.jpg
滅多にない別室での単独放鳥。この所在なげというか居心地の微妙そうな顔といったら。
3年たってもまだそんな顔するか。

ゆずが来る前、みどりしかいなかったときはネットでインコのことを調べたり
ましてインコブログなんて読んだこともなかった。

けれどゆずが来たら飼育書2冊だけでは追いつかなくなり(私の読解力がそもそも無い)
ネットを使って情報を追い始めインコちゃんのブログを読み始めるようになった。

ゆずに栄養をつけたくて飼育書に載ってる以外でも食べられる食物があるのじゃない?と
調べている時に辿り着いた可愛い兄妹のインコちゃんブログが好きだった。
そして今日(30日)その妹インコちゃんが天に還ったと知った。
ライムグリーンの可愛い癒し系のインコちゃんだった。

タイトルを読んで信じられない思いと「ああ…」という思いが交錯した。
会社の休憩中だったので家に帰ってもう一度見た。
当たり前だけど内容に変化はなくもうこれは事実なんだ。

ショックを受け今はただひたすら悲しい。

会ったこともない画面の向こうのインコちゃんだったのになぜこんなに寂しいのだろう。
私がインコを喪ったわけではない、なのにこの喪失感はなんだろう。

ゆずが来なければ今もまだみどりだけとの閉ざされたインコ世界で過ごしていたかも知れない。
そうすればこんな悲しみに出会うこともなかった。
でもゆずは来た。閉ざされたインコ世界の扉を開けた。

ゆずは家に来たての幼鳥の頃は具合が悪くて初めて鳥を病院に連れて行って治療した。
「あとはゆずちゃんの生命力次第」と言われたこともあった。

終わりを否定したら始まりはない。
お別れが嫌だから、と言って動物を飼わないとしたら、それに対して動物は成す術がない。

やっぱり出会えてよかったと思う。ゆずにも、そしてそのインコちゃんにも。

読むだけだった私がインコブログを書き始めたのは
個人的理由と今まで飼ったことがないけどインコをこれから飼おうか、とか
もう既に飼ってて今まで楽しくやってきたのに
突然生き物の壁にぶち当たった、みたいな方の少しでも何かの参考や
生命のプレッシャーにガチガチになってしまっている時には気の紛れになって
結果インコちゃんの為になるのがいいと思ったから。

自分が他の方のブログを読んでそうであったように。

そのインコちゃんのブログからは本当に色々なことを教えて頂いた。
(もちろん他のインコちゃんからも)

インコブログを読むようになって3年、リアルタイムでインコちゃんが旅立っていった。
青いインコちゃん、お友達のチビインコちゃん、今回のインコちゃん…
都度、悲しみと飼い主さんの深い愛情が胸に刺さる。

それでもやっぱり画面越しでも出会いに感謝する。
ありがとう。そしてさようなら。
インコちゃんのことが本当に大好きだった。また会おうね。


ゆずはそんな気持ちを教える為に家に来てくれたのだろうか。などと思う3年目の始まり。

丘を越えて(長文・画像なし)

去年の秋くらいからみどりのお腹が膨れてないか?と思い始め
気のせいか、と思う日もあれば、あれこれは?と思う時もあり今年に入って鳥医者に行った。

それが1月17日。

その日から毎朝毎晩投薬を始め、みどりにレントゲンを撮らせバリウムを飲ませエコーを撮らせた。
卵管の腫れがある他に、肝臓の肥大も発見された。
この段階であれば時間は掛かっても薬で何とかできるレベルと理解した。

毎朝毎晩みどりのお腹を触って、毎朝体重を計っていた。
みどりは40グラムのまま変わらなかった。

竜骨には肉はほとんどないので減らない分は腫れなんだろうと推測した。
他の2羽は体重は時期によって変動し元に戻った。
特にゆずとはいつも2グラム違いで上がるも下がるも一緒だった。
今回はゆずだけが体重が元に戻った。みどりとの体重の差は開いた。

1ヶ月と半分くらいが過ぎた。ここ1週間は仕事で早出&遅帰宅や何やら続き忙しくなったけれど
みどりの投薬だけは欠かさなかった。お腹だけは触っていた。でもこの3日間は体重計れなかった。

そしてこの3日くらいにお腹の感触が変わった気がした。

少し前まではお腹が山の頂点というか、少し角が出てきて腫れが引いたと思っていた。
けどある日突然風船のようにぽわーんとなった。

今日医者に行き、体重を計ったら43グラム。卵管の腫れで水が卵管に溜まっているらしい。

体重はちゃんと計った方がいいですよ、来週再診だけど突然体重が増えるような
ことがあったらすぐ連絡して下さいと言われた。

その後は今後について話があったけれど今は完全に思いだせない。

帰りの高速道路で色々な考えが浮かんではそれを必死に打ち消した。

驚いたことだけど今のみどりの発情対象はなぜかあんじ。
朝限定で投薬の後はあんじのカゴにいって発情ポーズとることがしばしばあった。今日もそうだ。

あんじをまた寝室に戻そうと考えた。でもそれはあんじが一番嫌がることだ。
去年の秋、保温がうまくできなくて一時的にあんじを寝室にカゴごと連れて行ったら
あんじはぎゃーっと叫んで下痢のようなフンをした。

みどりにはやはり特別な思い入れがあるらしい。
今年1月2日のみどりの4回目のお迎えは素直には喜べなかった。
なぜそんなことを思うのか、お別れが少し近づいたと心のどこかで思っていた。

これが引き金とかきっかけとか、私がみどりをこんなにしたんだとか
とにかくネガティブなことしか浮かんでこなかった。
もっと本当に大変なインコちゃん&飼い主さんもいるのになぜかそんなことしか。

病院の待合室で、若い、特に男の子の方は「学校はいいの?」と言いたくなるくらい
若いカップルが若鳥をちょっと過ぎたくらいのセキセイインコを連れてきていた。
見るからに具合が悪そうなインコ。カゴも汚い。今日はとても寒かったのにカゴそのままで連れて来ていた。

若いうちは自分のことが精一杯というか楽しすぎでペットのことまで気が廻らないことがままある。
それにしてもひどいなと。自分のことだけで精一杯なら飼わない方がいいのに、と思って
そして我に帰った。自分だって同じ。しかも自分の楽しいことが無いだけもっと悪い。
仕事だなんだと言ってみどりたちに規則正しい生活を送らせていない。
こんな大事な時に体重も計らなかった。

ずっと涙をこらえていたけれど車内でついに崩壊しそうになった。

だけど私はインコ(とワンコ)の前では絶対泣きたくはない。
今は車内。完全インコの前だ。しかも高速教習の車が目の前走ってる。色々まずい。

気がついたら「ピクニック」をデカイ声で歌っていた。途中声が震えても、とにかく歌っていた。

丘を超え行こうよ。口笛吹きつつ。空は澄み青空。

みどりが楽しそうにぎゃっぎゃっと合いの手を入れて来た。
発情のせいもあるけれど朝からとにかくご機嫌なのだ。

みどりは楽しいのだな。こんな状況でも。いや状況とか関係なく
インコは飼い主が遊んでくれたら楽しいのだろう。

自分がこの先どうなるとか、まして悲観的になるとか絶対ないのだなインコは。
今を生きている。不平不満もなく。みどりもゆずもあかねもみんなそう。

私も泣いている場合じゃない。
みどりの派手過ぎるコーラスに合わせ歌っているうちに気持ちは落ちついた。

ランララランランみどりさん~
♪ぎゃぎゃぎゃぎゃー
ララ ララララゆずさんもー(←なぜか一緒に連れて行かれていた)
♪ぴぎゃー(←なぜかここもみどりがコーラス)

今日は愉快だ♪

あのカップルも初診の問診票を書いたあとはずっとカゴのインコを見つめていた。
お互い良かったよね。鳥を診てもらえる病院があって。

インコは嘆いたり悲観したり、投げやりになったりしない。
みどりがそうやっているのだから自分もそうしようと思う。

ともに手と手羽をとり。これからも丘を越えて行こう。


オバハンがあまり泣いても絵的によろしくないしな