路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おぼえがき
ブログ開始から

やはり女の子だった

2011年8月のゆずです

目には赤が少し入ってます
s-CIMG0524.jpg
今でも日に当たるとうっすらぶどう色っぽくなります

インコのあくび写真が初めて撮れました
s-P1030255.jpg

以前にも少し書きましたが
ゆずはみどりの婿のつもりで迎え入れたので
根拠もなく男の子だと思い込んでいました。

今見ると既に顔が女の子だった…
s-P1030332.jpg
うーん、♂寄り顔の♀って気もするけどなー(まだ言うか)

逆光ですが
s-P1030379.jpg
ろう膜が既に女子!

この辺からやっと「もしかして女の子?」と思い始めたあの頃。
2014年の12月初めて産卵した時に思ったことのひとつが

「本当に女の子だったのか」

でした。往生際が(笑)


インコ女子可愛いですよ
にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ インコの写真☆へ
インコの写真☆


テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

タグ:ろう膜 若鳥の頃

5年前の今日は初めてゆずを見た日

そうでした。

5年前の今日、ホームセンターで初めてゆずと出会ったのでした。
(追記: お迎えは31日)
水槽の中にわらわらといた大勢の雛の中の1羽であった後のゆずは
その中で2番目に小さく、活発では全然なくてお尻も汚れていました。
飼育書に載っている「こういう雛を選びましょう」とは真逆です。
今なら避けたかも知れないです。

ゆずを迎えた時のことをブログに書いたことがないのは
あの頃のゆずを思うと胸が痛くなってしまうからです。

現在のインコ棚。
投薬しようとカゴから出すといつもここへ逃げました。

s-P1010979.jpg
ここなら簡単に捕まえられないとゆずなりにわかっていたのです。

みどりと同じホームセンターから迎えましたがペットコーナーには
その後4年間行くことができませんでした。
あんじは別のペットショップからです。

2羽目とはいうものの今より更に何も知らなかったために
ゆずには長く不快な生活を強いてしまったなあなどと
色々と刺さることがあるのですが

今はまさかの、私にしてみたら本当に奇跡のモフモフインコとなり

あの時からは想像もできないふてぶ…堂々っぷり。


当時対応してくれたのは明らかにバイトの子でやる気もなさそう、売り場も汚い。
完全に私の被害妄想なのですが「こんなインコ買うんだ、ふーん」と思ってるでしょうあなた!
とちょっと悶々としてたので
(その時だけ。帰ってからはみどりとのことを考えそれどこじゃなくなった)
もし会えるなら今のゆずを見せて
『こんな綺麗なインコになったのよ!すごいでしょ!ほら見てみろー!』とやってみたい
鼻に羽を押しつけて言ってみたい、とこれまた妄想することもありました。
そんなことはもう良いのですが良いと言いつつ書いてみました。

そんなことがあったから今、ゆずのことを褒められると必要以上に嬉しいのです。
そういう意味では3羽の中で一番じーんときます。
性格がツンデレっぽいので「良い所は見た目だけ」とよく冗談で言っていますが
私にしてみたらそれはもう充分過ぎるほど充分なこと。

しかも3羽の中では一番の医者いらずになるほど健康になったし


「雛の頃に栄養が行き届かなかった個体は長生きしない」と何かで読んで
ゆずはもうダメなんだと、なぜそうなるのか不明ですが、泣いたことがアホの、いや嘘のようです。
長生きできるかどうかはまだ今後の行く末を見守りつつ、ですが少なくとも健康体にはなれました。

来たばかりのときの写真を見てたらやはりチクっときました。
でも今がいいからそれでいいとゆずはきっとそう考えている。
だからいいんじゃないかなと思っています。

何が言いたいのかわからなくなってしまいましたが
出だしはキツイこともあった、でも今は楽しい。
それでいいんだから少し書いてみようかという気持ちになりました。
このうちに来てからのゆずのこと。

よければそちらもお付き合いください<(_ _)>。

いつもご覧頂きありがとうございます。


にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。




にほんブログ村 トラコミュ インコと歩む日常へ
インコと歩む日常


テーマ:小鳥大好き
ジャンル:ペット

タグ:若鳥の頃

小さなゆずのともだち

2011年5月
ゆずは雛の頃の栄養不足が影響したのか羽の生成がイマイチだった。

マクロラブダス(AGY症)もいたし発育が悪かったので1ヶ月ちょっと
みどりと対面させられなかった。

対面後は休みの日によくこうやって遊んでいた(窓は網戸)
2s-P1020014.jpg
とにかく栄養つけて大きくしなきゃと
初めてのとりきち横丁で買った若鳥用かじり棒

ゆずは大層気に入って
s-P1030011.jpg
何日もかけてかじったり食べたりしていた。

子どもの頃使っていたおやつ入れ(小鳥のスカイレストラン)と
テーブル状止まり木(カユプテとか言う木でできていたっけ?)
s-P1030012.jpg
ゆずは脚が悪いのでは?と思いこんで購入した。

かじり棒はその後もリピートし7月。
s-2P1030172.jpg
どうしちゃったのかしらこの子…

なぜだか棒を頭にぴとっとつけるようになった。

なんの意味があるのだろ
s-2CIMG1370.jpg

余談ですがこのろう膜、どう見てもメスですが当時はオスだと思い込んでました。

s-CIMG1366.jpg

s-P1030170.jpg

s-P1030171.jpg

s-P21030167.jpg

ゆずのふしぎな友達”ぼうちゃん”

そして11月

ぼうちゃんは”カキカキ棒”になっていた
s-P1040400.jpg

この頃になると見た目も中身もだいぶ今のゆずになってきていて
羽はモフモフし大人しかった性格も自己主張をするようになっていた。

頭頂部わっさー
s-P1040401.jpg

今もそうだけど誰もかいてくれる鳥いないもんね…

同年(2011)9月にあんじが来たので若鳥用かじり棒は換羽用と一緒にしばらく購入していましたが
ゆずの”ぼうちゃん”は見なくなりました。

(3年後の☆この時☆に当時のことを懐かしく思い出しました)

ぼうちゃんにぴとっとすると安心したのでしょうか。
愛着があったのかな。

ゆずの幼き日々のワンシーンでした。

三姉妹の出会い、幼き日々のこともこれからはちょこちょこ書いていきます。

ご覧頂きありがとうございました。



にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキングまた参加しました



テーマ:鳥さんとの暮らし
ジャンル:ペット

タグ:若鳥の頃 ろう膜 ケージレイアウト