路傍家のインコ

みどり 2010.01.02お迎え
ゆず 2011.03.31お迎え
あかね(あんじ) 2011.09.27お迎え

るみ (旧・シロ美)
2016.07.19
保護団体よりお迎え
年齢不詳

セキセイ女子4羽になりました
インコお世話担当 兼 書き手
【sio】
2010年セキセイインコみどりと出会って 鳥がこんなに可愛いなんてと衝撃を受けました。

バードライフアドバイザー3級(2015年4月)
愛玩動物飼養管理士1級(2016年)
取得しました
Entries
Categories
tag list

換羽 ハーブ 採食活動 おもちゃ シード ろう膜 動画 果物 若鳥の頃 穂いろいろ お薬 水浴び もぐもぐ 日光浴 野菜 発情 爪切り リュープリン 遊び場 ひゃっはー 未消化便 噛み子 産卵 インコ棚 生あくび ポワ毛 怪我 NG食 キャリー 嘔吐 ケージレイアウト ユーカリ 脚裏 破壊活動 まつ毛 中毒 

Archives
検索フォーム
A day of Budgies
07 | 2019/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
おぼえがき
ブログ開始から

3羽、まとめてお医者へいく

今週、3姉妹はまとめてお医者に行きました。
s-IMG_9525.jpg
みどりのいつもの通院に他の2羽が爪切り便乗。

シートベルトオン!
s-IMG_9528.jpg
チャックをしめてあんじキャリー動かないように固定。

触診のときにいつもそのうがパンパンと言われるので
今回は姉さんズ、食べ物は何もいれませんでした。(注:朝は食べた)
何も食べずに体温が保てないと困るので、あんじには少し入れてゆきました。

そういえばいつかゆずがそのうの中にシードが満タンに入ってて
そのう検査する時に吐くかも、って言われたことがあった。
診察の直前には食べさせない方が良いのでしょうか?

ゆずあんは爪切りだけ。
あんじはやはりそのうがパンパンだった。車中食べて来たからってことはこれでOK。

みどりも体重が安定してるのでリュープリン回避しました。
注射の感覚が延びつつある。嬉しい。

爪切りだけでも三羽三様。
あんじは大騒ぎ。逃げられないと知っても抵抗はやめず。
ゆずはキキキキッと怒っているもののなすがまま。
みどりは先生を睨みつけながら切られている。そして脱走。

そんなこんなでお医者終了。

粟穂タイム。別に持ってきた粟穂を投入
s-IMG_9536.jpg

s-IMG_9540.jpg

s-IMG_9541.jpg
お疲れサマ

帰ってきてあんじキャリーにしのびこみ、残りをむさぼる。
これがゆずのお楽しみ。
s-IMG_9543.jpg
ゆずは2月の産卵騒動以来の通院です。
体重は37グラム→35グラムと痩せているのですが
最初、先生に太った?と言われました。

プロの目も欺くモフおんな。

ところでこのあんじちゃん
s-IMGP0876.jpg
診察が終わったあと、キャリー越しに診察に来ていたセキセイちゃん♂と会わせてみました。
(飼い主さんにも確認しましたが、病院内では慎重にした方が良いと思います。)

他のインコと会うのは初めて、まして♂。
どんな反応を示すのだろうと見ていたら、
どうして良いのかわからないのか無反応でした。
あんじの内弁慶疑惑がますます信ぴょう性を持った瞬間でした。

姉さんズは誰を呼んでるのかわからないが
ものすごい甲高い声で呼び鳴き大合唱。
鳥の、そして鳥以外の他の飼い主さんからもこんなに賑やかなの?と驚かれた。
そして他の飼い主さん同士の会話にぐいぐい乗っかっていくみどりの声…
的確にぴぎゃっ!と相槌をいれている。会話に時々不自然な間があくようになった。
みどりが乗っかっているのを察されている、やばいこのままでは会話が乱れる。
お会計はおわり、さっとバッグのチャックを閉めた。

今回も何ごともなく終わり良かったです。
うる、いや賑やかでも元気なら良いですね。

本日もご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。






テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タマゴでした

取り急ぎの更新となりますが、ゆず本日の朝、産卵していました。
やはりタマゴはありました。

鳥医者には姪と両親で連れていきました。
お尻のキズの消炎剤とカルシウムが処方されています。

帰って顔を見るまでは心配でしたが出すものだして元気にしていました。

ちょっとお疲れ、そして落ちつかないように見えるのでまだ発情は収まってないかも。
潜りたがっているし。

みどりも一緒に行ったのですが

しばらく安定していた体重が一気に増え、リュープリン接種しました。
お腹の腫れが固くなっていると言われたとのこと。
これはどういうことなのか。いい話じゃないような。
要注意と言われたらしいのですが改めて確認をしてみます。
不安要素だな…


わらわはみんながサーっと出て行ってしまうのをポツンと見送っていました。

意外ですが大声で呼び鳴きをすることが余りないのです。

でも帰ってきたときは体全体で出せ出せアピール。

ぐるりんぱ。正面からみると訳がわからないですね。

中2の姪がキャリーを2つ抱え1人で診察室へ入っていったそうです。
患畜で来てたハリネズミ&セキセイインコがいたこと、そして診断結果以外
多くを語らないですが、本人にとっていまいち不透明だったみどりの状況もよくわかったのではないでしょうか。
飼い主としてインコを守ってくれました。
(患畜インコに至っては飼い主さんに断り写真まで撮ったらしい)
インコも姪もみんなお疲れ様。

卵については、ゆずは抱卵しないので産んだらすぐに撤去してしまっています。
これはインコによるそうなのですぐに取らない方が良い場合もあるようです。
寧ろ良く見聞きするのは「取らない」ですかね。
それについてはまた後ほど。
今回はエリカラは装着していません。

取り急ぎの結果報告でした。

にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。







そんなにグロくもないのですが血がついているので追記にゆずのタマゴ、2個目をUPしました。
参考までに、発情が強いと産卵後クロアカを噛んでしまう子はいるそうです。
前回もそうだったのでゆずもそれなのかも知れません。

ご覧頂きありがとうございました。

続きを読む

テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

あんじの経過とゆずのタマゴ

ご心配をお掛けしました。

今朝のあんじ
s-P1300994.jpg
エサ入れに入っているシードはほとんど食べていませんでした。
カゴから出したらオーチャードグラスを食べ始めました。
オーチャードグラス、具合が悪い時には避けてますが
今日は本鳥が食べたいならと食べさせました。

実は昨日よりずっと気になっていることがあって
s-P1300993.jpg
ゆずのお腹にぽっこりした固い感触が。
(クリックすると大きくなります)

卵なのか?わたし自身経験のないことなので緊張しました。
あんじのことだけだったら保温して様子見するつもりだったのですが
ゆずのこともあり2羽まとめて午後、病院へ行って来ました。

帰宅後
s-P1310004.jpg
あんじのフンがやや鮮やかな緑色をしていたので
食欲が落ちていたようですがだいぶ復活しました。
寒さもさることながら
自分だけ別室に連れてこられたのが相当なストレスだったのでしょう。

あんじはフン、そのうともに雑菌などもおらず(意外でした)
やはり寒さにあたっただけのようです。

気付かなかったのですが、ゆずは病院へ行く前に産卵していました。

悪いことに産卵後、クロアカを自分で噛んでしまったらしく
肛門周りに血がついていて傷口から菌などの感染の怖れありということで抗生剤と消炎剤が処方されました。


傷口を拡げないようにエリザベスカラーをもらってきたのですが
つけさせる方もつける方も初めて、勝手がわからず本鳥も前につんのめったり上から下へ落下するなど
すぐにつけるのは断念し、ずっと監視してお尻に嘴をもっていく度に止めさせていました。

が、夜はそういう訳には行きません。
s-P1310029.jpg
かつてないほど嫌がる姿によほど止めようかと思いましたが
今日一晩だけでもいじらなければいいとカラーを小さくカットして(先生よりそれでもいいと言われた)
なんとか装着しました。
カラーをつけてるインコちゃんはたくさんいるんだから!とここは本当に心を鬼にしました。

落下すると危険なので小さいケージに入れて、慣れてないと水入れに顔を入れてしまう
事故もあるそうなので水は少しだけ入れました。

その後何回か見てみましたがカラーはそのままで
今は大人しいので落ちついたと思われます。

またまたそんな訳なので本日も以上となります。
色々本当に疲れた…!
(ゆずあんの方が疲れたと思うが)

ゆずの卵には驚きました。
が。
変な感想ですが普通に卵が産める健康体なのだなと多少安堵しました。
健康な♀なのだからそりゃ卵の1つや2つは産むだろう、それはそれでいいのだと率直に思っています。

もちろん過剰な産卵や卵詰まりは大変だし、発情による弊害はあります。
発情抑制をしなくてもいい、という意味ではありません。
今回のゆずの洋服への潜りこみへの執着は確かにいつもと違っていた。

卵も産んだことがないみどりが卵巣嚢腫治療しているからこそ尚更そんなことを思います。
機会があればその辺りの思いも書いてみたいです。

にほんブログ村 鳥ブログへ

ランキング参加しています。

いつもありがとうございます。





にほんブログ村 トラコミュ 鳥の病気・怪我・病院へ
鳥の病気・怪我・病院




テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

7月1日の通院&ゆず健康診断

昨日7/1はみどりのいつもの通院&ゆずの健康診断でした。

なぜか出発30分前からキャリーに入ってスタンバイしてる鳥。
s-P1270242.jpg
おそらく、いや絶対にシード狙いなのですが
自らもっそもっそとキャリーに入って行ったので30分前だけどいいや、と扉を閉めました。

みどりが通院から帰ってくる度キャリーに入ってはシードを食べていたので
それが今回は功を奏したようです。(いや、ゆずをキャリーに入れるなんてことは容易いのだけど…)

道中。行きは高速使用(あ、この写真縦だった)
s-P1270250.jpg
水筒代わりに入れた青菜ときゅうりが吹っ飛んでる。

この日のみどりはイラついていた
s-P1270253.jpg

s-P1270252.jpg
一羽のドライブの時が一番快適…なのか?

みどりの診察結果。
26日から41グラムだった体重が38グラムに減りお腹もかなりすっきりしていたので
リュープリン無しの様子見となりました。
体重が42グラムまで増えたらその時注射ということで。

ゆずの健診結果。
そのう検査、糞便ともに異常なし。

ただ触診した感じちょっとむっちりしていると言われました。

実は最近ちょっと太っていたのですが季節的なものだからな~と思っていたら

足の裏にタコ的なものができていた



デブの証?

換羽でやや体重が落ちてそれでも37グラム。
ゆずは羽が多いだけで実態は大柄ではなく36~34グラムでちょうどいいのです。
換羽で減らない子もいるし、換羽が終わったらダイエットを、と言われたのですが。

あの…換羽で落ちて37なんです、すみませんっ

でも食餌量は普段と変えてないんですけど
(あ、それを減らさないとってことだったのかな?今、気付いた)


のんびりと一般道を通り帰宅。
日光浴を試みるも
s-P1270259.jpg
余りの日差しに早々に退散。焦げるがな。
まだ午前中だというのに

冬場、野鳥のエサを撒いていた場所
s-P1270258.jpg
これはもしやキビ穂?そして粟穂?

出発30分前から道中、ずーっとモゴモゴモゴモゴとシード&きゅうりを食べていたゆずりんぺん
そのうがものすごくパンパンしていたらしく、そのう検査の時、吐くかも知れない、と言われました。
どんだけ詰め込んだんだっていう…。
(そのう検査はくちばしから細長い管を入れてそのうに食塩水をちょっと入れて吸い込むのです)

なにはともあれ何事もなくて良かった!

あんじのクラミジア検査も頼んできました。
敷紙をフン部分を切り取って持参。
P1270247.jpg
2項目から検査料金が半額?くらいだったので大丈夫と思いますが虚弱だし
と、言うことで念の為PBFD検査も頼みました。

こちらも何もありませんように(-人-)
頭の検査というのは…ない、よね(笑)

全国の鳥・インコちゃん本日も良い日でありますように~

テーマ:ペットの健康・病気・怪我
ジャンル:ペット

タグ:脚裏 日光浴 キャリー

危険鳥物に認定される (あんじ健康診断)

今週の火曜日。

みど姉通院の日、でした。そして今回は…

道連れあんじ

まさに「どういうことじゃぁぁぁぁ!」

理由は特にない。爪切り。自分でやったらギャアギャアとうるさいから。

とは言っても連れて行くか、と思ったには爪切り以外にも理由があり
ろう膜の下地が青いってのと虚弱故なのか気温の変動に弱く
今、プロから見た感じどんなかなと。
どうせみどり連れて行くならついでにと。

ところか当日起きてみると前日からの気温大幅低下。

案の定あんじプルプル震えてるし(たまにある。秋以降は頻度が増える)

外に出すのはどうかな、と思ったけど時間が経つにつれ気温も上がってきたし
ここはひとつlet’s go!


しかし車の中は暑かった。窓を開けられないのですこーしだけ冷房きかせて行きました。
(高速&車の排気ガスが心配だから。特にあんじ)
人間は既に汗だくよ。

受付にて「今日はあかねちゃんは検診ですか?」

え?検診?は?検診?

そうか前回便検査とそのう検査したのって1月なのでもう半年になるのか。
6ヶ月通ってるのね、もう。

じゃ、ついでにと(ついでだらけw)検査することにして
ついでに(またか)クラミジア用の便も採ってもらおうかな、と脳内で決定し
※今思えばここで申し出ておくべきだった。

診察。便、そのうともに問題なし。ろう膜も普通。肉つきも体重も問題なし。
虚弱っぽいのはあんじの性質で今のやり方で何とかなってるならそれで。ということになった。
(何とか見出しつつあるあんじの法則。まとめたら記事にします)

♀のろう膜(普通)
s-P1260686.jpg
いつもより青い気がしますがそれは問題ではないそうです。

今までも何度も診察室を飛びに飛んで大暴れしたあんじ。
どこにも着地することなく飛びながら高度も進路も変えて行く。
先生が妊婦さんだった時はこちらが胆を冷やすくらいの大暴れ。
「色々な子がこの部屋(診察室)を飛びますけど…(こんなのはいない)」と獣医さんをして言わしめた。

次の人&鳥ちゃん待ってるし私もかなり心配だったのですが

「あ、この子危険な子ですね」と先生
慎重、かつ厳重にキャリーの扉を開き、且つあんじがどこからも飛びだせないように
腕で隙間を塞ぎキャリーに手を入れて、保定した。
あんじがちらっと狙った隙間もさすがプロ、さっと塞がれた。

あんじ、診察室の要注意バードに指定される ( ,,>з<)ブ 
(プ、じゃないし)

そのう検査で暴れかけるもがっちり保定され無事にあんじ診察終了。
みどりも診察終わり今日は終了!

と!診察室を出かかったまさにその時!

あ、あんじの爪切り…!(クラミジア検査はともかく)と思いだした!
みどりはしてもらったのによりによってあんじ忘れた。

次の鳥ちゃんが待っている。先生も次の準備をしている。

あんじか、あんじじゃなー!と結局何も言わずにそのまま帰った。
これがみどりかゆずだったら「ちょっとすみません!」ってお願いしちゃうんだけどな。
その時はあんじがぎゃーぎゃー言いながら診察室を飛び回る姿しか思い浮かばす(笑)

なにはともあれ、何事もなく一安心でした。


s-P1260762.jpg

すけきよ、その白いお面を取っておやり!(←唐突w)
↑だからわからない人もう増えてるから

結局爪切りは私がしました。ギャーギャーギャーギャー騒ぎました。もちろん。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
↑ランキング参加しています。
頑張って更新しますので応援よろしくお願いします↓

テーマ:小鳥大好き
ジャンル:ペット

タグ:ろう膜